キミはキメラ

プロット作業

 人に見せるプロットっていうのはどうすればいいんだろうな。
 普段は「自分がわかればいいやメモ」状態で書いていた。

 プロットって、人によってかなり書き方が違うと思う。
 紙っペラ一枚に収まる程度に、起承転結で①~⑤といった感じに分けて書く人もいれば、
 アウトラインプロセッサ機能のあるテキストエディタで、詳細に書き込む人もあり、
 手書きの紙にぐちゃぐちゃ書き込む人もあり、
 エクセルでシーンごとに図表(ある種の形式張ったハコガキ?)みたいに書き込む人もあり、
「プロットなんか書かない。キャラがひとりでに歩き出す」的な人もあり。

 とりあえず起承転結に分けて、箇条書きで書き込んでいくか。
 サウンドノベル版の描写の部分は、プロット上ではある程度省略しても伝わるように思える。
 新しく挿入するシーンについて主に書く。
 今は「見せる」ってのは気にせずごりごり書いちゃったほうがいいかもしれない。

 まあじっくり考えよう。
 プロットをちゃんと煮詰めたほうが、あとあとサクサク書き進められるっていうのはある。

返信

 Name : ロバート・ダウニー・秋山 さん
>先日タブレット端末を購入し、GPよりキミはキメラRをダウンロード、プレイさせて頂きました。とても面白かったのです、私にとって初めてのビジュアルノベルという事もあり、とても思い入れの深い作品になりました。ありがとうございました。
 ところで、続編等の構想はあるのか気になりサイトへ訪れてみたところアンケートや意見の募集もされているとの事ですので、私の希望も1読者の意見として読んでもらえれば、と思いコメントを書き込ませて頂きます。
 私も基本的には作者様と同じ意見で、続編をするのであれば「クジョウサイド」や「第三派サイド」等の外伝的な作品よる物語の広がりがあった方が盛り上がるし、楽しめるのではないかと思うのです、が、そうなると最終的にはそれぞれの伏線をひとつの物語で収束させるような物語も必要になってくるのではないかとも思うのです。
 例えば他の方もコメントされているような「いつか冬城の思惑の支配下から抜け出してやる」未来へと延長していくような・・・。

 作者様の仰るとおり、秋山とハマルには現在と未来しか描ける事はありませんが、真新しい人物で真新しい物語を展開せずとも、キミはキメラに登場した人物でまだ肉付けしていけそうなキャラも少なくはないと思うのです。
 印象的な登場人物で言えば夏川先生と夕子の過去の物語。
 秋山をちょくちょく気遣いながらも、寡黙で身の上話を一切しなかった春原、彼が夕子に心酔するに至った経緯。
 夕子がキメラや生物の進化へ執着する原点となった物語など。
 それと、夕子がハマルの父親であるという事実を、ハマルに打ち明ける場面や、キミはキメラの作中で人間的な一面を垣間見せた夕子の人間らしいところを今後の展開でもっと見てみたいと思っています。
 何というか春原と夕子大好きなので主観入りまくりですね申し訳ないです。

 ただ、言い方があまり良くないかも知れませんが、物語を発展させていく上で、濃いキャラを生かさない手は無いと思うのであります。
 また、登場してすらいませんが個人的にはキメラの軍事利用を考えていた、夕子に相対する人物の物語なんかも見てみたいなと思ったり。
 クジョウの施設内にも派閥とかあったのだろうか?とか、あの夕子の思惑から逸脱した開発に着手しようとしたほどなのだから、きっと夕子と同じくらい計算高くて野心的なんだろうなーとか、施設の火災の起きた後にも何かしら行動を起こしているのだろうか、なんて。
 これに限らず、キミはキメラからの派生の物語を日々妄想してウフフしているのです。
 何というか作者様の力になるどころか、余計に悩ませてしまいそうなコメントになってしまいましたが、それだけ私にとって影響力のある作品でした。
 しかしやはり、作者様自身が楽しめる活動をしていくのが一番だと思います。これからも応援しています。

 サブキャラのエピソードは自分もぜひ書きたいと思ってます。
 ただ、それを本編(続編)とは別に書くというより、本編に組み込んでしまおうかなと考えています。
 「キミはキメラ」は自分の中で本編の「サイドストーリー」的な感じで、「サイドストーリーのサイドストーリー」とやってしまうと、話が個々に分断されすぎてしまわないかと心配で。
 いっそ分断しまくって個々を独立気味にさせてしまうのも面白いかもしれませんが……。

