制作日誌

これから(仮)

トラメラの対応は徐々に落ちついてきた。
そろそろ次のこと考えなくちゃなーと。

前々から言ってたとおり、次はキミキメシリーズに本腰を入れる。


KDPでしばらく頑張る。
で、よほどムリそうだったら別媒体への引っ越しを考える。
作品のストックを溜めること自体は有意義であると割りきる。
そんな感じで!


トラメラの売上は、まだ一ヶ月も経ってないから何とも言えない。
ただまあ、最初の目標通り、一年で100冊ってのはそこそこ無難っぽい。
「こんな数字でカテゴリ一位とれんのかよ……」って感じだった。
ユーザーの絶対数がまだまだ少ないんですなφ(・ω・ )




近々のぼんやり予定。
『キミはキメラ – 白い檻 -』の年内完成を目指す!(自信ない)

略してキミ白は、要するにキミキメ無印のプラス版。
追加エピソード(補完エピソード)、オマケ要素で付加価値つけていきたい。
サウンドノベルじゃない時点で物足りなさはあるだろうけど、そこはボリュームでなんとか。

■ 仮予定

~9月末 ハコガキ
~10月末 シナリオ
~12月末 イラスト&スクリプト




シリーズ展開のぼんやり予定。
ブギーポップみたいな、「世界観同じでほぼ一話完結のシリーズ」を目指す。
どこから読んでも楽しいし、ぜんぶ読むと深みが増すものというか。

通常のシリーズモノって、どこかがコケた時点で終わりだと思うんだよな。
なるべくギャンブル性は排除するために、個々のストーリーの独立性を高めたい感じ。
「キミはキメラ」ってタイトルは汎用性高いし、「キメラ」のテーマもまだまだ掘り下げられると思うから。



いろいろ考えたけど、個人だし、あんまデッカくは出来ないと思う。
二次創作なんでもウェルカムって感じでもないから、そっち方面の広がりも弱いかと。
ふつうのファンイラストとかは大歓迎なんだけどな。
安易な18禁化とか内容改変とかカップリングの概念とかが、あんまり得意じゃなくて。
あと、こわくて口に出せないだけで、他にもそういうヒトいるだろうから。



ゆっくりでもいいから、なるべく穏やかに畑を広げられればなと思う。
ただ、閉鎖的すぎるのもアレだから、バランスを見つつ。


よっぽど人気でなかったら、それはそれでまた考える(・∀・)

トライメライ公開開始しました!

トライメライ
(Amazonカート)



おかげさまで完成しました。

さっそくDLしてくれた方もいるようで、本当にありがたい限りです。


というか、もう感想も頂きました。
早すぎてビビりました。本当にありがとうございます。
後日、腰を据えてゆっくり返信させて頂きたいと思いますm(_ _)m



予想以上にKDPの審査が早かった……(たぶん二時間以内。正直ありがたい)。


まず頭を冷やします。

進捗ツイートまとめ 作業大詰め

↑ 最近の進捗ツイートまとめ。



わりと作業大詰めです。



今月中にルビ振り全体チェックを終わらせたい!
で、来月頭らへんに全体仕上げ作業と、紹介ページ公開。
雰囲気をみつつAmazonに登録。

紹介ページはシンプルなシングルページで。
あんまり凝ってもしゃーないかなと。

でんでんランディングページ使おうかとも思ったんだけど、なるべく自分のドメイン内で完結させたかった。
妙なこだわりがなければオススメなサービス。






目標:一年で100冊!


自虐でも冗談でも謙遜でもなくて、たぶんそんなもん。
キミキメだけが微妙に知られてるインディーズの無名作家っていう自覚はある。

今のKDP界隈みてても、「やった! 今日は一冊売れたぞ!」みたいなノリというか。
ユーザーの絶対数もまず少ない。

イチローの名言じゃないけど、打率よりも打数目指してがんばります。
6年も10年も四捨五入すればあんまり変わらない。



誰かネームバリューくださいφ(・ω・ )

進捗 Kindle表紙推奨サイズと「黄金比」「白銀比」

スクリプト作業



やっぱ作業感がサウンドノベルに似てる
タグで空行いれたり改ページしたり。

ただ、こっちはオンラインでepub変換しないとだから、時間がかかる。

ちまちまチェック作業しないで、シングルタスクで一気にやったほうがいいかも。
インプットはインプット、アウトプットはアウトプット。




挿画制作



現時点で60枚ほど。
残りはイラスト関係の挿画。
最終的に80枚くらいか?


「フリー素材写真→トリミング→歪み補正→フィルター」って感じでフォトショ加工。
クソコラ技術を駆使することも。

英語サイトって選択肢見つけてから、素材集めはかなり捗ってる。
国内サイトに比べて数がハンパないですわ……。



045

↑ いわゆる「吊された男」のはず。

カスタムシェイプ組み合わせて、パペットワープでぐにゃぐにゃしながら作った。
あと背景素材を重ねた。

タロットカードの良さげなフリー素材が見つからなくて……。

イラストスキルもそうだけど、フォトショスキルも上げなくちゃなぁと思う。



044

↑ 「夢」という漢字に含まれた本来の意味。
こういうのはさすがにフリー素材ないから、自分で作るしかない。


タイポグラフィの勉強もせんとなぁと思う。
覚えることばっかりじゃねえかッ!!




黄金比じゃなく白銀比で



Kindle推奨サイズは1562×2500px(現時点?)。
これは黄金比(1:1.618)に基づいてるそうな。

黄金比って言ったらアレだよ。
なんかこう、ダヴィンチだのなんだの、スゴイらしいやつ。



で、とりあえず自分は、白銀比(1.414)でやることにした。
つまり1767×2500px。



なんかこう、ルールに縛られたくないというか……。

(推奨サイズ勘違いしてて、そっちがほぼ白銀比だったから)
(あと黄金比ってなんか細長すぎというか)
(あと黄金っていうのが何となくウンコを連想する)





まあ正直、おまじないレベルは否めない。


黄金比はただの都市伝説って話もあるそうで。
白銀比が統計的に日本人に好まれるって話はすこし頷いちゃうけど。




これから



今夏中には公開したいッ!!!!


残り作業(たぶん)

イラスト仕上げ
挿画ぜんぶ入れてビューアーテスト
ルビ振り
ひたすら全体仕上げ
登録作業
公開


そろそろ大詰めって感じはしてきたφ(・ω・ )

進捗 でんコン試し 

033

↑ 初期


034

↑ 微調整後


● レイヤー効果に甘えない。
● 顔は大事。
● パッとしないのはそもそものコンセプトが原因かもしれない。
● 一つの絵に時間をかけすぎない。



これで全キャラのイメージイラストが仮決定
トライメライは「主人公+ヒロインズ」のみの非常にシンプルな構成。

残りは立ち絵3枚+ダーク絵3枚。






あと、電子書籍制作ツールの勉強をした。
現状はでんでんコンバーター一択という結論。


Calible、Sigil、一太郎。
アマチュア向けで一通り上がってるのは試した。
で、優先すべきは「手軽さ」「マルチベンダー」「安定感」だと思った。
合致したのはでんでんコンバーターのみだった。

たぶんこれなかったら、電子書籍化諦めてた人めっちゃ多かったと思う。
ONScripterの時も思ったけど、こういうのはほんと、感謝の念しかない。
便利なツールがなければ、自分らみたいのは本当に無力なわけで。


Scrivenerでtxt出力

でんでんコンバーターでepub化

Kindle Previewerでチェック


↑ こんな道筋で考えてる。




でんコンの制限

● アップロードできるファイルの最大数は50ファイル
● ファイル一つあたりの上限は3MB


「挿画有りの小説」ってレベルならこれで十分か。
挿画数の目安にもなるから、逆にいいかなって思ったり。



また、「でんでんマークダウン」っていう特殊な記法が求められる。
でもぜんぜん難しくないので、問題なさそう。

Scrivenerに打ち込んだテキストに、後付けで見出しやルビを入れていけばOKか。

最初epubがエラーって萎えたけど、でんマークで見出しつけたら上手くいった。




電子書籍化の見通し立ったので、絵作業に戻るφ(・ω・ )

進捗

030031032


ひたすら描いてる。

動き

024

動きのある絵、むずかしくね……?

いい加減、苦手意識を薄れさせたいんだけど。


ポーズだけで「これ動いてる!」って表現するのは、自分レベルではムリと判断。
というか、ほとんどの場合ムリなのかな……。
アクション漫画を見ても、エフェクトで誤魔化してるってパターンばかり。

よほど上手い人は、髪や服の流れ・パース・ポーズ・構図だけで動きを表現してる。

絵柄を模索中

022

表紙絵と絵柄を模索中。

とりあえず厚塗りっぽいのにしたい
で、グリザイユ画法でラクしたい



厚塗りってクッソめんどくさいイメージあったんだけど。
グリザイユ画法知ってから、「アニメ塗りよりむしろラクじゃね?」と思った。
いや、状況によるか。



上の絵を表紙にするかは未定。
ひとまずグレスケで留めておいて、別パターンも考えてみる、かも。


表紙で使わなくても、ボツってことではなく。
どっかの挿絵には使えるだろφ(゚ д゚ )

仮デザ案 仮色ラフ

011010009

途中絵をさらすって、心理的にけっこう壁あんな……。
まあ日常的に野グソしてるようなブログだから、諦めろ。


デザインドールに補助線はよさげ。
一回補助線描いちゃえば、そのタグ、他の素体でも使い回せる。
バランスとるのがすっごいラクになる。
ラクであることがイイことかは知らない。
オッパイと顔はあんまりラクできない印象。


