頂いた感想

返信

 >おそらくですが、「続編カモン!!」と声高な人たちの多くは、そこまでは考えていない。失礼な言い方で申し訳ないです。
 自分も続編を希望したクチですが、この人たちとはモチベーションが違うかな
 冬城に従って遠方へ逃げる事となった秋山くんですが、「いつか冬城の思惑の支配下から抜け出してやる」的な事を考えていたと思います(うろ覚えで申し訳ない)
 自分が見てみたいと思ったのは、そんな未来ですね
 あと自分は3人称で重要人物にスポットが当たる形式アリアリだと思いますね
 話を展開させるに当たって秋山くんサイドを中心縛りだと、話を膨らませていくのに苦労しそうだ
 そういう意味でサイドを増やすのは良いんじゃないかなーと思います
 偏った言い方で申し訳ない。「そういう傾向の人が多いんじゃなかろうか」という推論で言った次第です。
 アンケばかりをアテにするのもどうかと思いますが、一日経って45回答あったなかでの「自由路線」と「元々の路線のまま」の希望傾向は、2:1くらいのように見えました。
 自分としてはもっと、「元々の路線のままでオナシャス」な人がずっと多いと思っていました。自分はかなり先入観があるようです。
 秋山くんですが、だいたいそんな感じのラストで間違いないです。
 その「未来への思い」からストーリーを拡げていくのも可能といえば可能かもしれませんが、仰る通り、秋山サイド縛りで話を膨らませるのはなかなか苦労しそうです。
 苦労するというより、「クジョウサイド」や「第三派サイド」などの視点を盛り込んだほうが、ずっと面白くなるのでは、という思いがあります。
 仮にその路線でシナリオを書くとして、でも一応、読者さんからいろいろ聞いてみたかった感じです。
 「読者さんの傾向」をあらかじめ調査しておくことで、そういうのを覚悟しながら書けるかなと思ったんです。
 Androidストアにはけっこうな数のコメントが載ってますが、いかんせんコメントが短く、「その奥」が汲み取りづらいものがありました。
 いざアンケやお便りもらってみると、「俺、先入観かなりあんだな」と強く思いました。
 「○○サイド」という考え方ですか。正直「サイド」という概念を忘れていました。いくつか対立させたり内部抗争をさせると面白そうな気がします。なるほど。

返信

 Name : kiki さん
>星見様。キミはキメラの続編についてファンとして言わせて下さい。
 私はごく最近、星見さんの作品に出会いました。星見さんの作品は全て読ませて頂きました。
 一瞬にして星見作品の虜になってしまいました。それは星見さんの世界観が大好きだからです。
 テンポ良く進んでいくストーリー。登場人物の心情の描き方。要所要所にちりばめられたリアルな場面。
 上手く言えないのですが他の作家さんには感じられなかった特別な「何か」が星見さんの作品にはあるのです。
 キミはキメラに関しては、義文とハマルがその後どんな未来を歩んでいくのか、余韻を残した終わりになっていました。
 もちろん、人によっては、2人はその後どうなつたのか!?2人の続編が見たい!!という人がいるでしょう。
 でも、私は違います。私は2人のその後を自分の中でいろいろ空想しました。どんな空想をしたかは内緒です(笑)
 空想する事で、ますますキミはキメラが好きになりました。
 星見さんのキミはキメラに自分の空想が少しプラスされて、私の中でキミはキメラが完成されたからです。
 もちろんファンとしては、続編が見たいです。でもそれは、必ずしも義文とハマルがメインではなくても良いのでは。と強く思っています。
 なぜなら義文とハマルのストーリーはあれで完成されていると思うからです。だって2人の心情は充分に描かれているじゃないですか。
 いろんなファンがいて、いろんな意見が出てくるのは当然です。こんなこと、星見さんだって充分にわかってらっしゃるとは思うのですが、人間って欲深いから、「もっと」「もっと」ってなるしこれが悪いという事でもないのかも知れないけど、もし仮に義文とハマルがメインのその後を描いたとしても、「物足りない」「自分が思っていた展開と違う」「さらにこの続きが見たい」そんな意見が出てくるのでは?と私は思うのです。
 私が一番恐れているのは、星見さんの世界観が壊れてしまうこと。今回、アンケートとして、私達読者の意見に耳を傾けて頂けるというのはとても有難いことです。でも、一番大切なのは星見さんが描きたいストーリーを紡いでいくということ。やはりこれにつきます。
 私は本当にあなたのファンです。こんな意見もあるのだという事を頭の片隅にでもおいといて下さい。逆に星見さんを悩ませる意見に
なってしまったらごめんなさい。
 偉そうにいろいろとごめんなさい。長文失礼しました。ずっと応援しています。
 勿体ない言葉ばかりでめちゃくちゃ恐縮です。
 続編に関しては、ほんと悩んでいます。
 「あとは読者の想像力に任せ、続編はあえてなくてもいいのでは?」というご意見もたびたび頂き、その通りだと思う部分が強いです。
 自分も秋山とハマルのストーリーは、『キミはキメラ』でほとんど完成されていると思っています。
 別の言い方をすれば、これ以上あまり「伸びしろ」が無い、といった思いです。
 「世界観」についてはまだ含みがありますが、「二人のストーリー」はおおよそあのカタチで満足しています。
 仮に『キミはキメラ』でカタルシスを得てくれた読者さんがいたとして、それと同等か同等以上のカタルシスを、果たして「二人(だけ)のストーリー」の後付けで、与えることができるのか。
 具体的なことを言えば、秋山とハマルにはあれ以上の「伏せられた過去(秘密)」がありません。あと二人に残されているのは、「現在」と「未来」の描写だけです。
 伏せられた過去が無ければ、カタルシスを作るのは難しいと思っています。
 だからこそ個人的なことを言えば、世界観だけ引き継いで、新しい人々を描きたいです。希望というより、そうしないとおそらく「面白くないもの」が出来そうな気がして。
 でももちろん、「キメラ」というものをテーマにしている以上、「女王」であるハマルとそのパートナーである秋山は世界観において重要な人物です。
 しかしこれ以上「ストーリー(人間ドラマ)」のメインラインには置きづらい、という印象です。
 おそらくですが、「続編カモン!!」と声高な人たちの多くは、そこまでは考えていない。失礼な言い方で申し訳ないです。
 「キミキメ面白かった!」→「ハマルかわいい!」→「もっと見てたい!」 的な思考なのかなと。
 その「もっと見てたい!」というのが、非常に曲者だと思っています。
 要求通りを目指しても、全く逆を行っても、ほとんどの人は「大満足!!」とはならない。それが「続編」の常だと思っています。
 「もっと見てたい!」と言いながら、みんな奥底では「真新しいもの」を求めていて、「それ以上」を求めているという矛盾があります。
 その矛盾を解消するのは並大抵のことじゃないと、ある種不可能だとも思っています。
 でもなるべくなら、そういう意見を汲み取りたい。でもなるべくなら、自分の考えを曲げたくない。
 ここまで拡散してしまっては、完全に意見を無視するのは何か違うなと。
 それで先日とある方に「このままじゃ勿体ない」と言われたのをキッカケにして、アンケート設置やご意見募集の旨を書きました。
 どうせ迷うなら、意見をハッキリ聞いてからそれを判断材料にしたほうが生産的なんじゃないかと思ったんです。
 正直言うと、一人で決めるのが怖いからという理由が強いです。
 多くの意見に揉まれることは、非常に辛いし悩ましいことですけど、あまり避けても通れないと思っていまして。
 キミキメのご意見に関しては完全にウェルカムですので、どうかお気になさらず。
 何だかありがたい言葉ばかりでほんと恐縮です。
 ただ自分も人間なので、時には偏った倫理観で人を不快にさせたり、ブレまくったりしますので、あまり期待なさらず…………という予防線を張っておく感じで。
 アンケを設置してから既にいくつか回答があったのですが、思った以上に「自由に書いていいよ」の回答が多くて、さらにはこんな風なお便りも頂いて、少し肩の荷が下りたようです。
 肩の荷を下ろすためにアンケを設置したのとは違うと言い訳させて欲しいところはありますが……。
 とにかく、貴重なご意見ありがとうございます。視野を広げて何とか面白いものを作れたらいいなと思います。

WEB拍手返信

 Name : 寅屋の最中
>いつもマメにブログを更新していて毎日楽しみに読んでいます。
 「キミはキメラR」から星見さんを知った新参者な私ですが非常に面白いノベルゲームでその世界観にどっぶり嵌りました。
 「キミはキメラR」をプレイし終わった後、「クロノウサギ」を徹夜でプレイしました。徹夜をするに値する物語でした。
 タイムトラベル・ループ物は大体同じような話になりがちですけどアンドロイドというスパイスで個性的な作品に仕上がっていました。
 私がいいな~と思った点はハルカの心理描写です。繊細かつ理解しやすい文章で「自分もこんな文章を書けたら・・・」と少し羨ましくなりました。
 「かえると剣鬼」はこれからプレイする予定です。
 最後に。「拡張彼女」、楽しみにしています! 体調に気をつけてください。
 ありがとうございます。垂れ流し系のブログですが、楽しんで頂けたのなら幸いです。
 キミはキメラRを窓口にけっこう別作品もプレイ頂いているようで嬉しいです。
 クロノウサギでの「アンドロイド」は、当初は小さなサブテーマに過ぎなかったんですが、ハルカに思い入れが出てくるとほぼメインテーマみたいな感じになってしまいました。
 でもそれがいくらかウケたようで、何がどう転ぶかわからないとしみじみ。
 かえると剣鬼も楽しんで頂けると幸いです。まだ途中までなので申し訳ないですが。
 拡張彼女はまたちょっと雰囲気の違うものになりそうですが、面白いものが書けたらなと思っています。
 はい、体調には気をつけたいと思います。ありがとうございますっ!

