検索しやすい名前のこと

 前に快楽天か何かのエロ漫画雑誌を読んでいて、「2号」という漫画家さんの作品が気になった。
 その人の過去作が気になってGoogle検索をするのだけど、「2号」というワードだけでは競合しまくって出てこない。
 「快楽天 2号」とか検索しても、「COMIC快楽天ビースト2012年2月号」とか出てきて、「2月号」の部分の「2号」でかち合ってしまって漫画家さんの詳細が出てこない。
 作品名自体は忘れてしまったので、それで調べることも適わない。
 「2号 エロ 漫画家」とかググって、ようやく検索のかなり下のほうに、その人のことが書かれたスレを見つけ、ようやく作品名を把握。
 その作品名で検索して、快楽天じゃなくてHOTMILK掲載だったことを把握。
 そこから作者名掲載誌名作品名のアンド検索をして、ようやく「2号」さんのブログを発見。
 ただ、そこまでして検索しても、検索一位には出てこなかった。
 何がどうしたって、どんでもなく検索に苦労したわけで。

 自分のPNやHNを、すっごくシンプルな名前にしている人は多い。
 この「2号」さんなんていうのはその典型で、「2012年2月号」とかと競合するから、最大級の検索しづらさを誇る作家さんだと思う。
 小説家とかは、「名字+名前」を基本にしてPNとしている。
 俺は昔、それがすごくダサく思えた。
 もっとシンプルで、2文字くらいのPNがいいと思ってた。
 だから「星見」という名前で活動をし始めた。
 最初のうちは気にならなかったんだけど、作品名で検索してうちのサイトに訪れる人はいても、俺の名前でうちのサイトを訪れる人は皆無。
 試しに「星見」で検索してみると、夜空ウォッチング的な「星見」の意味でのサイトばかりが引っかかり、うちのサイトは検索に引っかかってこない。

 そのころSEO関係の書籍を読んで勉強をしていて、いかに「どのワードで検索させるか」ということが重要かを学んだ。
 しばらく悩んでいたのだけど、ようやく思い立って「星見テラセ」と名前を付け足した。
 敬遠していた「名字+名前」の構成のPNにしたわけで。
 すると「星見テラセ」で検索し、うちのサイトを訪れる人が増えた。
 「星見」の時はゼロだったのが、今ではうちのサイトの検索ワードのトップだ。
 「星見」で引っかからなかった時は別のワードで検索してうちのサイトを訪れていたのかもしれないから、「検索数」という観点からは数字は増えていないのかもしれないけど、「検索しやすさ」は間違いなく今のほうが上だろう。
 「名字+名前」構成のPNは、ありきたりながらも「調べやすさ」でいうと有効な名前なのだなとわかった。

 ちなみに「スターゲーザー」で調べると「スターゲイザー」が予測に上がって、「スターゲイザー」でググると、ユリの名前やガンダムの機体、それとスピッツの曲として受け取られる。
 サイト名を変えるのは抵抗があったので変えなかったけど、本当ならもう少し検索しやすいサイト名のほうが良かったんだろう。
 「星見テラセ」という名前は「改名」というより「付け足し」だったので、そこまで激しい抵抗感はなかった。

 何が言いたいって、ネットで活動している人のハンドルネームやペンネーム、マジでシンプルなの多すぎて検索し辛い。
 こだわりなのかもしれないけど、「露出して数を稼ぎたい」と思っている人がシンプルすぎる名前を使うのはどうなんだろうか。
 作品名に対しても同じことが言える。
 仮に『鯖の味噌煮』というゲームタイトルだったら、ググっても鯖の味噌煮の画像しか出てこない。
 そういうゲームがすごく多い。

 と、いうことを思った今日この頃でした。
 エロ漫画のことから話を始めたけど、とても真面目な話です。

和風伝奇ノベル『Wish』感想考察レビュー走り書き(一日目)

・ゲームを読みながら走り書きの感想をつらつら書いていきます。
・かなりネタバレがあると思うので注意してください。
・作品に点数などはつけません。ただ読んでいて思ったことを書きます。
・いろいろな事情で完走できない場合があります。その時はご容赦ください。
・仮に作品の内容に突っ込むことがあっても、決して貶める目的でないことはご理解ください。
・内容ちゃんと把握できなくて的外れなこと言ったらごめんなさい。

 
コミティア101で購入したMGIHAさんの和風伝奇ビジュアルノベル『Wish』の感想を走り書きで書いていきます。

『Wish』はすでに完結した作品で、ファンディスク同封の上、設定資料集がありました。
全てこみのものがお安くなっていたので、ほいほいと両方とも購入しました。
ビジュアルがTYPE-MOONさんに似ていると思ったら、どうやら作者の方は大の型月ファンのようです。
2006年から体験版頒布を始め、四章構成で2008年に完結。かなりの大長編のようです。

以下、ネタバレになるので畳みます。
ネタバレは「第一章 プロローグ」まで含みます。

 

続きを読む

「レビューご自由にシール」

 こんなものをなんとなく作ってみた。作品紹介ページの下あたりに貼っつける。
 ごくたまにレビュー許諾の連絡を頂くのだけど、面倒おかけして申し訳なく思い。
 あと、あらかじめ「報告不要」と明記しておくことで、作者の影を気にせず自由に感想を書いて頂けるかなと思った。
 レビューなんてそもそも自由に書くべきことだし。そうでなければただの宣伝だ。
 また、ゲーム内スクショの使用を許可することで、紹介がしやすいと思う。
 何かを紹介するってのは、活字だけだと致命的だと思うんだよ。
 この画像一枚でレビュー数がぽんと増えるなんて甘い考えは持っていないけれど、無いよりマシなんじゃないだろうか。

 「あ、このゲームのことちょっとブログで書きたいな」って思ったとき、「でも……許可とかめんどくさいよな……」って思って尻込みしてしまう人はけっこういると思う。
 私です(^q^)
 こういう風に「緩い」感じにしておくと、同人ゲーム界全体にとっても良いことのような気がする。
 「実況OK」とかでもいいし。
 まあみんな難しく考えずに「暗黙の了解」でそこらへん自由になっている感じだけど。

 「あー、レビューでネタバレしてもらいたくねーなー」なんて思っている制作者は、ほとんどいないと思う。
 多くは「誰かレビューしてくれないかなー」って思ってるわけで。
 喉から手が出るほどにレビュアーの数が欲しいはずだ。
 だからこういう小さな部分でも、「緩い」感じを見せておくといいんじゃないだろうか。
 「同人」のいいところってそもそもそういうところだと思うし。

 せっかくサイトをブログ化して記事カテゴリとかも管理できるようになったので、ぼちぼち余所様の作品の感想を書こうかなと思ってる。
 許可はとらない。報告もしない。怒られたら取り下げる。
 「面白い」とか「つまならい」とかいう言葉は使わず、点数もつけない。
 ただの「感想」を書こうと思う。ただ、ネタバレ全開。
 以前うちの作品の感想を書いてくださった方がいて、その方は作品の最初から最後までの場面場面で感じたこと思ったことをただひたすらつらつら書いていらっしゃった。
 作者としては、それがすごくためになった。「ああ、ここでこんなことを思ったんだ」って。そんな感じで書いてみようと思う。
 ネタバレについては「ネタバレ注意」って書いて「この記事の続きを読む」機能を使えば大丈夫だろう。
 第三者がそれを読んで果たしてそのゲームをプレイする気になるのだろうかという部分は、よく考えていかないといけないかもしれない。でもあんまり気にしない予定。

コミティア101行ってきました(18禁注意)

 18禁注意。

 コミティア101行ってきました。
 コミティアっていうのは一次創作限定で年4回行われる同人即売会のこと。
 一次創作はなんか「お互いがんまりませう」的な感覚でついついたくさん買ってしまう。
 同人ノベル系のサイトはけっこう調べているつもりだけど、まだまだ知らないサークルさんがいっぱいいて。

 以下、戦利品とか。
 ふつうにエロいものとか買っているので苦手な人は注意。
 18禁モノにはモザイクかけようかと思ったけど、なんか違うような気がしてかけてません。作った人に失礼だしな。

コミティア101 戦利品

 いいなーと思ったエロ同人紙を手に取ってみたら男の娘モノで、それを二回繰り返して両方買ったとさ。いかん性癖がバレる。

 あとはキミはキメラRのイラストを書いてくださった大友ゆうきさんがキャラクターデザインをされた18禁ノベルゲームがあって、それを購入。

 基本的にジャケ買いとジャンル買い。
 買ったノベルは、SF、ミステリー、サスペンス、異能伝奇といった好きなジャンルばかり。
 あとはなんとなく目に付いた音楽CDを二枚購入。インポートしてまったり聞く。

 あとはK,Kanehiraさんの画集。
 この人の描く背景すごく好きなんだよね。

 こうして前に買ったペーパーを壁に貼り付けてよく眺めてる。

 いやー、けっこう買ってしまった。こんなに買うつもりはなかったんだが。
 コミティアの何が良いって、一次創作限定ってことだよなぁ。
 いつか参加したいと思うんだけど、なかなかね。

ラストのメド立った & 拡張彼女の登場人物(仮?)

 拡張彼女を書き書き中。現在40000字。
 ラストの展開を悩んでいたけど、ようやくメドが立った。
 もう一展開加えようかと初めは思ってたんだけど、展開を変えることでその必要はなくなった。
 これでプロットの迷いがほぼ無くなったので、ゴリゴリ書いていく。もう書き直しなんて絶対しないかんな。
 シーン数は60~70くらいになるだろうか。
 目標字数は100000字だけど、もしかしたら+20000くらは行くかもしれない。
 俺は展開早いと受け取られることが多いようなので、気持ち多めに話を詰めたほうがいいんだろうか。

 今回設定がいろいろあってややこしい。かなりややこしい。
 設定に深入りしていくとストーリーから脱線しそうで、深入りしなかったら設定構築した意味が薄れてしまう。
 あんま説明をだらだら書く話は好きじゃない。
 なるべくメインに絡めて自然な感じにしたい。
 絡められなかったらサラっと流していつかに生かす。

 以下、『拡張彼女』の登場人物暫定。ネタバレだけど、まあ、いいよね。
 たぶんキャラ設定はもう変わらないはず。微々たる変化はあるかもだけど。
________________________

【白谷真人(しろたにまこと)】
 主人公。若き研究者。
 15年前に起きた「帝都大三十人殺し」で大学准教授の母を亡くした。
 帝都大三十人殺しの犯人「鮫島悠人」は「電人」であり、そのことや母へのコンプレックスを理由に白谷は電人研究の道に入った。
 電人とは「電脳化」済みの人間のこと。電脳化とはMEMS(マイクロマシン)を直接脳に注入する技術のことで、脳障害の治療以外にも様々な副次効果が得られるという。
 電人本人の意図しない異常行動が予てより問題視されており、鮫島は犯行を否認している。
 非常に真面目で冷たい印象。真理のためなら労力や危険を厭わない。
 相方のアシストロイド「シャンティ」を帝都大から買い取る際に教授陣と揉め、大学を去らざるを得ない状況に。
 そんな時に「アシハラジオフロント」の国営科学研究所(通称「ジオラボ」)に招かれ、新天地で電人研究を進めることになった。
 電人を憎んでいるが、本人も研究のために13%だけ電脳化している。
 釣りが趣味。

【シャンティ】
 白谷のパートナーである女性型アシストロイド。メイド服。
 非常に落ち着いていて感情表現は乏しい。
 掃除が趣味。

【小野崎カナエ(おのざきかなえ)】
 白谷を招いた理事長「小野崎ダン」の娘。16歳。100%の電人。
 病気を理由に学校へは通わず。しかし褐色の健康体にしか見えない。
 小野崎ダンから半ば押し付けられるカタチで、アシスタントとして部下になる。
 非常に無愛想で、加えて電人を嫌う白谷とは折り合いが悪い。
 格闘ゲームが趣味。

【イノリ】
 白谷の前に現れる「幽霊少女」。
 自分の姿が見える白谷にベタベタと纏わり付く。
 カナエを激しく敵視している。
 動物園を回るのが趣味。

【小野崎ダン】
 カナエの父にしてジオラボのエレクトロニクス分野の理事長。
 電人研究の第一人者。
 植物を育てるのが趣味。

【鮫島悠人(さめじまゆうと)】
 15年前の「帝都大三十人殺し」の犯人。
 本人は犯行を否認している。
 その電脳には特異性が見られる。
 死刑が確定しているが、十五年経った今でも刑は執行されていない。
 「誰かに操られた」と主張している。
 電脳を研ぎ澄ませるのが趣味。

カメ五郎さんの新作キター & 雑記

 カメ五郎さんの新作キテルー。久しぶりやがな。
 相変わらず安定して面白い。なんか落ち着く。
 しばらく見てなかったなぁと思ったら、自分のテレビ番組をお持ちになられていたのか。
 全国8局で放送開始した『今夜野宿になりまして』という番組。
 相方はアンタッチャブルの柴田さんだって。なんかそれでちょっと叩かれてたみたいね。
 知識が半端ないし教養もあるので「野生のNHK」とかいろいろ言われていたけど、まさか自分の番組持つとは。
 TVKでもやってるらしい。しかし最近テレビ見ないからな……。早く最新の録画機が欲しい。
 もう多摩川自給自足生活2年前なのかぁ。

