制作日誌

表現規制意識しつつ 124300字(初稿_四章ラスト_78/105)

■ 章・字数・シーン
一章 27700 19
二章 28000 21
三章 26300 19
四章 22700 20 ←イマココ(ラスト)
五章 14500 19
エピ 3400 6

字数はともかく、シーンは進んだか。
構成も大分まとまってきた気がする。

いつ頃完成するんだろうな……φ(゚ д゚ )
あえて考えないようにしてる。計画を立てると、だいたいその通りに行かないから、アバウトな感じで進めてる。計画が頓挫するとモチベが下がる。なら最初から、「フレキシブルにいきまっしょい!」みたいな感じで。

計画通りに事を進めるって、並大抵のことじゃないと思う。
少なくとも健康を犠牲にする。
健康を崩せば、もっと長い時間をロスする(体験済み)。
だからまあ、まったり着実に進めてるくらいが丁度いいんじゃないかと。


表現規制のことを意識しながら書いてる。
それがちょっとメンドクサイ。今回もセクシャルな描写はあるから。しかもKDPガバガバガイドラインがガバガバすぎて基準がわからない。
とりあえず「描かれてる登場人物は全て18歳以上です」みたいな注意書きはしておこうと思う。というか、ガイドラインに最近追記があって、18歳未満と思しき画像を使う場合は、年齢表記を求める場合があるとか。写真に関する記述のようだったけど、一応安全策で。

描写テキストだけで無警告削除するGooglePlayほどは厳しくないと信じたいけど、トラメラ程度の描写でアウトになるんだったら、今後はもう、エロ描写一切ナシの全年齢向け作品だけを作っていくことになると思う。今回はその見極めがしたいのもある。トラメラがアウトだったら、今のキミキメもアウトだろうから、描写を変えないといけない。オナニーやキスの変わりに血でも吸わせるか。
AmazonはGooglePlayよりよっぽど魅力的なマーケットだから、なんとかしがみつきたい。で、多少の安心材料が、「事前審査アリ」「警告アリ」ということ。Googleの何が酷いって、事前審査ナシ(今まで)で無警告削除だから、対策どうこうってレベルじゃない。その点Amazonは、改善次第でしがみつくことが出来るのかなと思う。
まあ、どう転ぶかはわからんけど。

後半章統合 117000字(初稿_四章序盤_64/103シーン)

■ 章・字数・シーン
一章 27700 19
二章 28000 21
三章 26300 19
四章 16400 19 ←イマココ(序盤)
五章 14500 19 六章と統合
エピ 3400 6

五章と六章を統合(仮)。
ぐだぐだ長引かせるのも良くないと思って。
四章・新五章がやや太めになりそう。
前半太いより後半太いほうが気持ち的にはスムーズ? 関係ないか。

一日3~4時間くらい執筆作業。
一章ずつ肉付けしつつ、次章に入るたびにハコガキを俯瞰・構成修正。

117000字(初稿_四章序盤_61/106)

■ 章・字数・シーン
一章 27400 19
二章 28000 21
三章 26300 19
四章 14800 18 ←イマココ(序盤)
五章 8300 11
六章 8800 12
エピ 3400 6

やっと半分終わった印象。
ひたすら削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して削って足して。
四章からはガーーっと行って五章をガッと越えて六章でガーーーって感じ。

やっぱスクリヴナーいいね!
ボツシーンが管理しやすい! 執筆のロスが減る!(速くなるとは言っていない)

字数はキミ箱くらいになるかな。15万字くらい?
紙書籍にしたらかなりの分厚さになるだろうけど、電子書籍だからな。
ページの無駄遣いできるのが電子書籍のいいところ(?)。

カンプキン来た シナリオボリューム 72000字(初稿_13/87シーン)

国税還付金振込通知書

確定申告したのが、三月八日。
国税還付金振込通知書が来たのは、四月二日。ちょうど誕生日。自分の金なのに少し嬉しい錯覚。計算通りの還付金で安心した。


さてシナリオ。

日常描写を意識して、前半を肉付け中。
一章2万字程度、全六章+エピで12万字ちょいを目指す。

でもなぁ、キミ箱は16万字くらいで、すらっと読めたっていう感想が多かったんだよな。こっちが思っている以上に、読者さんは体力があるのかもしれない。
例えばひぐらしとか、展開に対して異様なボリュームだったけど、むしろそれがウケてた感じがあるよな。お得感? 日常重視?

バランス見つつも、多少は緩く考えるか。
電子書籍だし、「厚さ」を気にする必要がないわけで。

初稿_65000字_4/85シーン

一章 14(シーン)
二章 14
三章 12
四章 13
五章 10
六章 10
エピ 5

1シーン2000字以内を目安。
章ボリュームを見つつ適宜調整。

初稿は完成度70%くらいを目指す。
矛盾がないか、最後まで読めるかを気をつける。要するに整合性。
1シーンで粘るより、全体を俯瞰して書き進める。

半落ち模写音読、その他小説音読などで、感覚を整える。
1ポモドーロごとの5分休憩を忠実に。季節の不調が収まるまでは、作業は抑えめにする。

他意識 箱参_五章終盤_83枚

今でもたまにお便りをもらう。
ありがたい限りですな。結局書き手は、読者がいないと成立しないわけで。よくニコニコで「視聴者様は気にしないでいいよ!」「やりたいことやりなよ!」って励ましコメント(?)があるけど、あれは何かズレてる気がする。
他人を意識しつつ、試行錯誤するのが面白いんじゃないの。


