返信

情報をシェアしよう

 Name : アリスン さん
>お疲れ様でわす。
 たしかに、小説などを読んでいて、物語の構成などを身体の感覚で捉えている事が多いです。
 何かを見るとき、視界に入っているのに気づいていないのではなく、きちんと見ているとき、身体でそっと包み込んでいる感じがします。理解というのは、頭でするものではないのかも知れませんね。
 メダロットやデビルチルドレンが新装版で出たのでおすすめ。
 ありがとうございます。なんとか一つ峠を越えました。
 活字を感覚的に捉えるというのは、どうにも不思議な感覚に思えます。
 アニメなんかだと、モロに「音」とか「ビジュアル」で感覚的に視てると思うんですが、
 自分は活字オンリーだと、使う脳の部分が微妙に違っている感じがします。
 でも、結局は視覚でとらえてるわけだから、大元を辿れば同じなんでしょうか。
 文章が「かたい」とか「重い」とか、そういうのもある意味では感覚的な捉え方?
 理屈じゃなくて感覚的にものを捉えすぎるのも問題ですが、やっぱ感覚ってのも大事だなと思います。

 最近ボンボン系の新装版がどんどん出てるんですね。
 デビルチルドレンの『コミックボンボン誌上でカルト的人気を博した異色作』ってコピーが妙に引きつけられました。
 全三巻とかいう、絶妙な手の出しやすさっていうアレで、いまポチっちゃいましたよ。

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう