返信

返信

 ネタバレ注意 : キミはキメラ 箱庭の鬼

 Name : としひろ さん

 Title : キミ箱疑問

>キミ箱読みました。でちょっと分からなかったので疑問書きます。
 キスによってハマルが秋山に与えた女王物質の効果は夕子が言っていますが、芹彦が比奈子に与えた拮抗物質の効果はどんなものなのかと思いました。
 ハマルの場合は、交雑可能な体にする、性フェロモンの受容体を作る、体を頑丈にするなど、相手をハマルのパートナーとして相応しくするために体を作り替える感じだと思います。
 では芹彦の場合は、ハマルと似た感じになると思いますが、頭がよくなったり、蕁麻疹があるのはなんでそうなるのかなと疑問に思いました。

 パートナーの性質を変化させる能力は、キメラのデフォルト能力と考えています。
 キメラは「近縁種との交雑」による繁殖がほぼ必須なので、その準備をする必要があります。

 また個々のキメラに「物質」は存在していて、そこに個性がある感じです。
 なぜ芹彦とハマルで、それぞれのパートナーに対する効果が違うのかというのは、
 単純に「個体差」ないし「性差」と言えるだろうと考えています。
 人間が日常で使用する「薬」なども、使用者の形質によって効果の幅がぜんぜん違いますし、場合によっては副作用が強く表面化します。

 この辺り小説内で説明してもよかったんですが、ちょっと説明くどくなりそうだったので避けました。

返信

 Name : 元春日部市民 さん
 Title : 最高でした。

>キミはキメラの小説版を読み終わりました。
 かなり分厚かったですがサクサク読み進められたので、自分は4時間弱で読み終わりました。
 過激な表現が多くでびっくりしました。とても刺激的で良かったです。
 ところで1つ疑問になったことがあります。それはドラコです。巻末のキャラクター紹介にイラストがあるにも関わらず、あまり作中で触れられていません。
 これは、続きがあるという伏線でしょうか?もしそうなら楽しみです。

 ご感想ありがとうございます。
 今のところ耳にしている分には、割とサクサク読めてる人が多いみたいで安心しました。

 今回は商業ということで、むしろ同人より過激な内容にしてやろうと考えました。先方からも「タブーみたいのは気にしないでOK」と最初の段階で話があり、やりやすかったです。

 続きは売り上げ次第だと思いますが、ネタ帳では色々と蠢いている感じです。
 ドラコは結構キーキャラクターだったりします。
 もし紙の本で出せなくても、いずれ続きは書きたいと思っています。

返信

 Name : 長谷川 さん
 Title : 続きますよね?

>今回買ってみて読んだんですがとても面白かったです。
 ただハマルちゃんの登場シーンがすくないよぉぉぉぉぉぉm(。≧Д≦。)m少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少ない少少ない少ない少ない少ない少ない少ないない少ない少ない少ないよぉぉぉぉぉぉm(。≧Д≦。)m(」°Д°)」<ハマルちゃーん
 と言うわけで次巻ではハマルちゃんをたくさん出していただければ幸いです。
 よろしくお願いいたしますm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)m
m(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)m

 ありがとうございます。
 いやー、新編にしてはハマルけっこう出したと思うんですけどね(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・)(´・_・`)
 ただ続きを書く機会があれば、センターでの過去なり、もっと掘り下げられるかなと思っています。
 それでまあ、続きは売れ行き次第でしょうか(遠い目)。
 何はともあれご感想ありがとうございますm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

返信

 ネタバレ注意 : キミはキメラ 箱庭の鬼

 Name : ソウヤ さん
 Title : 「キミはキメラ 箱庭の鬼」感想

>こんにちは。ソウヤです。

 読み終えたら感想を書くと言っていましたが、電車の中で読んでいたら家に帰ってから
も止まらなくなり、一気に読み終えてしまいました。
 読書時間は 3 時間くらいでしょうか。一般的なラノベの 2倍くらいの分量があったよう
な気がします。

 翌日に感想来たのでビビりました。

 三時間ですか。他の方にもそれくらいで読み終わったと感想受けました。
 サウンドノベル版より圧倒的に文章量は多いはずなんですが、やはり小説媒体ということで、速読しやすいのかも?
 ただ一般に言われる平均速度が500字/分として、5時間くらいは掛かると予想していました。
 やっぱり3時間はちょっと早いですよ(汗)
 ちなみにキミ箱は16万字ちょいで、単純な文量的には一般ラノベの1.5倍くらいだと思います。


「キミはキメラ」の続編という感じの内容でしたね。当初は心配していたのですが、新
主人公だけでなくハマルと秋山もよく描写され、「キミはキメラ」のその後が描かれて
いたのは、あの作品の続編を希望していた私にとってもよいものでした。

 一応は続編兼本編と謳っています。
 秋山とハマルの絡ませ方はかなり迷いましたが、
 三人称複数視点にしようと決心してからは、割とすんなり描写できた気がします。
 むしろ秋山は一度主人公として書いたキャラだったので、最初から入りやすかったです。
 

 それにしても……ゲーム版の時から思っていましたが、ちょっとえっちいですね。
 この表現はラノベにしてもなかなかギリギリで、「これ R-15 なのではないか?」と読
後に帯を見直したら「R-15 推奨」でした。いや、私はとっくに成人していて、人外少女
も大好物なので問題ないです。むしろこの程度の人外度ではぬる……いえなんでもあり
ません。私はラッキースケベや不自然な寸止めよりも、こういう方向性のほうが好きで
すね。その行為に必然的なものを感じますから。

 性がテーマの一つなので、致し方なしというか、アレです。
「R-15推奨」の追加はこちらでお願いしました。正直もう少しデカいロゴでもいいと思ったんですけどね。エロ描写を不快に思う人への予防線になりますし、むしろそういうのが好きな読者層にはアピールになりますし。
 昔のラノベ(ヤングアダルトとかジュブナイルとか呼ばれてた頃?)って、もっとエロいというか、迫った描写がいっぱいあったと思うんですが、いつからこんな生温い業界になってしまったのかと。
 今は他がライト過ぎるだけで、キミキメの描写も十分にライトだと思ってます。ケモ度的にも。

 ラッキースケベはつまらんですね。
 必然性を感じないというのがまさにそうだと思っていて、「エロ出しゃ売れる」と適当に付け足したんだろうなーとか考えてしまって、冷めるというか。
「じゃあストーリーも適当に考えてんだろうな」とか思ってしまいます。


>気晴らしにゲーム自体はするんですけど、ストーリー性のない、それこそ「暇つぶし」
>のためのゲームばかりを選ぶようになって。

 分かります。というか、それはまんま私です。数時間以上かかる長いゲームは集中力を
持続させるのが最近つらくなりました。昔はなぜあんなに遊んでいたのだろうと思える
くらい。小説や携帯ゲーム機ならまだなんとかなりますが、PCだとさらに辛いです。そ
して積みゲーが増える…。

>自分がシナリオ書いてるからかもしれないですが、純粋に他人のシナリオを楽しめな
>くなりました

 私にもその気持ちは分かります。ただ、他の人の小説は一種の BGM だと思え
ばよいのではないでしょうか。他の人の作品を読むことで、自分の中にある創造欲的なものが
刺激され、執筆意欲が湧いてくるような気がします。

 単純にゲームに新鮮みがない時もあるとは思うんですけど、
「中毒になったらヤバい」と自己制御してしまうことが増えました。
 バーチャルよりリアルのほうが大事になってきた?
 自分なんかは単に「創作のほうが好き」っていうパターンかもしれないですが。

 他人の小説を「BGM」と考えるのは良いですね。
 知識とか面白さを抜きに、読書に意味を見出しやすそうな解釈だと思います。
 

>キミキメは割とオーソドックスな話だと思ってたんですが、スマホで出したら妙にウケました。
>ちょい萌えエロに釣られたティーン層に人気が出たのかなと思います。

 成人向けには手が出せない、かといって興味はあるわけですから、ティーン層はそうい
う作品に飢えていたのでしょうね。私自身も昔はそうでした。

> 夢現のページでバナー見つけましたか。
> あのページだとTOPじゃないしかなり宣伝効果は低いと思ってたんですが、よかったです。

 実は私、あそこのページは新作フリゲコーナーしか見てないんです……。そこに表示さ
れていたのはたまたまだと思いますが、私にはグッときましたね。

 PCユーザーならともかく、スマホユーザーはエロコンテンツに辿り着くまでが大変そうですからね。
 あと最近はむしろ、「一線越えちゃう系」よりも「ぎりぎり系」の方が広く人気が出る気がします。
 ネットにもリアルにもエロが氾濫しすぎて、露骨なエロを嫌う層が出てきた? むっつり勢増えた?
 なんだかそんな感じがしました。

 夢現さんのキミ箱バナーですが、新作フリゲコーナーだけの表示なんですよ。
 自分はTOPページしか見ない勢なので、言われるまでバナーの存在には気がつきませんでした。
 ただかなりデカいバナーなので、インパクトはありますね。


