196000字(17/109) どう足掻いても日速2000字ペース

情報をシェアしよう

 一日シフト増えて週五になったんだけど、まだ慣れんなー。
 疲れが取れないのもあるし、一日休みが減ったっつうのがそもそもデカいし。
 早朝に出て、朝帰って、昼過ぎまで昼寝して、作業に入る。
 ようやくそのサイクルに慣れてきたところでのシフト増量で、適応するまでにまた時間掛かりそう。
 昼寝さえ無くせればもう少し時間を割けるんだけど、昼寝しないとどうしても作業に集中できない。
 そりゃあフルタイムで働いてる人よりはよっぽど作業時間捻出できるけど、それでも色々あんだよっ。
 これでフルタイム労働とかだったらゾッとするわ。俺にはそういう生き方は無理だと、研究室奴隷時代に悟った。

 何にせよ、限られた時間を有効に使わないと、っていう有り体な結論。
 週五態勢に慣れたらもう少しどうにかなると思うんだけど。
 いかんせんまだ慣れずに戸惑っていて、一日の使い方が覚束ない。
 休みの日にガーッと進める感じだったのが、「あ、休みか。休むわ」って感じになっていて、活用もクソもない。

 仕事はもう慣れた。あとはシフトに慣れるだけ。
 職場の人にも驚かれるくらいの「効率厨」と化していて、師匠のおっちゃんよりよっぽどテキパキ動けている自信がある。
 たぶんこの仕事、書店員よりよっぽど向いてる(^q^) 若さと体力と体格に物言わせるような仕事だしな。でかくて良かったってつくづく思う今日この頃。足の速さにも自信がある。
 手を抜けるところもわかってきたけど、まだけっこう走ってるなぁ。とにかく分単位のスピード勝負だから、遅れてると思ったら走らないといけないし。
 体力を温存するには、最初の搬入作業をどう走らずに済ませるかだろうな。

 拡張彼女を進めているけど、なかなかどうしてご立派なボリュームである。
 字数で制作ペースを表すよりも、シーン数で換算したほうがわかりやすくなってきた今日この頃。
 今のところ一日1シーンペースで、非常にまずいような気がする。
 (17/109)という現状。
 せめて一日2シーンくらいに安定させないと、マジで春脱稿とかになっちまうよ。
 焦るな焦るなとは思うけど、まさかこんな長大な話になるとは思わなんだ。
 中盤以降はサクサク進むと信じたい。
 だって前半って、設定のことで色々書かないといけないことが多くて、色々調べながら書いているもんで。
 あー、早く書き上げてー。

 完全に「SF」。
 そう断言できるくらいに説明が長ったらしくなってきた。
 何の略かは明言しないことにするけど。SFってジャンルに関してうるさい名人様とかいるし。
 キミはキメラのSF要素が2で、クロノウサギが4だとしたら、拡張彼女は8くらい。
 こりゃあまじで人を選ぶと思うよ。テーマ的にも。
 あと何度言うかわからんけど、こりゃあまじで人を選ぶよ(震え声)。
 地の文が多い。
 かたっくるしい科学(っぽい)設定描写に堪えられる人じゃないとキツいだろうな。
 キミはキメラみたいにヌルいの期待されるとすごく困る。

 拡張彼女書き終えたら、しばらくSFはいいです(◞‸◟)

情報をシェアしよう

筆者をフォローしよう