進捗 でんコン試し 

033

↑ 初期


034

↑ 微調整後


● レイヤー効果に甘えない。
● 顔は大事。
● パッとしないのはそもそものコンセプトが原因かもしれない。
● 一つの絵に時間をかけすぎない。



これで全キャラのイメージイラストが仮決定
トライメライは「主人公+ヒロインズ」のみの非常にシンプルな構成。

残りは立ち絵3枚+ダーク絵3枚。






あと、電子書籍制作ツールの勉強をした。
現状はでんでんコンバーター一択という結論。


Calible、Sigil、一太郎。
アマチュア向けで一通り上がってるのは試した。
で、優先すべきは「手軽さ」「マルチベンダー」「安定感」だと思った。
合致したのはでんでんコンバーターのみだった。

たぶんこれなかったら、電子書籍化諦めてた人めっちゃ多かったと思う。
ONScripterの時も思ったけど、こういうのはほんと、感謝の念しかない。
便利なツールがなければ、自分らみたいのは本当に無力なわけで。


Scrivenerでtxt出力

でんでんコンバーターでepub化

Kindle Previewerでチェック


↑ こんな道筋で考えてる。




でんコンの制限

● アップロードできるファイルの最大数は50ファイル
● ファイル一つあたりの上限は3MB


「挿画有りの小説」ってレベルならこれで十分か。
挿画数の目安にもなるから、逆にいいかなって思ったり。



また、「でんでんマークダウン」っていう特殊な記法が求められる。
でもぜんぜん難しくないので、問題なさそう。

Scrivenerに打ち込んだテキストに、後付けで見出しやルビを入れていけばOKか。

最初epubがエラーって萎えたけど、でんマークで見出しつけたら上手くいった。




電子書籍化の見通し立ったので、絵作業に戻るφ(・ω・ )