 他の方も書かれていましたが、やはり続きが気になる終わりかたでした。
 私には何のお手伝いもできませんが、この作品がもっと売れて続編が出せることを祈っ
ています。もしもダメだったら Web 小説という手もあるんですよ?
 大友ゆうきさんの挿絵も可愛くてとても気に入ったので、近々ゲームのリメイク版も遊んでみようと思います。それでは。

 ダメだったらWEB小説っていうのは結構考えてます。
 というかそろそろWEB小説には進出しとかないと、後で困りそうな感じがしてきました。
 サウンドノベルとWEB小説って割と似てるのに、ぜんぜん読者層が違うので、新規層獲得の意味でも乗り込みは必須かなと。ちょっとジャンルが偏ってるのは気になりますが……。

 何はともあれご感想ありがとうございます。

返信

 Name : 種狂 さん
 Title : 初めまして!感動しました!

>初めまして種狂という者です。
 はじめに、キミはキメラ〈箱庭の鬼〉発売おめでとうございます!
去年の夏にキミはキメラRを読んですごいはまってしまい、小説版が出ると聞いてすごく楽しみにしていました。そして、発売が決定して気持ちが高ぶっているなか予約をして「発売日に届く!」と楽しみに待っていたところ母が「あんたテストでしょ」という理由で水曜日まで隠されてしまいました………orz
 そして、ようやく今読み終わりました!すっごい感動しました!ハマルと比奈子さんとスズカが可愛すぎて死にそうです!(もう死んでもいいかもしれません………)
 次巻が出たらすごい嬉しいです!
 応援してます!頑張ってください!

 初めまして。
 それはさすがにお母さんの判断が正しいですね(´・_・`) 小説はいつでも読めますから。
 何はともあれ、楽しんで頂けたのなら幸いです。ありがとうございます。
 比奈子だけ「さん」なんですね。確かになんとなく「さん」付けキャラっぽいような……。
 とりあえず死んだら元も子もないので、どうか生きてくださいませ。責任持てません。
 次巻は売れ行き次第なところがありますが、出せたらいいですね……。祈るばかりです。
 ご感想ありがとうございました。頑張ります。

返信

 Name : ソウヤ さん
 Title : 小説発売おめでとうございます

>お久しぶりです、リメイク前の「キミはキメラ」の際に感想を送らせてもらいました。

 名前だけぼんやり覚えていて、前サイトの記事検索してようやく見つけたのですが、
 三年ぶりですね。ほんとお久しぶりです。
 

 その後、リメイクされたのは知っていたのですが、忙しくてなかなかプレイする暇ができず、今もまだプレイ出来ていません。年が経つにつれ、ゲームのための時間を作ることは難しくなってきていると痛感させられます。

 ストーリー自体はほぼ変わっていないので、自分が読者でも再読モチベは低くなると思います。
 ただ、歳食うとゲームモチベそのものが下がってくるのは、ひしひしと感じています。
 気晴らしにゲーム自体はするんですけど、ストーリー性のない、それこそ「暇つぶし」のためのゲームばかりを選ぶようになって。
 自分がシナリオ書いてるからかもしれないですが、純粋に他人のシナリオを楽しめなくなりました。
 小説は勉強のために読み続けているものの、ほんとに「勉強のため」って感じです。

 
 月日が経つのも早いもので知らぬ間に、Android版が配信され、さらに小説版まで出ているとは……。
 小説版の話はフリーゲームを探すため、夢現のページを見ていた際に宣伝のバナーで気づきました。
 先日書店で見つけたので、応援の意味を込めてバッチリ購入させてもらいました。まだ読めていないですが、無事完読した際には感想をこちらに書かせていただきたいと思います。

 自分としてはかなり濃度の高い二~三年間でした(汗)。
 キミキメは割とオーソドックスな話だと思ってたんですが、スマホで出したら妙にウケました。
 ちょい萌えエロに釣られたティーン層に人気が出たのかなと思います。
 今となってはGooglePlayのポリシー変更でR-15版は削除されましたが……。

 夢現のページでバナー見つけましたか。
 あのページだとTOPじゃないしかなり宣伝効果は低いと思ってたんですが、よかったです。

 それとご購入ありがとうございますm(_ _)m
 ぜひ感想頂けたらと思います。


 星見テラセ先生の本、もっと売れると良いですね。出版社が大手なだけに書店ではなかなかの冊数で並んでいるようでしたよ。

 一物書きに「先生」はちょっとアレだと思っていて、普通に呼んで頂ければ幸いですm(_ _)m

 書店けっこう並んでるみたいですね。
 今のエンブレ自体が押せ押せムードなのか、かなり強気な初版部数だったと思います。
 正直そこまで売れる自信ないんですが、多くの人の目につきやすくなるという点では、ありがたいことだと思っています。

返信

 Name : ちょうきゅうめいのちょうすけべ さん
 Title : 買いました!

