返信

返信

ネタバレ注意 : キミはキメラ 箱庭の鬼

Name : tori さん
Title : キミ箱感想

キミ箱、通勤のお供に読破しました。
ブックカバーがなかったので表紙がエロじゃなくて本当に良かったですw
小学生並の感想ですが書かせていただきます。(作品感想に慣れてないので気になるところを突っつくような内容かもしれません)

いやエロじゃなくてもカバーないとダメでしょう。

続きを読む

返信

Name : tori さん
Title : キミ箱無料公開について

絶版になる前に・・・と思いAmazonでキミ箱購入させていただきました。「売れなかった作品」烙印後の購入で申し訳ないです。
とりあえず大友ゆうきさんの絵が格段にレベルアップしてて驚きました。本編はこれからゆっくりと読み進めさせて頂きます。
無料公開については出版社から許可が取れているのなら、あまり気にしなくていいと思います。
販売から時間を置いてネット公開する同人作家もたくさんいますし、既存の読者を大事にしすぎて新規を増やせなくなるのは勿体ないですよ。
貪欲に利を求めて・・・頑張ってください。

続きを読む

返信

Name : しゃふいち さん
Title : 久々のメールです

お久しぶりです。
1年ぶり?くらいですかね。

少し遅れましたが、キミはキメラの小説を買いました。
事前に分かってたつもりでしたが、実際に現物を見るとかなりの厚さに圧倒されました(笑)

続きを読む

返信もどき 岡本真一編集曰く「変人」で「性格の悪い」フリゲ作者

たぶん偽装ツール経由なので、返信というかほぼ独り言。

元担当編集・KADOKAWAエンターブレインホビー書籍部デスク岡本真一氏が言っていた「変人」のフリゲ作者が誰かということですが、直接名前を挙げるつもりはないです。
というか先方にとっては、自分に反する人間全てが「変人」らしいので。

自分のところの編集長のことも変人だのなんだのと扱き下ろしてましたよ。
あとKADOKAWAからやってきた電子書籍推進部隊のことや、
電撃文庫の人たち(アスキーメディアワークス)のことや、
昔仕事をしたKeyの社長のことや、
仲良しらしいPHP研究所で出版した(下の話とは別の)フリゲ作者さんのことも。

打ち合わせの内容は、基本的に悪口と自慢話です。

続きを読む

返信

 ネタバレ注意 : 『キミはキメラ 箱庭の鬼』

 Name : 歌玉 さん
 Title : 小説読みました

>読む前は、ゲームは面白かったけどどうだろう?というのが正直な気持ちでしたが読んだ感想は当たりです、大当たりでした!
 一気読みです(買ったあと忙しくて読み始めるまで時間かかりましたが)。

続きを読む

返信

 Name : 黒霧 さん
 Title : おつかれ様です

>はじめまして!ハンドルネームで失礼します
 キミキメからフリゲにハマった黒霧というものですw
 クロウサギもやって、キミ箱もとても楽しく読ませていだたきました
 自分的にはキミ箱は面白いと思ったのですが、あんまり芳しくないみたいで世の中よくわからないなぁと思っていますw
 兎に角、これからも頑張ってください!!
 次回作楽しみにしてます!

 はじめまして。
 フリゲは過去に名作が溜まっていたりするので、夢現さんのフリゲ大賞とか、超激辛レビューさんとか遡ってみると面白いかもです。

 いやー、自分もキミ箱は面白いと思って書いたんですが、世知辛いですね(汗)
 ネームバリューが足りなかったせいだと言われ、悔しいですけどたぶんそれもあるので、
 気長にコツコツやっていこうと思ってます。

 ありがとうございます。これからも頑張ります。

返信

 Name : 星河祐 さん
 Title : ♪───O(≧∇≦)O────♪

>お久しぶりです。前に実名でメッセしちゃったアホです??
 キミキメの小説版読みました~。
 まさかキミキメの本編(オーガストだったかな?原題)とは思ってませんでした。
 これからも応援しますので頑張ってくださいm(__)m

 お久しぶりです。
 そうです、もともとはオーガスト(仮)ってタイトルでネタ温めてました。
 処女作のクロノウサギよりも前からっていうアレです。
 ありがとうございます、これからも頑張ります。

返信

 Name : kapivara さん
 Title : 感想ではないのですが…

>ついに続編出たんですね!
 楽しみにしてました!
 ですが、予算の都合上まだ購入ができないのが残念です
 まだ購入してなく、申し訳ないのですが、こちらの続編のサウンドノベル版はいつごろ出るでしょうか?
 都合があったら、ぜひ買ってみたいと思います1

 サウンドノベル版を出す予定は無いです。
 出すメリットがなさ過ぎて考えもしなかったです。とにかく今回は小説です。

返信

 ネタバレ注意 : キミはキメラ 箱庭の鬼

 Name : 藍龍 さん

 Title : キミ箱の感想と疑問とかを少々

>先日、キミ箱を買わせていただきました。2年ほど前にキミキメRをプレイして以来、続編を今か今かと待ちわびておりました(笑)

 大体3~4時間程度で読み終わり、総ページ300強もある割にはかなり読みやすいと感じました。

 ありがとうございます。
 もう二年前……。忘れ去られてる感が拭えません(汗)

 やっぱり3~4時間の人多いですね。もうちょっと掛かるかなと予想してましたが。
 ともあれ、読みやすさ重視で書いているので何よりです。


 感想としましては、キミキメRを土台としつつ、主人公を秋山から芹彦に変えたということで、また別に視点から見ることができ新鮮な気持ちで読むことができました。
 ただ、今回の作品はキミキメRの時よりさらにどんよりというか、全体的に重々しいというかドロドロとしているように感じて、心苦しいというかはっきり言うと胸糞悪く感じました…。
 それがこの物語のいいところだと思いますが(笑)

