「サウンドノベルには無い、電子書籍の良いところ」を明確にする必要がある。
「作者にとって」はいくらでも列挙できる。問題は「読者にとって」
軽く考える。

● Amazon垢が使える。購入の容易さ。
● 時間対効果が高い。クリックゲー回避。
● 端末を選ばない。

あんまり思い浮かばないんだよな。
特に、機能的な面。今のところカス。
サウンドノベルみたいに「演出」で楽しませづらい。
何か上手い手はないか。演出演出演出。

電子書籍ならではの動作を意識するしかないか。
つまり「ページをめくる」という動作。
画面がパッと切り替わり、何かの画像を表示して、驚きを与える。
電子書籍、現状唯一の「演出方法」か?

いや待て。「文字サイズ変更」と「文字色変更」があるか。
上手く使えば「読みやすさ」に寄与できる?
でも……最近ありがちなラノベの文字演出みたいだってバカにされそうだ。それに、人によっては違和感を覚えて「逆に読みづらい」って思われかねない。

電子書籍ならではの魅せ方……。
画像はふんだんに使うつもり。でも、それだけじゃ差別化として弱い気がする。
「電子書籍版、ただの下位互換じゃんwww」って風にしたくない。
アイデアをもっとストックしておきたい。

紙書籍に固執しないからこそ出来る、面白いこと。
もっとあるはず。