ONScripter on Androidの使い方【自分用メモ】

 

パソコンを新調する前にメモを取らず、同じ轍をふみまくったので今度こそメモします。(設定いろいろやり直すハメに)


記憶ちがいで間違ってる可能性もあるのであしからず。もっぱら自分用メモです。また、この記事はあくまで2014年6月15日(日)の当時のもので(リライトはしてますが)、いまは変更点があるかもしれません。

 

スポンサーリンク

はじめに

 

▼ ONScripter on Androido のページ

ONScripter on Android のページ

 

くわしくは上記ページを参考にしてください。


とにかく公式の文章を見落とさないこと。自分は今回も見落としによるミスが多々ありました。


あとはページの下部にある「関連するバグ報告」も参考。とくに自分の質問(?)記事「ONScripter on Androidのコンパイルができません」を参考にすること。

 

 

Cygwinのインストール

 

こちらのページを参考。Cygwinのインストール方法。


Cygwinはこちらのページから落とす。自分のPCは64bitなので、setup-x86.64.exeをインストール。x86ってのはよくわからない。バージョン? 


ONScripterのページにて、「デフォルトパッケージに加えてDevel→makeを入れてください」とあるのは、Cygwinのセットアップ途中にそういうのを選ぶ時がある。ずらーっと出る。


回線状況が悪いとインストール途中にあるダウンロードサイト一覧が出てこない? とりあえず数十分放置してたらいつの間にか出てきた。サーバーの状況によっても違うらしい。


デフォルトパッケージというからには、最初から選択されてるやつだろうと考えて、そのままに。


あとはDevelの欄をさがして、その下の階層にある「makeナントカナントカ」っていうのを見つける。


さいしょは「Skip」状態だから、四角いところにチェックを入れる。よくわからないけど「Biナントカナントカ」のところにチェックを入れて、「Srナントカナントカ」はチェックしないで無視した。


インストールするだけで、設定とかは別にしないでいい? なんかパッケージとかもよくわからないし、インストールしてそのままにした気がする。

 

 

最新のSDKインストール

 

これはONScripterのページの通りにやるだけで、Googleで調べるとかはしなかった。


インストール先は注意。頭が混乱してくるから、ONScripterのページの通りのフォルダ名や階層順にする。


つまりはCドライブにsrcフォルダ作ってその中にandroid-sdkフォルダ作って、そこにインストールした。

 

 

最新のNDKインストール

 

これは確かラク。ダウンロードして、解凍するだけ。


フォルダ名は、深く考えずにONScripterのページの通りにする。

 

 

ONScripterをダウンロード、展開

 

ページの通りにやる。

 

 

Javaナントカをインストール

 

これが結構面倒くさい。


ORACLEに個人情報登録しないとダウンロードできないっぽい。嫌だけど仕方なく登録して、ONScripterのページに書いてあるファイルを捜して、インストール。注意書きをよく見ること。


また見落としがちなのが、環境変数の設定


「環境変数 JAVA_HOME を設定します。 (例 c:\Program Files\Java\jdk1.6.0_32)」


マイコンピュータを右クリック、システムの詳細設定、環境変数、新規、
変数名に「JAVA_HOME」、変数値にc:\Program Files\Java\jdk1.6.0_32(例)的な、javaのなんかのフォルダまでのパス。

 

 

Apache Antからバイナリをダウンロード、展開?

 

これなんだったけな(うろ覚え)。


ONScripterのページのリンクから飛べなくて(サーバー落ちてる?)、「apache-ant-1.9.2-bin.zip(例)」でGoogleで検索して、専用のアーカイブページ(リリースアーカイブ?)からダウンロードしたんだと思う。


▼ 一応アーカイブページへのリンク

Index of /dist/ant/binaries

 

探すのがちょっと面倒だっただけで、あとは解凍するだけなので割とラクだったイメージ。ご多分に漏れず、フォルダの位置はONScripterのページの説明に準拠。

 

 

ここまでインストール作業。


以下からそれらを使ったアプリの作成。ただし、アプリを作る前にそれぞれのファイルをいじる必要性がある

 

スポンサーリンク

 

ゲームデータの配布方法を選んで、その説明通りにやる

 

自分は自分で用意したサーバーからのダウンロード方式にしてる。


サーバーがなければGooglePlayからダウンロードする方法がある。むしろそっち推奨。自分がサーバーからにしてるのは、ほぼ気分の問題。


download_versionについては、ゲームデータ(シナリオとか音楽とか)を変更する時だけいじるらしい。自分の場合はあまり関係ないので、とにかくいじらず最初のまま。ONScripter本体の更新のみなら、いじる必要ない。


コメントアウトを一部分消す必要があるので、そこを見落とさないこと。

 

 

アプリのバージョン番号の更新

 

更新する場合、必ずここをいじる。


「数字を上げる」こと。つまり日付を新しくするように書いていけばいい。

 

 

パッケージ名の変更

 

アプリによって必ず変更したほうがいい。


同じ名前だと一緒の端末にインストールできない?


自分の場合はcom.hoshimi.kimikimeとかにしてる。ただし、Android.mkのほうはcom_hoshimi_kimikimeとなるので注意。


(この先の工程だけど)パッケージ名を変更する場合は、必ずアプリ作成時に-Bをつけて再コンパイルする。でないとなんかおかしくなる。元に戻ってしまう?

 

 

アプリケーション名の変更

 

説明通りにやる。

 

 

アイコンの変更

 

説明の通りやる。


アイコン大事。

 

 

メニュー内容の初期設定

 

ここは好みで。

 

ここからがアプリ作成。

 

スポンサーリンク

 

Google Play Licesing package ライブラリの設定

 

ONScripterのページの中段に目を戻す。


自分はWindowsなのでWindowsの項目で。間違ってもLinuxのところは参考にしない。あれの通りやってしまったら最悪再インストール。


2年前「>」をcygwinに打ち込んでしまったせい(?)で、なんかファイルが消滅したらしい。


まず説明通りにCygwin.batを開く。コマンドプロンプト的な何か(?)が出る。毎回手打ちは面倒なので、メモ帳にコピペして、Cygwin左上を右クリックからの貼り付けでやってく。


「まず、Google Play Licesing package ライブラリの設定をします。」


これは最初の一回だけでいいのか? よくわからないけど最初の一回だけやった。

 

cd /cygdrive/c/src/android-sdk/extras/google/play_licensing/library
/cygdrive/c/src/android-sdk/tools/android.bat update project -p .

 

説明通りのフォルダ名と階層にしていれば、これそのままをcygwinに貼り付ければいける。ページに書いてある$は入力しないので注意。

 

 

手始めにデバッグ版作成

 

これが出来ないことにはリリース版も作れない。


ここで注意するのが、★9で書いた-Bの記述を忘れないということ。パッケージ名を変えているので、必ず-Bをつける。

 

cd /cygdrive/c/src/onscripter_android
../android-ndk-r9/ndk-build -B
../android-sdk/tools/android.bat update project -p . –library ../android-sdk/extras/google/play_licensing/library
../apache-ant-1.9.2/bin/ant clean
../apache-ant-1.9.2/bin/ant debug

 

つまりはこんな感じで。


-Bは再コンパイルってこと?


たぶん一回やってしまえば、それからは-Bの部分を削除してしまって構わないのだと思う。


変なところ改行しないように注意。ページの説明の$がついてないところは改行されてない。


フォルダ名とか階層順とかを忠実にやってれば、ここも変に混乱せずに済む。自分は前PC環境で変に変えてしまい、混乱しまくって大後悔した。


うまく行くと、説明通りのフォルダに、apkファイルが作成される。


うまく行かなければ、どこかを見落としている場合がある。大体ミスは見落としミス。


それで生成されたデバッグ版のapkファイルを、dropboxでも何でもいいからAndroidの実機へ。実機でインストールしてみて、上手く動くか確認。GooglePlayからダウンロードする場合はよくわからない。

 

 

リリース版アプリ作成(鍵、電子署名)

 

デバッグ版の要領でアプリ作成。


この時にはまだ電子署名されてない。電子署名というのはよくわからないけど、これがされてないと公開できないらしい。


証明書(鍵)release.keystoreの作成は、一回きり。


いくら新しいアプリを作ろうと、一人につき一つってこと? とにかく一度作った鍵を使い回すようにしている。大事に保管。


鍵の作り方は、2年前のことで忘れてしまった。たぶんGoogleで調べて、行けたと思う。ONScripterのページにリンクしてある参考ページはすでに無くなっていた。


で、その鍵を使って電子署名をする。これは毎回。


鍵を作る時に設定したパスワードを聞かれるので、それを打ち込む。一見Cygwinに見えなくても打ち込まれているので、エンター。

 

 

zipalignの実行

 

これが今回のくせ者だった。


ONScripterのページにも書いてなくて、どうやらこの二年の間にGooglePlayで仕様が変わったらしい。apkファイルをアップしようとしたら、「zipalignしろ」って突っぱねられた。


zipalignは、必ず、電子署名を行ったあとにするらしい。


Cygwinでやろうとしたけど、うまくできなかったので、Windowsのコマンドプロンプトからやったらうまくできた。コマンドプロンプトはWindowsの検索にcmdと打ち込んでエンター。


(たぶんCygwinでやる方法もあるとは思う。自分はファイルのパスがよくわからなかった)


自分の場合は、

 

C:\src/android-sdk/tools/zipalign.exe -f -v 4 C:\src/onscripter_android/bin/ONScripter-release-unsigned.apk C:\src/onscripter_android/bin/new.apk

 

とコマンドプロンプトに貼り付けて実行した。改行なし。


android-sdkの中にすでにインストールされているzipalign.exeを実行、上で作成した電子署名済みapkに当てて、new.apkというファイルを生成、って意味だと思う。たぶん。

 

 

まとめ

 

  •  ONScripterのページの説明を見落とさない
  •  充実にフォルダ構成
  •  くじけない
  •  ググる

 

自分用のメモと、すこしでも後続の参考になればとおもって書きました。ややこしかったら公式ページだけ参考にしてください。


また、素晴らしい制作ツールをつくってくださった方々にあらためて感謝します。


今回は以上です。よき制作ライフを────ではまた🐺

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました