ひたすら削り

情報をシェアしよう

 推敲五周目、217000字、39/120シーン、88/348ページ。

 けっこう削ってる。五日前から14000字削った。
 改めてフカンしてみると、不要な文章はたくさんあるんだなと。
 まだまだ削れそう。がんばって300ページくらいまでには痩せたい。

 時間がない。事故とか心配だから、25日くらいには出したい。
 体裁を整えたり、800字あらすじを書いたりもしてる。コピーは決まった。
 あらすじの雰囲気も何となく掴めたけど、ぎりぎりいっぱいまで推敲を重ねていく。
 ぎりぎりまでやれることはやる。

 あと10日くらいだとして、
 五周目は一日20ページペースくらいだから、ほんと、ぎりぎりだ。
 ぎりぎりアウトだ。もっと推敲したい。なるべく綺麗にして送り出したい。

 ブラザーのモノクロレーザープリンターを買った。8000円くらいの。
 とにかく速い。イイ。コンパクト。
 複合機ではないから機能は限られてるけど、他の用途は無いしな。
 一枚いくらくらいなのかな。ランニングコストは一枚四円ほどとは聞いたけど、省エネ設定にしてるから、もう少し安く済むだろうか。
 まあ印刷代ケチってても仕方ないが
 推敲のための印刷はケチって、本刷りは濃い目にやろう。

 印字しないと見えてこない粗があるんだよな。
 ほんと、時間が足りないわ。どんなに時間があっても「足りねー」って言ってるんだろうな。

 しょーもねーミスだけは気をつけたい。

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう