「オワコンなのはあなたの作家として才能だってことを自覚してますか?」【返信】

情報をシェアしよう

正直よくわからないメールなのですが、答えられる範囲でお答えします。

yukiyonoghee

hoshimi12さんへ
令和元年おめでとうございます。
いつも楽しくブログを拝見しています。
最近のhoshimi12さんを追いかけてましたけど、キンドルもやめてブラウザノベルも放棄してブロガー始めたと思ったらユーチューバーですか?
まるで10代の子供が歩みそうな道じゃないですか。

お名前がなかったのでアドレスから仮名をつけさせていただきました。


ブログでもツイッターでも告知していませんが、すでにYouTubeのチャンネルをみつけだしてくれたみたいですね。ありがとうございます(?)。


なにかいろいろ勘違いされているようですが、Kindleもブラウザノベルもやめていません。そして自分がどんなペースで活動していようと、yukiyonogheeさんに怒られる理由はよくわかりません。あなたはパトロンでもなく雇い主でもない。


あと「まるで10代の子共が歩みそうな道じゃないですか」という言葉も、「だれにキレてんだ?」といった感じです。おそらくyukiyonogheeさんはとてもマジメな方で、「○○はこうあるべし!」という先入観に苦しんでらっしゃる方なのかなとおもいます。ただそれは、あなたの精神構造の問題であって、こちらが押しつけられる理由はありません。


また、YouTubeに動画投稿をはじめてなにが悪いんでしょうか?


いまやインターネットユーザーの70%以上がYouTubeに触れているといわれています。ツイッターやブログを使う以上に、YouTubeはおおくのヒトビトの日常。新しいSNSをはじめる感覚とどうちがうんでしょうか。みすみす時代に取り残されろと?


YouTubeに動画投稿して、みんなに喜んでもらって、順調にチャンネル登録者数もふえていって、いったいなにがイケナイんでしょうか。べつに法を破っているわけでもない。新しいことにチャレンジしているだけです。


創作しながらブログやYouTubeもやって、なにがいけないんですか?

ブログで出版社を叩いたり出版はオワコンって垂れ流してますけど、
オワコンなのはあなたの作家として才能だってことを自覚してますか?
hoshimi12さんの文章を読んでると「僕には才能があるのに評価してくれない社会が悪い」という主張を感じて気持ち悪いです。
小説家になれずにユーチューバーって、hoshimi12さんの何者にも成れなかった感やばいですね。
もしユーチューバーで食べていくつもりなら堂々と宣言したらどうですか?
「ゆるくやる」は逃げの姿勢が見え見えでダサイです。
生きてて恥ずかしくないのか疑問です。

ざんねんながら出版はたしかにオワコンです。そこは譲る気ないです。


そしてあなたのおっしゃるとおり。自分の作家としての才能もまたオワコンです。ほかのブログ記事も読んでくださっているのなら、すでに自覚しているのはわかっているはず。わかったうえで言っているのだとおもいますが。


「僕には才能があるのに評価してくれない社会が悪い」────正直よくわかりません。ご自分のことをいっているのでしょうか。というか、出版がオワコンなのは時代の流れであって、べつにそれは社会のせいじゃない。才能も同じことです。


あと「ユーチューバーで食べていくつもりなら堂々と宣言したらどうですか?」の意味もよくわからない。どっからつっこんでいいのか。


なんでYouTube1本で食べていく前提なんですか? yukiyonogheeさんの考えだと、「人間はたったひとつのものにしかなれない」って感じなんでしょうか。だからフラフラしている人間をみると、無性にハラがたってしまうと。


3~5月は天気も不安定で、イライラしてしまうのはわかります。木の芽時という言葉もあるくらいです。


yukiyonogheeさんはとてもマジメな考えの持ち主で、「こうあるべき!」と自分を律するあまり、日常でおおきなストレスをかかえていらっしゃるのかなとおもいました。


気の毒だとはおもいます。


ですがそれは、こちらのせいではありません。


他人のブログにはりついて、勝手にイライラして、告知もしてないYouTubeチャンネルもさがしだして、ブチ切れたメールをよこして干渉してくる────ハッキリいって頭がおかしいとおもいますし、ゆっくり休んでくださいともおもいます。


あなたが今するべきことは、療養です。


「生きてて恥ずかしい」と、あなたはおもっているかもしれません。べつにそれでいいじゃないですか。カッチョイイ武士道精神に縛られすぎでは。ご自分を苦しめすぎですよ。


もう5月です。春の不安定な気候もおちつき、暑い夏がやってきます。鏡にうつった敵と戦うのはそこそこにして、どうぞ人生を謳歌してください。


なにとぞご自愛ください。では。

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう