70000字 ボリュームの話とか

 昨日けっこう進んで70000字。
 ストーリーを前後編に分けるなら、前編の「転」に入ったところ。
 こっからスーーっと前編のラストまでいけたらいいな(´・ω・`)
 ボリュームとしては、前編>後半 って感じだと思う。
 前編は世界観説明とかキャラ説明があるからね。ボリューミーになるよね。

 ボリューム……か。
 もっと長いほうがいいんだろうか。
 100000字だと3時間くらいか。
 10時間とか目指すとなると、333333字。
 20時間とかになると、666666字必要になる。
 途方もないレベルである。
 かえると剣鬼は丸々一年掛けて、ようやく10時間分書けましたよって感じ。いま休止中だけど……。

 そこまでの字数を稼ぐとなると、今の自分の文章スタンスではムリなような気がする。
 自分は「省略の美」を重んじていて、できるだけ無駄(と思われる)な描写や小イベントを削除している。
 また自分は「会話文主体」ではない。
 「全画面表示の文字ウインドウ」の手法を用いているから、地の文の割合が他のエロゲと比べて多い。
 より「小説」に近いカタチで書いている。まあ、多少は小説よりも会話文多めかもだけど。
 「下ウインドウ表示の文字ウインドウ」だと、ほぼ会話文だけで構成されるストーリーになり、また登場人物の「一人称」でしかストーリーを運べない。
 自分の理想は「三人称複数で構築されたストーリー」なので、「下ウインドウ表示の文字ウインドウ」は非常に相性が悪い。

 あとはとにかく、自分の性格の問題。
 自分は、よほど気に入ったストーリーでなければ、長い話が嫌い。
 多少面白いと思っても、「まだこんなにあんのぉ……」と思ってしまうと、そこで切ってしまう。
 ストーリーの本線に絡んでこない不毛な会話とか、無駄な知識とか、そういうのを毛嫌いしてしまう。
 削りすぎて「ストーリーすっ飛ばしすぎじゃね?」と突っ込まれることがしばしば。それでも省略してしまう。

 もし自分の性格をこのまま維持して、長い話を書こうとするなら、単純に根性で書くしかない。
 自分が面白いと思っていて、飽きない文章で、展開もスムーズに進んで――というのを目指しつつ、展開を増やし、エピソードを増やし、とにかく増やすまくるしかない。
 そこまでの体力が、果たして自分にあるのかと。
 結局話を長くすれば、「中だるみ」が出てくるのではないかと。
 クロノウサギの8時間ボリュームでさえ、五話連載で「よく完成させたな……」と自画自賛だった。
 かえると剣鬼は10時間ボリュームに達したけれど、なんか思い悩んでしまって休止状態。
 キミはキメラが2時間ボリュームで、えらくヒットしてしまった事実もある。
 「そこまでして長い話を書く必要があるのか?」
 という疑念が、頭の後ろでぐるぐる回っている。ハマルがニッコリ笑いならぐるぐる回ってる。

 「おもしろけりゃ長くても短くても関係ない」
 いや、違うと。
 面白くて長かったら、それが最強だ。
 いつか自分は、面白くてクソ長いものを書きたいと思っている。
 それがいつかの『オウガスト』の予定なんだけど、果たしてどうするべきか。
 今さらカエ剣とカクカノの予定を変更するつもりはない。先の話だ。

 「長い話に合ったジャンル」というのは確実にある。
 ノベルゲームに限ると、なおさらジャンルは限られてくるように思える。
 ノベルゲームで長時間ジャンルと言えば、「ループもの」だろう。
 「ループもの」というのは、それだけで評価が高くなる傾向がある。
 人の本質に訴えかけるようなテーマなんだろうか。よくわからない。
 割とストーリーやキャラが破綻してても、ループしてれば評価されてる印象。
 というか、構成力なくてもループさせていくうちに勝手にストーリーやキャラが固まってくる印象。
 個人的には「パズルみたいな面白さ」が、ループものには詰まっているのかなと。
 で、ループものっていうのは、「ループ回数」を増やせば増やすほど、いくらでも作品ボリュームを嵩ましできる魔法のジャンルである。
 しかし書くのに苦労する。
 「名作と呼ばれているものはみんなループもの」なんて言われている。実際わりとそんな感じ。
 「ループもの」というのはノベルゲームだと特に強いジャンルのように思える。
 そもそも選択肢のあるエロゲなんかは、それだけで「ループ」の性質を持っている。

