「dアニメストア for Prime Video」と「本家」の比較【メリットデメリット】

情報をシェアしよう

「ゆるキャンの続き見るかなー」とおもって久々にAmazon Prime Videoを覗いたら、トップページにけものフレンズのバナーが。「ついにけもフレ無料配信きたか!?」とクリックしてみたら────「dアニメストア for Prime Video」というナゾの新チャンネルが。


(「dアニメストア for Prime Video」は7月3日スタート。なお「Prime Videoチャンネル」のサービス自体は6月14日スタート)


以下、「dアニメストア for Prime Video」にモヤモヤしたついでに、調べたことをメモしておきます。

スポンサーリンク

「dアニメストアってなんだよ」

まず「dアニメストア」の概略について。単純に比較だけ見たい方は飛ばしてください。

NTTドコモKADOKAWAとの戦略提携により、両社の折半出資で2012年度前半期に設立された “

上記の通り、dアニメストアはNTTドコモとKADOKAWAがやってるアニメ配信サービスです。なお「Dアニメ」の商標は2009年登録ということで、「D」はドコモの「D」です。「カドカワ・ドワンゴのDも掛かってるのかな?」と最初おもったんですが、ただの偶然みたいですね。


そして今回、そのdアニメストアが、Amazonと提携して「チャンネル」を開設したわけです。

本家とAmazon版の比較

以下、各項目について比較していきます。

「価格の違いは?」

価格の違いはありません。(※)

両者ともに月額432円(税込)


※ ただしAmazonの場合は、Prime会員費「325~400円(月額制かで変動)」が追加されますので、アニメ配信単体でなら割高です。そういう点ではデメリットですね。

「配信数の違いは?」

本家が「2500作品以上

Amazon版が「約1500作品(にしたい)

(注:2018年7月現在)

だいぶ差がありますね。今後コンテンツを増やしていくとのことですが、本家とAmazonどちらもそのつもりでしょうし、差が埋まるほどの増加量になるかは疑問です。

「決済方法の違いは?」

Amazon版はクレジットカード決済のみです。

本家はドコモケータイ払いもできます。

「結局、どういうメリットがあるの?」

メリットはあまりありません。メリットを挙げるとするなら、

  • Amazon関連サービスが使える

こんな感じでしょうか。他にあればどなたか教えてください。(Amazon関連サービス:kindleFire端末・Fire TV Stick・プライムビデオアプリなどなど)


なお「初回30日間無料!」のキャンペーンですが、本家のほうは「初回31日間無料!」なので、1日だけ少ないです。細かいですが。

スポンサーリンク

Amazonによるアニメ配信囲い込み

dアニメストアとの提携の話題で埋もれていますが、今回は他にも「スカパー! アニメセット for Prime Video」「キッズステーション オンデマンド」等々、アニメ以外を含めると計9チャンネルが新設されました。それぞれ月額課金制です。(どれも7月3日スタート)


なんにせよ「Amazonのアニメ配信が強化された」ことは間違いないですね。


お得かどうかは、置いておいて。

まとめ

  • 価格は同じ(ただしPrime会員費が+)
  • デメリットは「本家のほうが断然作品数が多い」「クレカ決済のみ」
  • メリットは「Amazon関連サービスが使える」

「Amazonの囲い込み」以上の意味は、ユーザー側にはないと思いました。契約するなら本家dアニメストアのほうがお得なのでは。企業側にはシナジー効果だのなんだのあるのかもしれないですけどね。


dアニメと提携したせいでPrime Videoの無料アニメ配信枠が減る」なんてことだけは避けてほしいところです。


今回は以上です。dアニメストア for Prime Videoはともかく、Prime Video自体は月額325円でいろいろ見られるのでホントオススメです。仮面ライダーもいっぱいあるぞ!


ではまたφ(・ω・ )

お前は誰だ

スポンサーリンク