さて、シナリオ。




全六章+エピ予定で、五章終盤。
一部シーンを分割、カード枚数が微増。

ネックだった一章~三章が、スクリヴナーのおかげでサックリ決まった。
ただちょっと、中だるみにビビって、日常シーンが少ないような……。「イチャコラがイイんだろ!」って人、意外と多いからなぁ。要検討。

まったりがんばりましょう。

ワイルドストロベリー141日目 ハコガキっていう地道系

2015-03-23 15.16.00

冬の間は小さいままで、プランターをデカくしたらズンッ、窓辺に置いたらズンッ、春先にズンッ、って感じにどんどんデカくなっていった。
もっとデカいプランターが必要かもしれない。


さて、シナリオ。
改めてハコガキの偉大さを感じてる。というか、今までのは「ハコガキモドキ」だった。最近ようやく、本物に近いハコガキになってきたと思う。

ただ、ハコガキを嫌う作家さんは多いらしい。
ハコガキって、設計図をしっかり作る「地道系」の手法だから、「キャラが勝手に動き出す!!」とか言ってる「センス系」の人たちには、好かないものらしい。

自分はハコガキでいいっす。
センス系作法は、出来に納得出来ない時、書き直しがガチでキツい。

計画もほどほどに

ハコガキしつつ、今後の計画を練り続けてる。

個人のリソースは限られてる。
コンテンツ作りに全力――じゃなくて、コンテンツと共に向上していけたらと思う。細く長くやりたいなら、自力を伸ばす必要がある。ギャンブルするつもりはない。



ってか、ちょ~~~~っと、脳内会議に時間掛けすぎか。

考えるのも大切だけど、そればっかりじゃ進まんな!!



スクリーンショット (14)

↑ あとここらへん決めたら、肉付け再開かな。

基礎の毒 ハコガキのやりかた再吟味



『シナリオの基礎技術』を再勉強中。
「応用は別」という意識がないと、毒にもなる本だ。初心者を矯正したいのか、かなり強い決めつけがある。その通りにすれば、量産型クソプロ作家の出来上がりだろう。

しかし改めて読むと、勉強になる。
シナリオは「無意識から有意識を取り出す」作業だと思う。この本では、ふだん無意識にやっている手法を、「毒消し法」だとか「撫ぜ型」だとか、用語として有意識化してくれる。



Scrivenerで箱書き

Scrivenerで箱書き 詳細

ハコガキの方法を再吟味。
ハコごとでザックリ字数制限(200字程度)。シーンタイトル(トップ)、メイン人物(ステータス)、場所と時間(■)、展開箇条書き(○)でわかりやすく。

「定型」と「制約」。

グロー効果? 代書人

謹賀新年s グロー効果無し
謹賀新年グロー グロー効果有り

少し踏み込んだグロー効果 in Photoshop by sayappa on pixiv


正式なグロー効果かは知らない。参考記事ではスクリーンだけど、今回は焼き込みカラーで。仕上げだけでも印象変わるもんだなぁ。


さて、シナリオ。
空前のスクリヴナー(マイ)ブーム。改めてハコ配置を練り直してる。
前までは煩雑さを恐れて、配置変えに及び腰。タイムロスが多かった。今はサクサクだ。「代書人(Scrivener)」という名だけある。本質外の面倒事を引き受けてくれる。

技術やツールばかりが発達して、それを使う人間はウンヌンカンヌン。

Scrivenerに全面移行



使わない理由が無いので、以降はスクリヴナーでハコガキする。というか、これ一本でラストまでいけるレベル。物書きの「これあったらいいな」が大体ある。しかも直感的で使いやすい。

● コルクボード
● 文字カウント
● アウトライン
● 画面分割
● レイアウトカスタマイズ
● アイコン・ピン留めカスタマイズ
● あと何か色々

シナリオ書くの楽しすぎる!!(スピードが上がるとは言っていない)
特に、ネックだったハコガキ作業のストレスフリーっぷりがヤバい。コルクボードで自由自在にシャッフル。シノプシスと本文で分けられてるから、ごちゃごちゃしない!

しばらくスクリヴナーを称賛し続けると思われる。
革命が起きた。

「Scrivener」で箱書きできるか



すげー良さげなツール見つけた。こちらを参考にさせて頂いた。
海外ではかなり有名な物書きツールらしい。英語だけど、まあ感覚で何とか。
一ヶ月無料(実動日数換算)。ライセンス40ドル。ざけんな円安ァッ!!!! 無料期間中に5万字の小説完成させたら無料進呈っていうオモシロ企画やってるそうだが、よくわからないので即行購入。

超高機能でほぼ何でも出来る中、注目したのは「コルクボード」という機能。
これ、箱書きに最適じゃないか? マウス操作で簡単ハコ移動。レイアウトもいろいろ弄くれるし。

これはちょっと、Evernote以来の個人的革命的ツールかもしれない。