 しかし自分の場合、『クロノウサギ』でもうループものはやってしまった。
 また、『オウガスト』はループものにして映えるような話ではないような気がする。
 となると根性で話を長くするしかない。
 しかしそんな長い話、書いたことがない。
 途中で力尽きたらどうしよう――――という怖れがある。
 長い話を書けば、それだけ時間が取られて、年単位で拘束される。
 非常に「冒険」の意味が強くなる。
 もしウケなかったら?
 そこまでのリスクを背負えるのか?
 短編をマメに出していたほうが数字を稼げるんじゃないか?

 結論は出ません!!!!!!

ゲーム画面をワイドサイズにするのを躊躇う理由とか

 NScripterがワイドスクリーンに対応してから一年弱(?)。
 続々とNScripter使いが、ワイドスクリーンに手を出し始めているように思える。
 急かさせるようなものを感じつつ、自分はなかなか踏み出せない。
 いくつか理由みたいなものはある。

◆ ワイドそのものに魅力を感じない
 ノベルは基本的に動的なゲームじゃない。やたらめったら動くというのは無い。
 もちろん一部の動きまくるエロゲとかは除いて。あとOPムービーとか入れているやつ。
 自分が「ワイドでよかったー」と思う時は、ただ単にモニター2台がワイドサイズなので、それに対応したエロゲのエロシーンを「全画面」に出来た時とかだ。
 普通にプレイする分には、ウインドウサイズでやっている。
 4:3ゲームだと、全画面にすると横に伸びてしまうので、エロシーンが残念になってしまう。
 ノベル系ゲームにおけるワイドの魅力は、自分に関してはその程度の認識。
 アニメとか動的ゲームなら全画面必須だから、ワイド対応必須なのも即行で頷けるんだけどね。

◆ まだまだ違和感を覚えてしまう
 4:3に長年慣れてきたのだから、当然っちゃ当然。
 問題は、その違和感が今後も続くかということ。
 時間が解決してくれるなら、それは本当に単なる「違和感」で済む。

◆ 構図がなんか
 4:3と16:9では、絵の構図が大きく変わってくる。
 4:3ゲームにおける一枚絵の黄金比とかはもう既にあるらしいけど、16:9だとどうなるのか。
 自分はそこまで絵を描くわけではないけど、なんか大変そうという印象。
 ただでさえ横に長くて斜めの構図にしないといけなかったのが、もっと横に伸びてしまって、じゃあどうすんのと。
 もっと斜めにする?
 左右の余白は妥協する? 何かで埋める?
 なんかこう、ワイド対応のエロゲをやってて思うのは、「左右の寂しさ」と、無理矢理もっと斜めにしたための「斜めすぎる感」がある。
 これはいずれ解決する違和感なんだろうか。

◆ 文字ウインドウの存在
 自分が使っている手法は、「全画面ウインドウ」というもの。
 普通のエロゲは、「下ウインドウ表示」というもの。
 「全画面ウインドウ」は、画面全体が文字ウインドウになっていて、全体的にテキストとイラストが重なってくるタイプ。型月作品のタイプと言えばわかりやすいかもしれない。テキストに臨場感が出る。
 「下ウインドウ表示」は、よくあるエロゲのタイプ。画面下方に文字ウインドウがあって、大きめの立ち絵でキャラクターに臨場感が出る。
 両方のタイプは、それぞれ個性があるけど、それは別の話なので飛ばす。
 今回問題なのは、自分が「全画面ウインドウ」の手法をとっているということ。
 「全画面ウインドウ」の場合、テキストの羅列もまた、大きく「デザイン」として関わってくる。
 ワイドにした場合の影響力をとても受けてしまい、もちろん書き方は変えなければならない。
 しかし書き方を変えただけで、違和感を払拭できるかどうか。
 ワイドになるということは、テキスト列の横の長さが伸びるということ。
 もしウインドウサイズを横に縮小すれば、左右が寂しくなる。
 かといってそのまま横に伸ばせば、テキスト全体が間延びした印象を受ける、のではないか。
 横にそこまで長い文字列を読む機会が、果たして普通の人にあるのだろうか。
 縦読みならわかる。しかし普通のノベルゲームは横文字だ。
 ノベルゲームのサイズは変わっても、書籍のサイズはしばらくこのままだろう。
 横に長い文字列は読みづらい、という印象がある。

◆ スマホ対応とかONScripterとか
 ONScripterはまだ完全には対応していない?
 すいませんちょっと勉強不足でよくわかってません……。
 もし後々対応して、タッチの操作感とかも変われば、これについては問題ないのかもしれない。
 とりあえず、ONScripterは神。

◆ ワイドのメリット
 ・ワイドモニター対応(横伸びしない)
 ・表現の幅が(一部)増える
 ・立ち絵を横にずらっと並べられる
 くらいしか思いつかなかった。動的コンテンツなら必須だとは思うんだけどさ。

 
 以上、適当につらつら書いた。
 ワイド対応うんぬん言われ始めて4年くらい経った今、ワイド対応のエロゲは増えてきた。
 でも逆を言えば、まだ対応していないメーカーも割といる印象。
 人間の目は16:9だと良いみたいな記述もあったけど、果たしてどうなんだろう。

 正直に書いてしまえば、なんかワイドは気に入らない。

WEB拍手返信

 Name : SIROTUKI さん
>以前は拍手に返信して下さりありがとうございます。
 口汚さとか言い方のキツさとかの日記を読んで>
 以前(2年くらい前)と比べてかなり日記の言葉使いとか雰囲気変わりましたよねw(今更ですが……)
 それと、匿名コミュで喋っている人とホームページ開いて堂々と言いたい事書いている人を同列にみる人ってあまりいないと思います……
 以上、日記を読んでいる人からの勝手な意見です。
 かなーり変わりましたね。そこから更に2年くらい前のブログ時代に遡ると、もっと違います。
 「バカ丁寧キャラ作り」→「割と乱暴なノリ」→「抑え始める」 って感じに変位してます。
 年を追うごとにモノの考え方とか微妙に変わっているので、もしかしたら前よりは丸くなったようななっていないような。
 昔の雑記は消していないんですが、今とあまりに雰囲気が違うので消したほうがいいのかなぁと時々悩んだりしますが、ずるずるとそのままで。
 同列に見る人は、確かにあまりいないかもですね。いないと思いたいところです。
 なんかここ一年でアクセス数周りが激変したので、身の振り方はいろいろ考えてしまいますね。

65000字

 扁桃炎でダルすぎて進まず。
 解熱剤入ってるからあんまり高熱にはならないんだけど、やっぱダルいもんはダルい。
 鏡で扁桃腺見ても、やばい膨れてる。この大きさは初めてかも。
 ぼんやりと顔TVとかトパンガリーグとか眺めつつ、酷いダルさになったら昼寝をして、気がついたらこんな時間。
 これじゃあイカンと少し書き進め、たったの数百文字だけ進んだと。一昨日の5000字が相殺どころかマイナス収支だ。

 拡張彼女ハコガキ中。
 今はまだストーリーの三分の一も終わっていないイメージ。
 目標字数100000字として、あと35000字。
 目標日時10月初めとして、あと15日。
 35000字÷15日=2333.33・・・(字/日)
 8月30日(35000字)に立てた短期目標で、同じ条件で2096.77・・・(字/日)
 多少増えちゃったけど、まあ2000字近いペースでは書けていたのかなと。
 でも100000字ぴったりで終わるかは疑問なので、果たしてどうなるか。
 後半をどの程度の密度で書くかがまだ不透明なので何とも言い難い。

 うーむ、ダルい。もう寝るか。

口汚さとか言い方のキツさとか

 そろそろ口汚さとか言い方のキツさとか抑えていったほうがいいんだろうかと思うことがしばしば。

 サイト立ち上げたばっかの時は「私」とか一人称使っててお上品にしてたけど、なんかつまらなくて「俺」に変わって、言いたいことをつらつら書くようになった。
 「クソ」とか「死ね」とか「ゴミクズ」とか「キチガイ」とか、平気で多用している。
 それだけじゃなく、公共の電波に乗せられないであろう単語もいろいろ使っている。
 みんながあえて避けているような話題も、けっこう好きでぶっ込んでしまう。
 むしろ匿名コミュに潜伏している時のほうがお上品。

