創作とブログとツイッターとYouTubeを両立するのむずかしい説【雑記】

情報をシェアしよう

説じゃねぇよ結論だよ……。


さいきんYouTubeでゲーム実況動画の投稿をはじめたんですが、まぁ~楽しい楽しい。まだまだチャンネル登録者数のすくない弱小ですけど、すでにクセになってます。


ただ同時に、「リソースの限界」を感じている。

スポンサーリンク

「ぜんぶ毎日やるのはムリ」

毎日つづける」って、スゴい強力な習慣です。


でもリソースをめっちゃ喰われる。毎日創作とブログとツイッターとYouTubeをこなすなんて、ひとりの人間には不可能。


だから「優先順位」を決めて、活動していかないといけない。

「いまの優先順位は?」

依頼 > YouTube > ブログ > 創作 > ツイッター

「依頼」はSkebの依頼など。

▼ Skebはこちら

いまちょうどSkebで新しいご依頼いただいて、がんばってデザインしているところです。1ヶ月猶予ありますけど、1週間以内には納品したい。


とにかく、依頼が最優先


次いでYouTube。はじめたばっかりだし、いまは集中して動画作りの感覚をつかんでおきたい。つぎにブログ、創作、ツイッターと。

「なんでYouTubeはじめたの?」

ゲームで遊んでる時間がモッタイナイから、動画を上げることにしました。


いま、「ゲームしてるだけでコンテンツになる」っていうナゾの時代なんで。ゲーマーなら乗らないほうがオカシイよなぁと。


だいぶ乗りおくれましたが、ようやく勇気がわきました。まだブログで宣伝する勇気まではないですが。


ついでにひっこみ思案もなおせればサイコー(´-`)

「やりたいこと多すぎでしょ」

やりたいことが多すぎる……。


創作も好きだし、ブログも好きだし、ゲーム実況も好きになっちゃったし。どれも継続していきたい。


なおツイッターは正直あんまり好きじゃない。10年ちかくつづけてきましたが、けっきょく好きになれなかったです。うれしいこともあるけれど、ツイッターのシステムは「陰湿」すぎる。


創作、ブログ、YouTube、なんとか両立していきたいです。


継続する価値はある。あとはどう「ミックス」するか。

「ゲーム実況って創作活動のイメージそこねない?」

「ゲーム実況のイメージが、創作活動のイメージをそこねる」────


これ心配なんですけど……じつは現状、失って困るほどの人気がないというか。


創作10年つづけてきましたが、まったく人気ないです。熱狂的なファンがたくさんいるんだったらメシ食えてる。失う「良いイメージ」がもともと皆無にひとしい。イヤというほど痛感してます。


多少マイナスがあっても、プラスのほうがおおいのでは?(ポジティブ)


文句いわずにタダで創作つづけてろや!」みたいなヒトが先月きてくれたおかげで、だいぶ吹っ切れた感はあります。「努力してもムダな場所」がある。それに気づくのに10年かかった。


無償コンテンツで積みあげた実績やイメージなんて、ロクなものじゃない。


むしろ壊すべきイメージかもしれません。

まとめ 「ネットで長く活動するなら」

ネットで声をだす」ことに慣れるのは、もはや「必須」だとおもいます。


5G回線の時代がくる。動画の需要がたかまる。VR空間も流行るかもしれない。ヒト前でしゃべってナンボ、顔だしてナンボ。


顔出しはまだ抵抗あるけど、まぁ声くらいならイイかなと。ボイチェンソフトもありますし、しゃべること自体はそんな苦手じゃないんで(おもしろトークできる自信はありませんが)。


とにかく、ま~た妙なことにチャレンジしてみた次第です。


フリゲからはじまり、スマホアプリ、商業小説、Kindleストア、ブログ────お次はYouTubeと。アッチいったりコッチいったりホントいそがしい。


ただなんか、とても楽しい


いろんなことにチャレンジしつづけることが好きなんでしょう。「これちょっとわかったー」とおもったら、すぐ別のことをはじめてしまう。ハッキリいって「飽き性」。


こんな飽き性な自分でも、「創作」はもう10年つづけてるんですから、創作はよっぽどの「魔性」だとおもいます。奥がふかすぎて一生かかっても理解できる気がしない。


これからもイロイロ、マッタリつづけていきたいもんです。


今回は以上です。よきネットライフを────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう