情報をシェアしよう

 足す作業より、削る作業のほうが悩ましい。

 2012~2013年に拡張少女を書いていた時も、勿体ないゴーストが現れて、
 いろいろ消すことができず、疲れまくった。

「ここ削ったほうがいいのでは」と違和感を覚えた時は、
 おおよそ「削ったほうがいい」状況なのだなと、後になって反省する。
 なんでかって、「削ったほうがいいかな?」「残したほうがいいかな?」と、悩みまくってしまうから。


 今日も四時間ほど一つのシーンに固執して、睨めっこし続けて、
 結局ぜんぶ削った。

 すさまじい徒労感だ。
「何事も無駄じゃない」って言い聞かせても、時間は重い。


 とらわれを捨てて、いかに削ぎ落とすかが、今回の課題。

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう