進捗

030031032


ひたすら描いてる。

仮デザ案 仮色ラフ

011010009

途中絵をさらすって、心理的にけっこう壁あんな……。
まあ日常的に野グソしてるようなブログだから、諦めろ。


デザインドールに補助線はよさげ。
一回補助線描いちゃえば、そのタグ、他の素体でも使い回せる。
バランスとるのがすっごいラクになる。
ラクであることがイイことかは知らない。
オッパイと顔はあんまりラクできない印象。


立ち絵では視野角とアイレベルを統一。
したほうがいいかな?
とりあえず、視野角40°・アイレベル130㎝で仮統一することにした。
最初、視野角60°くらいで描いてて、足元のパースがきつくなっちゃって。
なんか違和感あったから、視野角は少し低め。

パースの設定項目の中にある[視野角]は絵の印象を変える非常に重要なパラメーターです
作品全体の雰囲気に関わってくる数値ですので吟味されることをお勧めします

主な特徴
・ゲームでは45~60がよく使われます
・イラストでは30以下で表現されることも多くデフォルメされた絵風であるほど値が低い傾向があります
・低い=望遠 高い=広角 と表現されることがあります
・一般のカメラで撮った画像は視野角が低めになります
・値を高くすると迫力のある構図になります

link – デザインドール – カメラの利用方法

↑ とのこと。

ちなみに人間の視野角は、よくわからない。
サイトによって数字がぜんぜん違う。
なんか複雑らしい。
状況によって変わる?
普段集中してる時、46°とかいう記述もあったが。

とりあえず全身鏡を見て、これくらいかなー?って感じで、40°で仮決定。
アイレベル130㎝の具体的な根拠は、ない。
あんまりパースがきつくならない印象まで下げたってだけ。

この辺りの数字、これからの吟味でまた変わってくるかもしれない。

ただのイラストだったらパースきつくてもいいんだけど。
デザインを見る立ち絵だから、フラットな感じにしたかったということ。



とりあえずこのまま、キャラ3人のデザインを練っていく
作業を進めつつノウハウを培っていく感じで。

「自分の絵柄」みたいのは、追い追い。

クリスタEXにアップグレードした


メモ。
まだ試してない。

ヘタクソなので、せめてツールだけは良くしていくスタイル。

グロー効果? 代書人

謹賀新年s グロー効果無し
謹賀新年グロー グロー効果有り

少し踏み込んだグロー効果 in Photoshop by sayappa on pixiv


正式なグロー効果かは知らない。参考記事ではスクリーンだけど、今回は焼き込みカラーで。仕上げだけでも印象変わるもんだなぁ。


さて、シナリオ。
空前のスクリヴナー(マイ)ブーム。改めてハコ配置を練り直してる。
前までは煩雑さを恐れて、配置変えに及び腰。タイムロスが多かった。今はサクサクだ。「代書人(Scrivener)」という名だけある。本質外の面倒事を引き受けてくれる。

技術やツールばかりが発達して、それを使う人間はウンヌンカンヌン。

小感想レビュー 『ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>』


もっと早く出会いたかったです。

本体価格は925円。
このジャンルとボリュームと密度で、異様な安さだと思います。

長大なテキスト・簡単なラフ画で誤魔化すことなく、1ページ1ページに漫画形式で丁寧な情報が記載されています。
作者の方の熱意を感じました。

内容としてはタイトルの通り、顔の描き方に特化しています。
表紙のデフォルメ調だけでなく、様々な絵柄で描き分けがされていました。

漫画だけでなく、説明図も豊富です。
また、クセの少ない絵柄で、参考にしやすかったです。

 

ロゴ思案中 シナリオ進行中 デザイン勉強中 見出しサイズ変更

【ロゴ思案中】

 タイトルロゴ(クリスタで)

 今更タイトルロゴを考え中。
 ちょっとうるさいかも。「意味もたせたい病」がたびたび発症する。

 もちっと考えてみる。
 こういうのってゴシックのほうがいいんかね。

 デザインセンスは、お察し。

続きを読む

模写練 手の骨・手掌側

 手の骨・手掌側

 末節骨ってチンコっぽくね?

 ということで模写練。
 作業時間カウントしたところ、なんとまあトータル5時間以上も掛かってる。

 石膏デッサンなんかは9時間とか掛かるらしいけど、
 さすがに一パーツのデッサン模写程度にこの時間は掛けすぎだろう。


 なんというか、全体のバランスを整えるまでにすごい時間が掛かる。
 クリスタじゃなくて手書きだったらどんだけ時間掛かるんだ。ぞっとする。

 パッとバランスを掴む練習に、クロッキー(速写)とやらがあるらしい。
 某○十秒ドローイングはやったことがある。イマイチ効果が感じられず断念したけど、今ならもう少し効果的に練習できる?
 まあまずは人体デッサン優先なような気がしないでもない。


 