 ↑ 2年前の多摩川自給自足生活。

 ↑ 去年の新島自給自足生活。

 面白いよ。
 カエルとかヘビの調理シーンは怖いので飛ばしてしまうけど……。
 ______________________________

 拡張彼女書いてるよ。
 38000字。今日は3000字ほど。
 プロットを最初から見つつ、細かくシーンを追加している。
 プロットからハコガキの段階へ。
 現在シーン数は50ほど。あと10くらいは増えるかなと思っている。どうだろう。
 ヒロイン同士の絡みがあんま無いなと思い、ちょいちょい足していっている。
 主人公の一視点だから他キャラ同士の絡みってのは書きづらいんだけど、でもあったほうがいい気がする。
 あとは、ラストへの伏線をもう一箇所どこかに貼れないものかと悩んでいる。
 もう一箇所くらいあれば、すんなり受け入れられる気もするんだが。
 ラストが説明ばっかりになるのは避けたい。
 それを避けるには、前もってある程度主人公に事実を知らせておかなくちゃならない。
 しっかし、ちょっと煮え切らないラストかもな。
 「盛り上がる!」ってところで「はいダメー。落ち着いて話を聞いてちょ」っていう展開だから。

 うーん、もう一展開用意するべきなんだろうなぁ。
 もうちょっとだけ、プロット考えるかな……。

自分のプロット(ハコガキ?)の書き方

 プロットの書き方が正直よくわからない。
 当然のごとく誰かに教わるもんでもなし。
 いろいろ「シナリオの書き方」的な本は読んでいるけど、プロットの書き方は多種多様。
 上の画像の感じだと、俺のはプロットというよりむしろハコガキを初っぱなから始めている感じかもしれない。
 上のネタバレ含んでるけど、序盤だからいいかなって。
 俺のプロット(?)の書き方(?)は以下の感じ。

1,妄想して書きたいものを考える
2,書きたいテーマとかを適当に書き出していく
3,初め、キャラは主要人物しか考えない(今回は主人公とヒロイン1のみ)
4,「起、承、転、結」の四つに項目をわけて、各「ハコ」に流れを軽く書いていく
5,書きながら、必要ならキャラを追加していく。めっちゃ増える。ヒロイン三人になっちゃった……
6,おおよそ初めのアバウトな妄想とは違うものが出来はじめる
7,キャラに愛着を持たせるため、寝る前にヒロインを妄想してイチャイチャして人物像をなんとなくハッキリさせていく
8,「起、承、転、結」の四つのハコを、「承1、承2(小転)」などと細分化させていく
9,細分化したものに、細かいシーンの割り振りなどを書き込んでいく
10,ストーリーのテーマとなる「転」の部分をとにかく意識する。しないとあとで詰まる
11,「転」の部分の整合性を図るため、何度もプロットを遡って修正、シーンを追加したり削除したりする。伏線張ったり、その回収など
12,無駄だと思ったものはとにかく削る
13,一応プロットなので、そこまで細かい描写は書かない、つもり
14,シーン数がある程度まとまってきたら、全体のバランスを確認
15,場合によってはシーンをまるまる別の場所へ移動したりする。順序を変える
16,「いつ」「どこで」「だれが」「なぜ」「なにをする」「敵はだれ」「どうはじまる」「最後はどうなる」「タイトル」いろいろ確認しながら書き進めていく
17,「展開が急すぎないか」「展開が遅すぎないか」いろいろ考える
18,何が何でも整合性。違和感を徹底的に潰す努力
19,徐々にシーン数が増えてくる
20,最初から最後までちゃんと設計図が出来たかどうか確認する
21,設計図が出来たと思ったら本書きを始める

 1~21までつらつら書いたけど、順序が逆になったりすることもよくある。というか確実に。
 プロットを書かないなんていう人もいるけど、俺は書く。書かない人は天才タイプかただのバカ。
 プロットで徹底的に展開を考え込んでいかないと、あとで後悔して書き直しなど。
 カクカノは一度書き直してしまったので、なおさら設計図の段階で気を遣っている。

 ってかこれ、ハコガキか。
 俺の場合、プロットとハコガキと本書きは同一線上にあるものらしい。
 最初はプロットなのかもしれないけど、肉付けしているうちにいつの間にかハコガキになっている。
 で、ハコガキを肉付けしているうちに、いつの間にか本書きが終わっている。
 いつも思うけど、粘土こねくり回しているイメージ。

 誰か俺にプロットの書き方教えてくれてもいいですよ(´・ω・`)