 「思っててもみんな口に出さないだけ」と思っている。
 匿名のコミュだと水を得た魚のようにみんな口汚くなって、思うことをストレートに語り出す。
 HNやコテ付けている人間も、「やり直し」が効く立場にある人間はかなり自由な感じだ。
 ある程度のリスク背負って言い方キツい自分はまだマシと思う反面、同列に扱われるのが嫌だなという思いもある。
 でもそういう空気に不快感を抱く人はいるわけで、身の振り方には悩むところがある。

 言いたいことを言っていたら、敵を作る。
 敵を作れば作るほど、自分の身を削ることになる。
 そこまでのリスクを背負う覚悟を持って、自分は発言しているのかと。
 覚悟しているつもりだけど、こうして悩むあたり、けっこうブレている。
 だからそれなりには発言に気をつけてるんだけど、滲み出てしまうものがある。

 disることができるのはdisられる覚悟があるヤツだけ、と思っているからそれでいいのかもしれないけど。
 当たり障りの無いことだけ言っててもつまんない人間だと思うし。
 一生当たり障りの無いことだけ言ってて、周りのご機嫌伺って、そういうヤツが一番コワイ。裏で何やってるかわからない。

 ただやっぱり、口汚さや言い方キツいのを抑えることで円滑に進む人間関係があるのも事実なわけで。
 みんなウンコして生活しているけど、それを他人に見せつけて生活しているかっつったらそうじゃない。
 他人の「見たくない一面」は誰にでもある。
 そういう部分をもっと抑えるべきなのか、悩んでる。
 小説ってのは「省略の芸術」と言われていて、細分化すると「抑えの芸術」だと思ってる。
 それなら抑えにゃいかんのかなぁと。
 というか、そんなに言いたいことあるなら作中で語れよと思いつつ、「いや作者としての自分はまた違う存在なわけで」と思ったりも。

 もっと歳を重ねれば、自然と「丸く」なったりするのかね。
 この若さで当たり障りの無いことばっかり言っててもそれはそれで気持ち悪いまである。
 いや、決して言い方キツいの推奨とかではなく。「口汚さ」に限っては単純にやめるべきだとは思うし。

扁桃炎

 昨日の朝から喉が痛くて、今日病院へ。
 前々から年寄りの多い病院だとは思ってたけど、今日は異常な数だった。ほぼ満員。
 病院が年寄りのサロンと化しているってのは前々から言われてるけど、本当に必要として病院へ行く人間からすると邪魔で仕方が無い。
 高齢者は医療費が安いので気軽に病院へ行ってしまう。暇つぶしに行く人さえいる。
 「薬をもらったらとりあえず安心」みたいな感覚の人はかなり多いんじゃないだろうか。
 中には目薬や湿布をもらうためだけにわざわざ病院へ行く人もいる。
 医者に言われるがままに必要のない検査を受けまくる。
 こんなんで「最近の若いもんは」とか言われたらたまったもんじゃない。
 そんなこと言ったら「最近の年寄りは」って話になる。
 未来を担う若者に優しい社会は追究されないんでしょうか。
 とりあえず、朝一の病院は年寄りがなおさら多いので注意。早起きなもんだから外で出待ちしてるレベル。
 あと、雨の日は空いてる。

 で、扁桃炎になっていた。
 甥っ子が「プール熱」とかいうのに掛かっていて、それがうつったらしい。
 姉も母もそれらしい症状が。
 扁桃炎は、普通の風邪と違って長引く。
 治ったと思っても薬の服用を止めてはだめとのこと。
 なんかいま扁桃炎流行ってる? 扁桃炎流行るってのもなんか変な話かもしれないけど。
 知り合いも扁桃炎になっていて。
 「扁桃炎になるウイルス」みたいのがあるみたいなんだよね。