 とりあえず今の参考書はこれ。


 線をシャカシャカ刻みすぎると、主線が誤魔化されてしまって、なおさら時間掛かるらしい。
 モロにそんな感じなので、無駄な線をなるべく描かないように心がけたい。


 ムリにならない程度にとにかく継続。
 作業の合間に一日一時間(30×2セット)やるかやるないかくらいなら、なんとかいけるか。

 

〈好評既刊〉

模写練 頭蓋骨真横

 頭蓋横模写

 気分転換がてらに模写練。二ヶ月ぶりか。
 前回同じく「見たまま描く」を意識。

 なかなか絵を描くことが習慣として身につかない。
 文章修行と絵修行の両立はかなり厳しいものがある。
 文章は左脳、絵は右脳。使ってる脳味噌がそもそも違う。疲労感の種類も違う?
 両方フルスロットルした時の疲労は本当にヤバい。漫画家はどうかしてる。

 文章修行の一環。そう割り切るべきか。
 両脳の刺激というのは実に必要なことらしい。

 とりあえず気長に継続する。

模写練 頭蓋骨

 頭蓋模写

『脳の右側で描け』という本を読んで、随分と久しぶりに模写練。
 拙いなりにも「見たままのものを描く」を意識した。

『脳の右側で(ry』を読むまで「ネガ・スペース」って考え方知らなかったんだけど、
 けっこう便利なんだな。というか必須な考え方なのか。
 はよちゃんと使えるようになりたい。


 汚い線しか描けないのってどうすればいいんだろうなぁ。
 手書きの字とかも異常に汚い。
 本には「すべての描線に価値があり、優劣の差はない」と書いてあったが、
 それはどのレベルの話なのか。


 普段は文章ばっか書いてるけど、
 たまにはこういう練習もしてみると使ってない脳みそがぴくぴく動く感じがする。

昔の絵 今の絵


 おっさん絵、今昔。

 imamukasi



 左のキャラは、2010年頃に描いた、『クロノウサギ』の星野宗次郎。
 右のキャラは、2013年に描いた、絶賛お蔵入り中の作品のおっさんキャラ。


 しかし、今見るとすごい恥ずかしいな。


 (クロノウサギの男性陣)
 いちらん

                      ↓  ↓  ↓


 (お蔵入り作品の男性陣)
 おとこず


 右の警備員のじいさんは描きかけのまま。

 結局お蔵入りになってしまったけれど、無駄にはなっていないと思っている。
 かなり苦しかった分、いろいろと勉強ができた。
 ただ、やっぱりいつかは、蔵から引っ張り出してやりたいところ。


 文章と絵の両方をやるのは、ものすごく辛い。
 両方やりきってる制作者さんは、ほんとうにすごいと思う。

 

〈スポンサードリンク〉

「小野崎ダン」、仮完成

 小野崎ダン立ち絵22b

 鮫島とホーネットまで描いてきて、髪の塗りに対して身体の塗りがのっぺりしているように感じていた。
 髪には微かにグラデの乗算で陰影をつけていて、その差かなーと思って、顔色レイヤーと身体レイヤーにもグラデ乗算して陰影を微かに追加してみた。
 髪にグラデ掛けてるなら、全体も掛けたほうがやっぱいいっぽい?
 鮫島とホーネットも若干修正。鮫島はもう少し影を足した。
 __________

 アイマスク買ったが鼻が邪魔で光が入りまくる。
 世界が間違っているのか、俺の鼻が間違っているのか。

とりあえず線画まで

 小野崎ダン立ち絵13b

 とりあえず線画まで。
 こういう時にいちいち行程を晒すのは、モチベの維持と気分転換とバランス確認したいから。
 中年のおっさんに萌える素養は無いのでさっさと書き上げたい。
 髪型爆発系男子。ダークナイトのジョーカーっぽい髪型にしたかったけど、なんかそうならなかった。

 _________________

 昨日めっちゃすごい絵描きさん見つけた。
 別格にすごい人を見つけた時の喪失感にも似た感動ってのはなんなんだろう。
 こういう人に限って、多くは語らないんだよなぁ。そこがカッコイイ。知りたいようで知りたくないモヤモヤ。
 多くは語らないっていうのは、自分では不可能なので、余計に憧れるのかもしれない。
 そして別に語るまでもなく知る人ぞ知る評価されている人でした。海外勢も注目してるっていうから面白いわ。

 一目見て「すごい」って思わせるのは、やっぱ映像美でしかあり得ないか。
 畑の違う野菜は美味しく見えます。
 まあ、文章を読むのと絵を見るのと、使ってる脳みそが違うしな。
 文章でしか伝えられないことはたくさんあると思うけど、想像性という意味では、世界観を内包した絵に軍配が上がるのは必至。
 でもやっぱ、知らない世界だから綺麗に見えるんだろう。
 昔は「ゲームの世界いきてー」とか思ってたけど、「人間世界のほうが奥深くね?」ってことに気がついてからは、割と色褪せて見える。
 で、他人の世界に浸るよりも、自分で世界つくったほうが面白いんじゃねって思って、これですわ。

2 / 41234