WEB拍手返信

 Name : SIROTUKI さん
>雑記残ってたんですね~てっきり2回くらいサイト移転していたのでその時に消えているのかと思ってました……
 それとブログ読んだんですが「ループもの」大好きです。
 「ループもの」のADVゲームを探している時にクロノウサギに出会えたくらいですから。
 それにループものは確かにヒット作多いですもんね(infinityとかEver17とかABYSS○○クラブとか)。
 でも個人的に思うのはループ物って名作と言われる割にはネタバレが出来ない事が多いので注目浴びるまで長い時間がかかるのかな~とか序盤はずっと同じ内容を繰り返し読む場合が多いので退屈だな~と思います。
 なので個人的にはキミはキメラみたいな作品とかの方がすぐに人気を掴めると思うので人気あげやすいんだろうな~と思います。(ちなみにキミはキメラの方はそこまで好きじゃなかったりします)
 という事で何かの参考になればと思って意見述べてみました。
 はい、残ってました。そのブログに画像ファイルをけっこうアップロードして使っていたので、消すに消せないということもあり……。
 ヒット作多いですよねぇ。リトバス、ひぐらし、まどマギ、シュタゲ、いろいろ。ループものは非常に安定して評価が高いように思えます。
 確かに繰り返しの内容が退屈に思えるのが多いですね。そこをいかにカットして、重要な伏線を残して、みたいなところが大事なのかなと個人的には思ったり。
 いま書いているものにも「ループ」の要素は入っているのですが、全体を彩るようなメインファクターにはなっていない感じで。いつかもう一回ループを大きく使ったもの書きたいですね……。クロノウサギのノウハウとか使って、なんか面白いものを……。
 キミはキメラは確かにあっという間に広がった感じでした。絵師さんに依頼してイラストが良くなったのはもちろんですが、プレイ時間が少ないのと、内容が単純明快だったのが波及に繋がったのかなと個人的には思っています。
 ただやはり、前作のクロノウサギとはジャンルも雰囲気も違ったものだったので、客層がかなり変わってきました。
 クロノウサギを面白かったと言ってくださった方は、総じて「物足りなかった」と意見をくださっているように思えます。
 「どっちがいいんだろう」ということをよく考えてしまうのですが、作者としては悩ましい限りで……。
 作者としては、クロノウサギのほうが力を入れていて、かつ思い入れのある作品です。でも「人気」ということを考えると、やはりキミはキメラが圧倒していて。
 それはイラストを変えれば埋まる差なのか、しかし「長編」と「短編」という違いを見てどちらの「コストパフォーマンス」が優れているか――――そういうことを考えていると、マジで頭が痛くなります。
 はい、ご意見感謝です。こういうのが糧なので、ありがたいです。

WEB拍手返信

 Name : 33歳なのに迷子・・・ さん
>こんばんわ。
 スマホでキミキメR→カエ剣→初めて買ったPCでクロノウサギ・・・と読ませて頂いてます。もちろんHPは一番にお気に入りへ。
 どの作品も引き込まれてしまうなんだか不思議な力があるのは星見さんの腕なんだと思います。
 自分はこの年になって生き方に迷っていろいろ模索してるところです。
 本職に未来はないのがはっきりしてるから副業でネットビジネスでもやるか・・・なんていきなり挫折しそうです。
 雑記で星見さんの葛藤や苦悩を拝見して何かお役に立てるなら力になれればなんて思ったりもしました。
 私自身偉そうなことを言える人間ではないのですがある程度マイペースで進まれるのが一番なのではないでしょうか。
 焦りのプレッシャーもあるとは思いますが、あまり心身をすり減らしすぎないようにしてください。乱文、長文失礼いたしました。
 こんばんわ。
 生き方に悩むというのは、人の向上心の現れなのかなと思っています。
 悩まず生きられたらどんなに楽かと思いますが、なかなか難しいですよね。
 「未来」ということを思うと、自分も不安でたまりません。
 今はあまりに道が多く、人は一生迷子だと思います。その辺りは、歳は関係ないのではないでしょうか。
 「方向」くらいは明確に定めておきたいなと思っているんですが、割と行ったり来たりですね……。
 ありがとうございます。マイペースに進んでいるつもりではあるのですが、気持ちばかりが急いてしまって。何度も自分に言い聞かせようと思います。
 心身すり減らしすぎると言語道断ですよね……。反省しても、なかなか性格が変わらなくて。
 一時期かなり参っていたので、それがまだ癒えていなかったりします。じっくり時間を掛けて、性格うんぬんも直したいものです。
 新作など出ましたら、また読んでくださると幸いです。

4 / 41234