画像の一覧・カタログを印刷するフリーソフト「Pring」【使い方】

情報をシェアしよう

ノベルゲーム制作の効率化のために導入しました。


フリーソフトの名前は「Primg」


Primgを使うと、カンタンにサムネイル画像を一覧化・カタログ化して、印刷ができます。自分の場合は「立ち絵」と「背景」のサムネイル一覧を印刷します。


とてもシンプルで使いやすいです。


以下、メモがてら使い方を書いていきます。

スポンサーリンク

Primgのダウンロード

老舗ダウンロードサイト「Vector」

手軽に画像を印刷、サムネイル(インデックスプリント)や証明写真にも対応

上記のVectorからダウンロードできます。

使い方

サムネイル(カタログ化)

起動ファイルは「Primg.exe」です。

左側がフォルダ選択欄、右側がサムネイル設定欄です。非常にわかりやすいUI。

フォルダを選択すると、画像一覧が表示されます。サムネイルタブではドラッグ&ドロップは使えないので注意です。左側のフォルダ一覧から選ぶ必要があります。

印刷列数」や「ファイル名を表示するか」を選べます。

ヘッダー(印刷用紙の上部)に、「フォルダ名」と「ページ番号」を書くかどうかを選べます。

ページの確認ができます。またその下に「ページ設定」と「印刷」ボタンがあります。

流れとしては、

  1. 画像フォルダを選択
  2. 印刷列数を選択
  3. 印刷

これだけ。あとは好みでフォルダ名などの表示非表示を判断します。

実際に印刷して、クリアファイルに入れました。これでいちいちフォルダ内を確認する必要がなくなります。シーンごとの立ち絵や背景の選別、スクリプト作業がすこしラクになります。

12列まで」並べられます。立ち絵は表情を見るために少し大きめに印刷しますが、背景は小さいサムネでもわかりそうですね(ファイル名さえ見えれば)。

シングル

「シングル」タブでは、ドラッグ&ドロップで画像1枚を印刷できます。サイズや位置が変更もできます。

定形マルチ

「定形マルチ」タブでは、ドラッグ&ドロップで画像を1枚選択し、同じ画像をずらーーっと並べることができます。また、画像の範囲を指定できます。

同じ画像をずらっと並べて、印刷してカットする────なんて時に使えるかもしれません。

スポンサーリンク

他の形式を使いたい時はプラグイン

Primgの入力形式は以下の通り、

“BMP: 1/4/8/16/24/32bit (Windows形式の無圧縮ボトムアップDIB)
PNG: 1/2/4/8/24/48bit
JPEG: 8bit/24bit (Exif自動回転)
TIFF: 1/4/8/24/48bit (無圧縮)
GIF: 1/2/3/4/5/6/7/8bit
ZIP、RAR (要UnRAR.dll) 書庫からの直接入力、および Susie Plug-in に対応

他の画像形式を読み込みたいときは、「Susie Plug-in」という有名なプラグイン群を、オプションから選択します(該当プラグインを探してダウンロードしてくる必要があります)。

参考にさせていただいた記事

Susie プラグイン とは?といったことから、Susie プラグインの使用方法までを解説。

パソコンのデフォルト機能でもできるけど……

Windowsにはデフォルトで「インデックスプリント」という機能があります。

まずフォルダ内の画像を選択します。

右クリック⇒「印刷」を選択すると、こんな画面が表示されます。一見カタログになってますが、ファイル名は載せられないし列数も選べません

Primgのほうがイイっすね。

まとめ


フォルダと列数を選んで印刷すればいいんだね!


フォントサイズや細かいレイアウトの指定はできないが、十分な機能だな。シンプルで使いやすい。作業用にピッタリ


カタログのレイアウトに凝りたい時は、フォトショやイラレで作ればいいね

Primg、とても便利なソフトです。列数いじれるのがホントありがたいっすね……。これでいちいちフォルダを開いて画像確認する手間が省けます。


今回は以上です。良き効率化を────ではまたφ(・ω・ )

スポンサーリンク