 「夕子」という人物は、世界観設定においてハマル以上に神経質に考えなければならないと思っています。
 春原視点での夕子とのサイドストーリーとかは書けそうなんですが、多視点進行の本編に組み込んだほうが映えないか、などと考えてしまって。
 本編の主人公が夕子の息子の予定なので、そこで一気に夕子について語ってしまったほうがスッキリするかなとも思ったり。
 ちょっと春原と夕子の話は割とキツい切ない系になりそうなので、それ単体で書けるか精神力に不安もあるといいますか(汗)
 分家の夏川については、夕子の話を拡げる上で書けそうですね。

 キメラを軍事利用しようとしていた人物については、本編にて出そうと思っています。
 ……なんか思わせぶりなことばっかり書いて申し訳ないのですが。あまり期待しないでくださいませ。
 家族とか兄弟姉妹とかがテーマになりそうなので、「お家騒動」的な感じでドロドロしたものが書けたらなと。
 どこもかしこも親族ばかりの「クジョウの村社会」的なものを――――ってこれ需要あるかわからないんですが。

 うーん、なんか早く本編を書きたくなってきました。感想いただくといつもこんな感じで。
 今は予定が立て込んでて厳しいんですが、制作中のものを片付けて、落ち着いたら書き始めたいですね。

 ご感想ご意見ありがとうございます。楽しんで頂けたようで何よりでした。こればっかりが制作の糧です。
 続編ないし本編が皆さんの好みに合うかは不安なのですが、少なくとも自分が面白いと思うものを書けたらなと思っています。

ハマル全身絵

 

 上のリンク先はpixivです。
 キミはキメラRのイラストを担当してくださった大友ゆうきさんがご厚意でハマルの全身絵を描いてくださいました。
 めっちゃくちゃ可愛い。自分がお願いしたネズミシューズもあんなに可愛らしく。
 たびたびハマルのイラストのリクエストを貰うそうで、大友さんにはご迷惑お掛けしています……。

 大友ゆうきさん冬コミ当選されたようです。
 二日目の東チ-52a
 コミケ行く予定で大友ゆうきさんの絵が好きな方はぜひ!!!
 ジャンルは東方18禁。新刊はレミ咲とのことです。

靴のデザインとか考えたことない

 キミはキメラRのイラストを担当してくださった大友ゆうきさんからメールが来まして、
 なんでもハマルの全身図についてよく質問を受けるから、ズボンから下のデザインを教えてほしいとのことで。

 靴とか考えてないよ……。
 立ち絵がせいぜい膝くらいまでだから、そこまでしかいつも描いてない。
 「靴の描き方」みたいのを勉強するのが面倒くさくて、靴まで描いたことなんてどれくらいあるだろうか。
 いっつも裸足しか描いてないよ。
 でもなんとなくのイメージくらいはあったので、それをメールに書いておいた。

 上の画像は、気にしない方向で。ダサすぎて泣ける。
 ハマルの靴のイメージとしては、「くるぶしソックス」で「マジックテープ式の子供っぽいスニーカー」というもの。
 とりあえずそれだけ伝えておいた……。一応画像も添付したけど、あんまり参考にしないでくださいと注意書き。
 配色とかもあんま時間掛けて考えられなかったので、何か他にアイデアがあればぜひにと。