 とにかく、薬飲んでぐっすり昼寝したら少し良くなった。早めに病院行ってまじよかったわ。
 年寄りは頼むからもう少し節度を持って病院へ通って欲しい。

64000字

 今日は5000字書けてボク満足。
 ある程度の文量を書けると、物凄くホッとする。
 もはやホッとするために文章書いているまである。

 とりあえずヒロイン三人と主人公のフラグイベントを立てまくっている。これは楽しい作業である。
 プロットが大体決まると、あとは何かレゴみたいな感じで。
 フラグを埋め、フラグを立て、フラグを使う。その繰り返しというか。
 無用なフラグはあんま立てたくないので、「フラグをあらかじめ埋めておく」みたいな作業はやっておく。
 例えばヒロインNTRフラグとか。
 俺、そういうフラグが見え隠れするだけで、有る無しに関わらず以降その作品見る気失せたりすんだよね。他の人は知らないけど。
 あとは死亡フラグも。基本的にキャラ死なせる話は好きじゃないので、そのフラグも潰しておく。他の細かいフラグも。
 まあ潰し損ねている部分もいっぱいあるだろうけど。
 フラグをあらかじめ埋めておく作業をしておくと、ストーリーがすっきりするような個人的印象。
 フラグ乱立の話が個人的に嫌いってのはある。あ、主人公の恋愛フラグは別腹です。結論の出ないハーレムエンドが大好きだから。

 拡張彼女は、けっこう際どいなネタを扱っている――部分もあるような無いような。
 いつも通りっちゃいつも通り。
 際どいネタを扱う時にいろいろ考えるのが、「自分の価値観」と「世の中の価値観」の相異。
 当たり前だけど、作者も人間なので作者なりの「正義」がある。
 例えば「犯罪」に対する扱い。
 仮に現実世界で他人を一方的にぶん殴ったりしたら、傷害事件で逮捕である。
 でも俺は、「殴った動機」みたいのが「もっともらしい」と思ったら、平気でキャラの罪を隠蔽したりすると思う。現実でだってそうする。実際みんなそうだろ? 都合の良いときだけ、身の回りの犯罪事実は隠蔽するもんだ。それが個人個人の「正義」なわけで。
 もしかしたら、その「勝手な情状酌量」が、正義漢いえーいな人には受け付けないかもしれない。
 そこらへんの描写をしっかりやる。
 「価値観の差異」を考えながら、なるべく「もっともらしい」記述をする。読者への「言い訳」みたいな感じで。

 キャラの行動は「当たり前」ではなくて、「キャラの性格に基づいたもの」として考える。
 そこらへんすっ飛ばすと、読んでる人は「なんとなく受け付けない」っていう、「なんとなく」っていう非常にアバウトな悪印象を抱くと思う。
 明確な悪印象よりよほどタチが悪い。
 まあそんなこと言ったって、「作者が勝手に抱いてる価値観」みたいのは滲み出てしまうわけで、難しいとは思うんだけど。
 俺は個人的に「偽善」みたいのは嫌いなので、キャラの「もっともらしい犯罪」については非常に甘い。
 そのくせテレビドラマでありがちな「不良で社会に迷惑かけまくってるけど、根はすごくイイヤツだよ!」みたいな話が大嫌いなので、その手のタイプの話には非常に厳しい。要するにそれも「偽善」の性質だと思うけど。
 「犯罪を助長するような話書くんじゃねーよ!」とか言う人がいたら、あたま悪いと思うし、想像力が欠如していると思うし、鼻で笑ってしまう感じである。
 犯罪の話を見て犯罪を犯すやつは、別にそんなのなくたってクズなわけで、年がら年中言い訳しているようなやつで、「漫画で見たから……」とか言っちゃうのも、ただ「言い訳」の道を探しているだけだ、と自分は思ってる。
 とにかく、人の正義なんてのはご都合主義だと思う。
 他人の犯罪を非難する人間が、別の場所では別の犯罪に手を染めているなんて世の中の常だ。
 「越えちゃいけないライン」の設定が、人それぞれ違うだけだろう。世の中に清廉潔白な人間なんて誰一人いない。
 キャラの「ダメな部分」を描きつつ、「それをひっくるめた、もしくはそれ以外の魅力」みたいのを伝えるのが、やることなのかなと。