立ち絵では視野角とアイレベルを統一。
したほうがいいかな?
とりあえず、視野角40°・アイレベル130㎝で仮統一することにした。
最初、視野角60°くらいで描いてて、足元のパースがきつくなっちゃって。
なんか違和感あったから、視野角は少し低め。

パースの設定項目の中にある[視野角]は絵の印象を変える非常に重要なパラメーターです
作品全体の雰囲気に関わってくる数値ですので吟味されることをお勧めします

主な特徴
・ゲームでは45~60がよく使われます
・イラストでは30以下で表現されることも多くデフォルメされた絵風であるほど値が低い傾向があります
・低い=望遠 高い=広角 と表現されることがあります
・一般のカメラで撮った画像は視野角が低めになります
・値を高くすると迫力のある構図になります

link – デザインドール – カメラの利用方法

↑ とのこと。

ちなみに人間の視野角は、よくわからない。
サイトによって数字がぜんぜん違う。
なんか複雑らしい。
状況によって変わる?
普段集中してる時、46°とかいう記述もあったが。

とりあえず全身鏡を見て、これくらいかなー?って感じで、40°で仮決定。
アイレベル130㎝の具体的な根拠は、ない。
あんまりパースがきつくならない印象まで下げたってだけ。

この辺りの数字、これからの吟味でまた変わってくるかもしれない。

ただのイラストだったらパースきつくてもいいんだけど。
デザインを見る立ち絵だから、フラットな感じにしたかったということ。



とりあえずこのまま、キャラ3人のデザインを練っていく
作業を進めつつノウハウを培っていく感じで。

「自分の絵柄」みたいのは、追い追い。

本書き完了! 138300字_108シーン

■ 6月仮予定

一章 6/7締切 → 6/5
二章 6/13締切 → 6/14
三章 6/19締切 → 6/18
四章 6/25締切 → 6/21
終章+エピ 6/30締切 → 6/25

うっしゃオラ終わったぞコラッ!!!

推敲は、ルビ振りとかスクリプト作業と並行でやっていく。
とにかく、大筋はこれで完成。

「今」書きたいものを書いた。
面白いと思われるかは知らないけど、面白いものを目指した。
これからの作業で、もっと綺麗に整えてやる。
インディーズだからこそ、納得できるところまで、トコトンやる。
まあ、肩に力入りすぎない程度に……(:D)| ̄|_



明日からグラフィック作業に本腰入れる

どういうデイスケジュールにしよっかなー。
まずはそれから考えるか。

締切も想定していこう。

終章入った 完成稿_81/108

■ 6月仮予定

一章 6/7締切 → 6/5
二章 6/13締切 → 6/14
三章 6/19締切 → 6/18
四章 6/25締切 → 6/21
終章+エピ 6/30締切 → イマココ

四章は展開早いせいかサッと終わった。
終章、すこし悩むかも。
展開がやや急すぎる感がある。


まあ来月までにはグラフィック作業入るべφ(・ω・ )
で、そっからが本番だ、個人的に。

結局、ビジュアルだと思うから。
どんな綺麗事言ったって、みんな最初はビジュアルから入る。
そこで先入観が植え付けられて、あとの評価にも繫がってくる。
「耳が孕む~///」なんて人種もいるけど、それは別の話で。


「画も文章もいける人」って認識されるように頑張る。

シナリオだけじゃなくて、もっと総合的に「世界観」を構築したいというか。
漫画家までの話じゃないんだけど……。

トラメラでいろいろ試したい。
クオリティよりも、個性付けの方向で?

四章入った サブタイ仮決め PettyCamera(スクショとるソフト) 63/108シーン

 進捗

一章 6/7締切 → 6/5
二章 6/13締切 → 6/14
三章 6/19締切 → 6/18
四章 6/25締切 → イマココ
終章+エピ 6/30締切


なんとか今月中にシナリオ終わりそう。
たぶん。
推敲は除く。




サブタイ仮決め

『トライメライ – 夢魔のイデア –

って感じで仮決めした。
表紙デザインに入ったら、また悩むかも。

キミ箱からそうしてるけど、今後は「タイトル+サブタイトル」でやっていく。
タイトルは韻を踏む感じで統一
クロノウサギ、キミはキメラ、トライメライ。

かえると剣鬼はいずれタイトルを変えてリメイク。
ここ二・三年、少しずつアイデアを溜めている。
自分なりの「異能系」を、突き詰めていくつもり。

仮。




PettyCamera(スクショとるフリーソフト)

今までスクショとる時は、いちいちプリントスクリーンキーを使ってた。
で、画像編集ソフトで切り抜いて――みたいな。
めちゃくちゃ面倒だった。

「なんかソフトないのかな?」って探したら、余裕であった。
もっと早く探しておけばよかった。

PettyCamera公式

参考記事

かれこれ十年以上愛され続け、60万DL超えとかいうフリーソフト。
シンプル系キャプチャソフトの完成形っぽい。
Windows8でも普通に動いた。
インストール不要、exeファイルのみ。


こういう、作業の手間を省いてくれるソフト大好き(・∀・)