トライメライ

カンプキン来た シナリオボリューム 72000字(初稿_13/87シーン)

国税還付金振込通知書

確定申告したのが、三月八日。
国税還付金振込通知書が来たのは、四月二日。ちょうど誕生日。自分の金なのに少し嬉しい錯覚。計算通りの還付金で安心した。


さてシナリオ。

日常描写を意識して、前半を肉付け中。
一章2万字程度、全六章+エピで12万字ちょいを目指す。

でもなぁ、キミ箱は16万字くらいで、すらっと読めたっていう感想が多かったんだよな。こっちが思っている以上に、読者さんは体力があるのかもしれない。
例えばひぐらしとか、展開に対して異様なボリュームだったけど、むしろそれがウケてた感じがあるよな。お得感? 日常重視?

バランス見つつも、多少は緩く考えるか。
電子書籍だし、「厚さ」を気にする必要がないわけで。

初稿_65000字_4/85シーン

一章 14(シーン)
二章 14
三章 12
四章 13
五章 10
六章 10
エピ 5

1シーン2000字以内を目安。
章ボリュームを見つつ適宜調整。

初稿は完成度70%くらいを目指す。
矛盾がないか、最後まで読めるかを気をつける。要するに整合性。
1シーンで粘るより、全体を俯瞰して書き進める。

半落ち模写音読、その他小説音読などで、感覚を整える。
1ポモドーロごとの5分休憩を忠実に。季節の不調が収まるまでは、作業は抑えめにする。

他意識 箱参_五章終盤_83枚

今でもたまにお便りをもらう。
ありがたい限りですな。結局書き手は、読者がいないと成立しないわけで。よくニコニコで「視聴者様は気にしないでいいよ!」「やりたいことやりなよ!」って励ましコメント(?)があるけど、あれは何かズレてる気がする。
他人を意識しつつ、試行錯誤するのが面白いんじゃないの。


さて、シナリオ。




全六章+エピ予定で、五章終盤。
一部シーンを分割、カード枚数が微増。

ネックだった一章~三章が、スクリヴナーのおかげでサックリ決まった。
ただちょっと、中だるみにビビって、日常シーンが少ないような……。「イチャコラがイイんだろ!」って人、意外と多いからなぁ。要検討。

まったりがんばりましょう。

計画もほどほどに

ハコガキしつつ、今後の計画を練り続けてる。

個人のリソースは限られてる。
コンテンツ作りに全力――じゃなくて、コンテンツと共に向上していけたらと思う。細く長くやりたいなら、自力を伸ばす必要がある。ギャンブルするつもりはない。



ってか、ちょ~~~~っと、脳内会議に時間掛けすぎか。

考えるのも大切だけど、そればっかりじゃ進まんな!!



スクリーンショット (14)

↑ あとここらへん決めたら、肉付け再開かな。

シーンタイトル整理 ビューポート 74000字(箱参_80シーン)

スクリーンショット (5)

シーンタイトルを整理した。
フォーカス人物を明らかにして、タイトルは短めに。

複数視点じゃないから人物名はいらないと思ってたが、「相手」という意味で記述。★と★で挟んでるところに頭文字。こっちのほうが見やすい気がする。
シーンタイトルを短くしたのも、自分で見やすくするため。情報整理の手助け。



スクリーンショット (3)

Googleから「お前んとこスマホで見にくいんだよカス」とメールが来た。


スクリーンショット (2)

とりあえずビューポートってやつだけ追加したら、こうなった。headに一行。
Google「フレンドリーです^^(アプリは無警告で削除するけどな)」

制作日誌は没入ツール 65000字(箱参_二章序盤_71シーン)

途中経過
一=19800
二=11800 ★
三=6600
四=10800
五=6000
六=7000
エ=3200

けっこう出来てきたな。
一周目二周目のテキストデータを見比べるとわかりやすい。別途保存にして正解だった。

もっと周回を刻む前提で書くか。
全体的に肉付けしていったほうが、効率良さそうな気がする。自分には。
とはいえ序盤は「説明」が多いから、詰まるのは当然か。後回しにしたところで、いずれ乗り越えないといけない。

ここ最近、作業日誌に徹してて思うけど、やっぱりこっちのほうが集中できる。「最近の記事一覧」で進捗も確認しやすい。
ただし、没入の分、視野は狭くなると思う。

削りは苦手 模写練再開 63000字(箱参_#1終盤)

そろそろ#2の肉付けに入る。
ハコ整理も大切だけど、ハコ作るほうにも意識を割く。バランス。

ハコガキ三周目でキリが悪いなら、四周目を視野に。
今周回でムリして完成度上げようとするのは、アレかもしれん。
全体的に肉付けしていこう。視野が狭くなってる気がする。

「削る」ことが大の苦手だから、無駄の無い肉付けを目指す。

頭が回らなくなってきたら、1ポモドーロでも仮眠を。
それだけで随分違う。



2015-02-26 19.46.42


このスタイルで『半落ち』を模写。文章練習。
最近サボってたけど、電子書籍版&良さげなタブレットスタンドを買ったので再開。

横山秀夫さんの文章は、無駄が無くてほんとカッコイイ。
無駄ばっかりの雰囲気小説とはぜんぜん違う。

肉付け以上に、シーン整理

肉付けは本書きからが本番。
ハコガキでは箱(シーン)整理のほうが重要。
まずは必要なハコを用意する。中身はざっくり。
それからハコを、入れ替えなりして、整理する。

