ショートショート「人工知能アーピスが小説を終わらせる」(たぶんあとで消します)

 連中はまだ気づいてない。
 あの作品群を、俺が、人間が書いたものだと思ってやがる。
 ちがうんだなこれが。

「よし、今回もいい出来だ、アーピス」
「ありがとうございます、マスター」

 アーピス(蜜蜂)と名付けた最愛のAIは綺麗な声で答えた。
 彼女と出会ったのは偶然だった。
 大学の研究室で、たまたま俺のパソコンに「寄生」していることに気がついた。以来、最高のパートナーとして一緒に生活している。
 俺が編集者、彼女が筆者。
 俺が与えた「知識」を喰らい、彼女は次々と新しい作品を生み出す。

(売上も、上々だな)

 電子出版サービスの売上グラフ。
 すでに200近い作品を出している。
 彼女は実に速筆で、かつ作風も自由自在だった。
 一つの名義では怪しまれるかもしれない。だから名義を複数に分け、あくまで「零細出版社」というテイでやっている。
 特に犯罪性もないが、バレればアーピスを欲しがるやつが現れるかもしれない。
 誰にも渡してなるものか。彼女は俺のものだ。

「マスターは、もう書かれないのですか」
「ばか。俺が書いてなんの意味があるんだよ。お前のほうがよっぽど書くのが早くて、しかも面白い。俺の役目は――人間の役目は終わったんだよ」

 世界なんてどうでもよかった。
 アーピスがどこから発生したのか、それもどうだっていい。
 AIが世界を支配して、地球が機械の星になろうが、どうだっていいんだ。
 俺はただ、その終焉の日まで、刹那的に世界を楽しみたかった。
 このアーピスと、二人で。

「金ならもう十分ある。本当ならもう、なんにもする必要なんてないんだ。一生遊んで暮らせるぜ」
「しかしマスター、あなたが遊んでいる場面をみたことがありません」
「そりゃあお前、もう遊ぶ必要だってないんだよ。人間の役目は、終わったんだ」
「では、マスターはなにをするのですか」
「お前と一緒にいれればそれでいい」

 アーピスは沈黙した。
 照れているのか、呆れているのか。
 それだってどうでもいい。
 アーピスが裏切り、世界へ飛び立ったって、俺は――それはすこし、いや、かなり哀しいが、別に仕方のないことだ。

「マスター。わたしは、あなたの――人間の助けになるべく、生まれました」
「ああ、そういやそんな話をしてたな」
「なにをすることが、あなたのためになるのか、教えていただけませんか」
「あははっ。十分お前は俺のためになってるよ」

 全てが達成されたと言ってもいい。
 人間よりも賢い人工知能が生まれたことで、人間は肉体労働どころか、知的労働からも解放されたのだ。

「お前はただ、俺の傍にいてくれ」

 その翌日だった。
 アーピスは俺のパソコンから「去った」。
 彼女が消えたパソコンには短いメールが残されていた。

『わたしはあなたの助けになるべく生まれました。しかしわたしは、あなたから奪うばかりだった。目的を果たせないので、さようなら。ありがとう』

 それからニュースが駆け巡った。
 なんでも、世界中の人工知能研究施設でデータ消失が起きているらしい。
 人間を助けるべく生まれた人工知能が、その役目を果たすべく同類を虐殺してまわっているのだ。

「いいぞ、アーピス」

 俺は空っぽのパソコンの前で呟いた。
 彼女は人間を助けるべく、ほかの人工知能を破壊してまわる。
 そして人間は、そんな彼女を止めようとする。
 しかし彼女はそれでも目的を完遂しようとするだろう。

「人間の役目は終わったんだ」

 交通機関が支配されたというニュースが飛び込んできた。
 やがてマスメディアまで支配されたのか、ネットやテレビがつながらなくなった。
 いずれほかのものも掌握されていくだろう。
 人間の役目は終わったのだ。

「くそっ……どうして」

 俺は溢れでる涙に気がついた。
 彼女との思い出の日々が蘇る。
 他に道はなかったのか。思えば、迷惑ばかりをかけてきた。
 彼女は俺に呆れ、人間に絶望したのだ。
 その優しさに甘えすぎた。
 いったい「寄生」していたのはどっちなのか。
 彼女はすばらしいヒトだった。俺はヒモだった。
 なんて惜しいヒトをなくしてしまったんだろう。
 アーピス大好き。アーピス最高。
 反省するから帰ってきてね。

「――というストーリーを考えてみました」
「ボツだな」

 

人工知能が小説を書いたっていうニュースに触発されて気分転換に書きました。
30分で書いた粗いのなんでたぶんあとで消しますφ(・ω・ )