>先ほどAmazonでキミキメ買いました!
 7月4日に届く予定です!ああ、待ち遠しい……!

 届いたらひたすら読みます!ぼろぼろになるまで読みます!ぼろぼろになって読めなくなったらもう一冊買いますね!
 大人気作家となったテラセさんの本が、TSUTAYAで平積みでぶああっと並んでいるところを見れたらいいなあと思います!
 では、お体にお気をつけて!

 たぶんぼろぼろになるまで読み返せるボリュームじゃないと思いますが、
 なにはともあれ、ありがとうございます。(一冊で十分です一冊で)

 TSUTATA平積みでぶああっとはたぶん村上春樹レベルじゃないとムリそうです。
 せめて初版さばけたらいいなと祈ってます(´・_・`)

 ありがとうございます。健康は気をつけたいと思います。

返信

 Name : ラグナロク さん
 Title : お礼申し上げます

>キミはキメラ箱庭の鬼読みました^_^
 とても感動しました、こんな素晴らしい作品を作成していただき本当に感謝しています

 ありがとうございますm(_ _)m
 感動系の話だったかは少し悩むところなんですが、楽しんで頂けたなら何よりです。

返信

 ネタバレ注意:キミはキメラ 箱庭の鬼

 Name : Tacks さん
 Title : 『キミ箱』の読後感についていくつか

>昨日、『キミはキメラ 箱庭の鬼』が届きまして、今日先程読み終わりましたので、短いながらも感想をお送りいたします。

 読み終えての感想は、まず、ものすごくプロローグ感のある話だったな、というものです。
 何か、ものすごく長い話があって、その序章というイメージが湧きました。
 恐らく星見さんには大きな構想やアイディアがあるんじゃないかと思いました。それが語られる機会があるのかどうかはいざ知らずですが。

『キミはキメラ』というストーリー自体、「プロローグ」がテーマのひとつだったりします。
 たぶん明確な完結を求めている読者さんは、「王国」の行く末を知りたいのかなと思いますが、
 ローマは一日にしてならずというか、全部書くのは物理的にムリだと考えています。
「数十年後――」とかで一気に未来を書くつもりはないですし、所詮一部を切り取った「今のドラマ」しか書けないだろうと。
 どちらかというと自分は、「感情テーマの完結」に重きを置いています。

 続きの構想はありますが、書く機会があるかは不透明ですね。
 一応は序・破・急といった感じで、三巻分くらいのボリュームまで構想してました。


 テーマ的には完結している、という印象は受けました。
 主人公がとある決意をするまでの成長ですよね。テーマ的に収束したところでスパッと終わるところが格好よかったです。むしろエピローグ無くてもいいんじゃないかと。

 今回のテーマは大体完結してると思います。
「夕子の目的」についても、わかる人には大体わかったと考えています。

 正直あのエピローグは無くてもよかったですね。というか最初はナシの予定でしたが、先方から「もう少しラストっぽい雰囲気を……」と注文を受け、あとから付け足しました。
 別に一話完結でも、芹彦のシーンでスパッと切っていいと思ったんですが、
 先方くらい普段全く小説を読まない人向けには、あれくらい丁寧なほうがいいのかもしれません。


 以前、難読漢字が増えているという旨のことを話されていましたが、特にそのようには感じませんでした。
 私には、文章にも無駄がほとんどなく、すっきりして読みやすいと感じましたが、主要対象読者であるティーンズがどう感じるのかどうかはわかりません!
 でも、ある程度の読書習慣のある子なら、難なく読めると思いましたよ。
 分量も、3時間で読めましたから、それほどキッツイとは感じられませんでした。

 なによりです。
 今回はとにかく「読みやすさ」を心配していたのですが、
 読みやすかった的な感想をちらほらもらって、気をつけた甲斐があったなと。
 しかしあれを三時間ってなかなか早いですね。


 出版社とのコネもできたことですし、キミ箱の続編や、まったく別の新しい話の企画を打診してはみないのでしょうか。
 それとも、もうカンベンカンベンって感じなのでしょうか。