 結局、全員夕子の手の平で踊らされているのですね….。続きが気になるところです。

 主人公変更というよりは、主人公増やしたって感じで考えています。
 元一般人の秋山だけだと、いかんせん奥行きが狭くなってしまうかなと思って。
 かなり冒険した感はあります。前作読了済みの人にとっては、混乱材料になりかねないですし。

 今回はキミキメRより重々しく、胸糞の悪いものを目指しました。
 箱庭の閉塞感とか、怒りとか、嫉妬とか。
 キミキメRはその辺りかなり誤解された気がするので、「ホントはこういうドロドロした話なんだよ」という意味でも、書きたい話でした。
 ただ、こういう話キライな人多いですし、賛否両論度が増してるかもしれません。
 

 さて、疑問というか意見というか、キミ箱の帯を見ると「前作未プレイ問題なし!」とあるのですが、その割にはRの説明が少なすぎるように感じました。
 これは、必要最低限の説明はあるからということでしょうか?
 私としては、前作をプレイした前提で物語が進んでるように感じ、秋山とハマルの関係についての説明がもう少しあったほうがいいのではないかと読んでて思いました。
 まぁ、前作をプレイしていればもっと楽しめるよ!ということだとは思うのですが(笑)

 秋山とハマルの馴れ初めは、説明しないでも大丈夫なレベルだと思ってました。
 キミキメRの展開って、分解するとかなりシンプルというか。
「少女と出会う→仲良くなる→仕組まれていた!→一悶着ある→偽りの逃避行」といった感じで。
 ただ、もうちょっと説明してもよかったかもですね……。
 秋山とハマルの関係というか、「家庭教師と教え子の関係だった」というアピールが少なかった気がします。


 期待を上回る展開で、後半にかけては始終ハラハラドキドキしていました(笑)本当に楽しめましたありがとうございました!
 続編を匂わせるラスト….。続編が出るまでを楽しみに待ちたいと思います。
 駄文失礼しましたm(__)m

 楽しんで頂けたようで何よりです。
 続編は……出せたらいいですね(T_T) 気長にお待ち頂けたらと思いますm(_ _)m
 ご感想ありがとうございました。

返信

 Name : 燐燈 さん
 Title : 「キミはキメラ 箱庭の鬼」感想

>かなりの大ボリュームでページをめくる手が止まらない程、夢中で読む事が出来ました。
「キミはキメラR」同様、狂気的な所がありながらも惹き込まれる世界観が素晴らしかったです。
 登場人物一人一人に魅力や個性があり、様々な個性を持った登場人物同士の絡みが、この物語の良さを引き立てていると思いました。続きも楽しみにしております。
 この様な稚拙な文章ですみません。最後に、この「キミはキメラ」という作品に出会えて良かったです。

 ありがとうございます。Twitterのほうでもご感想ありがとうございました。
 今回かなりのボリュームかつ狂気度も増し増しにしたのですが、楽しんで頂けたようで何よりです。
 また、三人称複数視点ということで、キャラの個性がキミはキメラRより出しやすかったかなと思います。
 続きは、出せたらいいですね(汗) なんとか模索しようと思います。

返信

 ネタバレ注意 : キミはキメラ 箱庭の鬼

 Name : としひろ さん

 Title : キミ箱疑問

>キミ箱読みました。でちょっと分からなかったので疑問書きます。
 キスによってハマルが秋山に与えた女王物質の効果は夕子が言っていますが、芹彦が比奈子に与えた拮抗物質の効果はどんなものなのかと思いました。
 ハマルの場合は、交雑可能な体にする、性フェロモンの受容体を作る、体を頑丈にするなど、相手をハマルのパートナーとして相応しくするために体を作り替える感じだと思います。
 では芹彦の場合は、ハマルと似た感じになると思いますが、頭がよくなったり、蕁麻疹があるのはなんでそうなるのかなと疑問に思いました。

 パートナーの性質を変化させる能力は、キメラのデフォルト能力と考えています。
 キメラは「近縁種との交雑」による繁殖がほぼ必須なので、その準備をする必要があります。

 また個々のキメラに「物質」は存在していて、そこに個性がある感じです。
 なぜ芹彦とハマルで、それぞれのパートナーに対する効果が違うのかというのは、
 単純に「個体差」ないし「性差」と言えるだろうと考えています。
 人間が日常で使用する「薬」なども、使用者の形質によって効果の幅がぜんぜん違いますし、場合によっては副作用が強く表面化します。

 この辺り小説内で説明してもよかったんですが、ちょっと説明くどくなりそうだったので避けました。

返信

 Name : 元春日部市民 さん
 Title : 最高でした。

>キミはキメラの小説版を読み終わりました。
 かなり分厚かったですがサクサク読み進められたので、自分は4時間弱で読み終わりました。
 過激な表現が多くでびっくりしました。とても刺激的で良かったです。
 ところで1つ疑問になったことがあります。それはドラコです。巻末のキャラクター紹介にイラストがあるにも関わらず、あまり作中で触れられていません。
 これは、続きがあるという伏線でしょうか?もしそうなら楽しみです。

 ご感想ありがとうございます。
 今のところ耳にしている分には、割とサクサク読めてる人が多いみたいで安心しました。

 今回は商業ということで、むしろ同人より過激な内容にしてやろうと考えました。先方からも「タブーみたいのは気にしないでOK」と最初の段階で話があり、やりやすかったです。

 続きは売り上げ次第だと思いますが、ネタ帳では色々と蠢いている感じです。
 ドラコは結構キーキャラクターだったりします。
 もし紙の本で出せなくても、いずれ続きは書きたいと思っています。

4 / 111234567...»|