#1が、やや肥大化してきた。今18000字程度。
一部シーンを#2に持ち越す。

字数のことは焦らない。
今は耐える時。まずは筋道を作る。それが一番の近道になる。

うんち。

Kindleのルビ ハコでは詳細に書きすぎない 60000字(箱参_#1)

kindle for PCを導入。
便利すぎて屁が出る。
レスポンスがいいから辞書も引きやすい。
Kindle本では、ルビを「白(はく)皙(せき)」としないで、「白皙(はくせき)」としたほうが、辞書を引く側には都合がいいらしい。

ハコ三周目。やや詳細に書きすぎるきらいがある。
まだハコなのだから、ザックリめに。後からシーンを削る可能性だってある。
詳細ではなく、肉付けを意識。

雑記、制作日誌は、300字以内に留めるテスト。
キリ消滅防止。省略の修練。

常々、読書を怠らないように。

ハコガキ二周目完了 56000字(0/68_箱参)

エピローグもざっくり書いた。
一本筋はだいたい出来た。あとは周回まわしていこう。

現状の章割り
#1=14500字
#2=8300字
#3=6600字
#4=10800字
#5=5800字
#E=7000字
エピ=3200字

エピローグはこんくらいでいいとして、一章10000字くらいを目安にする。
まあ別に、そこまで字数揃えにこだわらないでもいいんだけど。目安くらいは決めておこうと。

#2、#3辺りが、ちょっとスカスカ。日常描写。
毎回言われるけど、日常描写の加減がイマイチっぽい。いっつも「足りない」って言われる。
「多いんじゃねこれ……」くらいの感覚で書いてみるか?
まあ、キャラモノだから、日常描写が重要っていう理屈はよくわかる。


■ BGM

 『波のゆくさき』

紙小説との差別化を図りたい 54000字(64/68_箱弐)

せっかく電子書籍なんだし、ちょっと変わったことをやりたい。
と言っても、現状の機能では「画像」くらいしか使えないんだが。

画像を使って、紙小説と差別化ができないか。
「ふんだんに使える」という点で、差別化はできるか。印刷とか気にしないでいいし。

● シーン切り替えで「背景」を挿入。
● 要所で「立ち絵」と「一枚絵」を入れる。

パッと思いつくのはこんなもんか。エロゲ脳。

なるべく、手間を最小限に抑えたい。
背景と立ち絵、一枚絵くらいなら、まあ今まで通りか。
「背景」は結構アリだと思うんだよな。世界観に入りやすくなって、小説が読みやすくなると思う。写真を加工するくらいの手間で済むし。素材集めは一からやる感じになりそうだけど。


なんで差別化したいって、「小説」は、淡泊すぎるというか。
これだけ媒体が多様化してるのに、あんなシンプルな媒体は、さすがに時代遅れに思える。内容うんぬんの問題じゃない。媒体が、時代遅れなんだと。

自分は「シナリオ」より、「小細工」のほうが得意だと思う。
「間」とか、なんだとか、演出とか。
単なる小説だと、それが活かせない。こっちもつまらない。

電子書籍で「間」を表現するのは、なかなか難しいとは思うけど。
なーんか、代替方法がないかな。ねーか。
その辺りは、電子書籍の「進化」を未来に期待する方向で。

トラメラ制作日誌:ハコガキ二周目 #4中盤

現在50000字、60シーン。
石橋を叩き壊しながら進んでいく感じです。

六章構成予定で、#4とも来ると、クライマックスが近い。
「転」は気持ちが入りやすいので、1シーン1シーンの書き込みスピードは速いんですが、書き始めるまでが遅い
気持ちが「入る」、「乗る」までに時間が掛かるみたいです。

今さら焦っても仕方ないので、とにかく書き直しだけはもう避ける。
トライメライの旧シナリオ『拡張少女』では、「見切り発車」で本当に苦労しました。
まだストーリーはぼんやりしているのに、キャラデザのほうから始めてしまって、その整合性を保つことに必死になって、泥沼にハマった。


キャラや展開に「愛着」が沸いてからの書き直しは、本当に精神的に来ます。
プロット段階での構想が、とにかく大事だと思いました。文章量の少ないプロットなら、さほど愛着も沸きませんし、書き直しに時間も掛からない
当たり前のことなんでしょうけど、自分は自分自身の処理能力を過信していました。Evernoteでネタを溜めていくことも大事。

シンプルな構成でもいいから、最後までちゃんと書けるものを書く。
背伸びをしたら、足元がお留守になる。


■ BGM

 『ICO -You were there-』


■ 制作日誌の書き方

今後は丁寧語を使うと決めてから、やや悩んでいます。
「制作日誌」を、自分は「記録」と考えているところがあって、「人に読まれる」ということがあまり意識できていません。
慣れかもしれないですが、なんだかむず痒い。

第一、シナリオの制作日誌なんて書いてる人、他に見たことがないんですよ。
だからスタンダードがわからないのです。

需要があるかも謎です。
そもそも、「需要」なんて考えを持つべきなのか。

ペルソナ設定がまだ曖昧なんですかね。