一本電子書籍を作っておきたい感

探りを入れる意味で、電子書籍を一本作っておきたい。
今の国内普及率じゃぜんぜんダメっていうのはわかるんだけど、一本作っておけばその界隈にアンテナが張れる。

なろうか、電子書籍か。
だいたいこの辺りで定期的に悩む。

なろうは「スカウト待ちネット小説家の溜まり場」だ。
自分もそれが目的なんだろうけど、もはや意味あんのかなと。



出版社で小説を出すメリットは?

せいぜい出版社名あげて、知人にくだらない自慢ができるくらいじゃないか?
キミ箱出すまでは「宣伝力」ってものに期待してたんだけど、編集に尻尾振る前提だし、そもそもステマとハイエナくらいしか能がないことがわかった。

印税だってあれ、なかなかにふざけてる。
小説家より編集者のほうがよっぽど儲かる。
だからこそ近年、編集者から小説家になるパターンが皆無になってる。

なろうの超人気作家だって、印税換算すると、普通にサラリーマンしてたほうがよっぽどマシだろ。
基本的に人気の一作で使い捨てなんだから安定しない。
搾取&搾取。

どうせ使い捨てでケアされないなら、個人でコンスタントに電子書籍を出し続けたほうが、メシ食えないにしてもよっぽど充実するのでは?
出版社の搾取構造、バカバカしくない?



 悩む

「これしかないんじゃない?」という選択肢がなかなか見つからない。
まあ時間をかけて全部試せばいいのかもしれんけど。

 

スポンサーリンク
雑記・その他
役立つ情報はシェアしよう
執筆者をフォローしよう
冬のおすすめ健康グッズ
着る毛布
Winthome着る毛布 ブランケット 袖付き毛布 着るブランケット防寒 軽量 冬の寒さ 足先の冷えや節電対策に!男女兼用 着丈190cm (ブラウン)

まず身体を温めて、冷やさないこと。

着るコタツ
THANKO 着るお一人様用こたつ2 TKKROHKO

デスクワーカーならコレ。電源つけなくても温かいです。高身長の場合はフトモモまでしか入りませんが、むしろこれくらいの長さのほうが小回りきいて使いやすいとおもいます。

薬用養命酒 1000mL
【第2類医薬品】薬用養命酒 1000mL

内側から温めたいならコレ。名前はゴツいですが甘めで飲みやすいです。自分は寝るまえに1杯のんでちょっと寝つきをよくしてます。

StarGazer – スタゲ
タイトルとURLをコピーしました