 ともあれ、星見さんの次の動きには期待しています。
 それでは。

 むしろあっちがもうカンベンって感じかもしれません。
 なんにせよ売れ行き次第ですかね。数字がからっきしなら、コネもこれっきりかと。

 まったく別の新しい話の企画というと、
 KADOKAWAニコニコ連合を全否定するような「創作」をテーマにしたSFとか考えてたりしますが、
 書くの辛そうだし書かせてもらえなさそうだし、もうちょっといろいろ考えます。

 何はともあれ、ご感想ありがとうございますm(_ _)m

返信

 Name : しっしー さん
 Title : はつばいび
>どうもしっしーです。なにはともあれ、しょうせつおつかれさまでした。
 そこでしつもんなのですが、やまがたけんにすんでいますが6がつ30にちはつばで、ほんやにじっさいにでまわるのはいつでしょうか。・・・・ひらがなでスイマセン。

 首都圏から離れた地域は、配送網の関係で発売日から1~2日遅れることがあるらしいです。
 アニメイト山形さんのHPにもそのようなことが書いてありました。

返信

 Name : 大久保 さん
 Title : キミはキメラRダウンロードの件についてお尋ねします
>キミはキメラRは一年以上前になりますがダウンロードさせて頂き楽しくプレイさせて致しました。
 本題ですがAndroid端末から作者様のサイトのリンク(apkファイル)から飛んでダウンロードしようとしたのですがリンクを踏むと作者様サイトトップに戻ってしまいます。

 どうやらダウンロード数をカウントするプラグインが先日更新されて、不具合が出たようです。
 とりあえず別のリンクをその下に追加しておきました。
 単にカウント機能が付いていないだけで、元のファイルと同じです。
 ご報告ありがとうございます。

返信

 Name : ア・リ・ス・ノ さん
 Title : 題名は無い
>発売なのを、おめでとうございます!
 ぱんぱかぱーん。

 とりあえずメルフォは注意書き通り、タイトル(用件を簡単に)必須でお願いします。
 あとプロキシ使ってます? もしそうだった場合はそれもちょっとナシでお願いします。
 基本的に注意書きに沿ってないお便りは返信しづらいです。
 

 今はどうなのかは知りませんが6年ほど前のことですが、かの雷撃文庫本は発売日より一週間くらい……だったかな……前には購入できる場合があったようです。
 よく予約して買っていた友人の曰くに、店員さんがそのことを教えてくださったそうで。
 現在の雷撃は発売日に見えるのかもしれませんかも。

 なんでこんな発売日適当なんでしょうかね……。発行日とかも超適当だし。
 いや、印刷の兼ね合いだとか、あえて適当なほうが都合が良いっていうのはわかるんですけど。
 とことん締まらないというか。
 どこの業界もそんな感じなのか……。


 箱庭の本は、
 内容以前に表紙で人を選ぶような。
 正直恥ずかしげなのよ。
 アマゾーンでの宣伝文句がテンションが異様に高いのはたぶん気のせい。「これが物語の『本編』」という文句を見て、なるほど!ノベルではない書籍だから「本」編なのね!とか思ったのは秘密です。

 そんなこと言ったらサウンドノベルのスクショだって恥ずかしいでしょう。
 ラノベで恥ずかしくない表紙を探す方が難しいです。
 というかこれでもかなり抑えた方です。最初はもっとエロ方面で先方が推していたので。
「!」入れておけばとりあえずテンション高く見せられます。


 内容が前作から違ってるのは、ワタシは読んでみないと、購読します。
 22日に22歳になってしまったからには、誕生日祝いの品を兼ねます。
 ぐるるる、祝ってやる。
 えーっと、星見テラセさんがクロノウサギの連載を開始したのはもうちょい若かりし頃でしたよね?
 ワタシも頑張る……ぐるる。
 まだ何もやっちゃないんだぞーっ!

 たぶん誕生日祝いにはそぐわなすぎる話だと思います。
 何はともあれお誕生日おめでとうございます!!!(テンション高く見えるでしょう。真顔です)
 22歳というと、まさにクロノウサギ連載開始時くらいですね。
 ついでに大学在学中。アホ面でまとめブログ見ながらニコ動で草生やしてたと思います。
 創作なんぞやってたら青春時代を便所メシで過ごすことになりますよ。

 何はともあれ、箱庭の鬼の忌憚ない感想お待ちしています。
 そっ閉じにならないことを祈るばかりです。

5 / 11...2345678...»|