 そうかぁ……あらかじめ全身図は描いておくべきかぁ……。

返信

 >おそらくですが、「続編カモン!!」と声高な人たちの多くは、そこまでは考えていない。失礼な言い方で申し訳ないです。
 自分も続編を希望したクチですが、この人たちとはモチベーションが違うかな
 冬城に従って遠方へ逃げる事となった秋山くんですが、「いつか冬城の思惑の支配下から抜け出してやる」的な事を考えていたと思います(うろ覚えで申し訳ない)
 自分が見てみたいと思ったのは、そんな未来ですね
 あと自分は3人称で重要人物にスポットが当たる形式アリアリだと思いますね
 話を展開させるに当たって秋山くんサイドを中心縛りだと、話を膨らませていくのに苦労しそうだ
 そういう意味でサイドを増やすのは良いんじゃないかなーと思います
 偏った言い方で申し訳ない。「そういう傾向の人が多いんじゃなかろうか」という推論で言った次第です。
 アンケばかりをアテにするのもどうかと思いますが、一日経って45回答あったなかでの「自由路線」と「元々の路線のまま」の希望傾向は、2:1くらいのように見えました。
 自分としてはもっと、「元々の路線のままでオナシャス」な人がずっと多いと思っていました。自分はかなり先入観があるようです。
 秋山くんですが、だいたいそんな感じのラストで間違いないです。
 その「未来への思い」からストーリーを拡げていくのも可能といえば可能かもしれませんが、仰る通り、秋山サイド縛りで話を膨らませるのはなかなか苦労しそうです。
 苦労するというより、「クジョウサイド」や「第三派サイド」などの視点を盛り込んだほうが、ずっと面白くなるのでは、という思いがあります。
 仮にその路線でシナリオを書くとして、でも一応、読者さんからいろいろ聞いてみたかった感じです。
 「読者さんの傾向」をあらかじめ調査しておくことで、そういうのを覚悟しながら書けるかなと思ったんです。
 Androidストアにはけっこうな数のコメントが載ってますが、いかんせんコメントが短く、「その奥」が汲み取りづらいものがありました。
 いざアンケやお便りもらってみると、「俺、先入観かなりあんだな」と強く思いました。
 「○○サイド」という考え方ですか。正直「サイド」という概念を忘れていました。いくつか対立させたり内部抗争をさせると面白そうな気がします。なるほど。

返信

 Name : kiki さん
>星見様。キミはキメラの続編についてファンとして言わせて下さい。
 私はごく最近、星見さんの作品に出会いました。星見さんの作品は全て読ませて頂きました。
 一瞬にして星見作品の虜になってしまいました。それは星見さんの世界観が大好きだからです。
 テンポ良く進んでいくストーリー。登場人物の心情の描き方。要所要所にちりばめられたリアルな場面。
 上手く言えないのですが他の作家さんには感じられなかった特別な「何か」が星見さんの作品にはあるのです。
 キミはキメラに関しては、義文とハマルがその後どんな未来を歩んでいくのか、余韻を残した終わりになっていました。
 もちろん、人によっては、2人はその後どうなつたのか!?2人の続編が見たい!!という人がいるでしょう。
 でも、私は違います。私は2人のその後を自分の中でいろいろ空想しました。どんな空想をしたかは内緒です(笑)
 空想する事で、ますますキミはキメラが好きになりました。
 星見さんのキミはキメラに自分の空想が少しプラスされて、私の中でキミはキメラが完成されたからです。
 もちろんファンとしては、続編が見たいです。でもそれは、必ずしも義文とハマルがメインではなくても良いのでは。と強く思っています。
 なぜなら義文とハマルのストーリーはあれで完成されていると思うからです。だって2人の心情は充分に描かれているじゃないですか。
 いろんなファンがいて、いろんな意見が出てくるのは当然です。こんなこと、星見さんだって充分にわかってらっしゃるとは思うのですが、人間って欲深いから、「もっと」「もっと」ってなるしこれが悪いという事でもないのかも知れないけど、もし仮に義文とハマルがメインのその後を描いたとしても、「物足りない」「自分が思っていた展開と違う」「さらにこの続きが見たい」そんな意見が出てくるのでは?と私は思うのです。
 私が一番恐れているのは、星見さんの世界観が壊れてしまうこと。今回、アンケートとして、私達読者の意見に耳を傾けて頂けるというのはとても有難いことです。でも、一番大切なのは星見さんが描きたいストーリーを紡いでいくということ。やはりこれにつきます。
 私は本当にあなたのファンです。こんな意見もあるのだという事を頭の片隅にでもおいといて下さい。逆に星見さんを悩ませる意見に
なってしまったらごめんなさい。
 偉そうにいろいろとごめんなさい。長文失礼しました。ずっと応援しています。
 勿体ない言葉ばかりでめちゃくちゃ恐縮です。
 続編に関しては、ほんと悩んでいます。
 「あとは読者の想像力に任せ、続編はあえてなくてもいいのでは?」というご意見もたびたび頂き、その通りだと思う部分が強いです。
 自分も秋山とハマルのストーリーは、『キミはキメラ』でほとんど完成されていると思っています。
 別の言い方をすれば、これ以上あまり「伸びしろ」が無い、といった思いです。
 「世界観」についてはまだ含みがありますが、「二人のストーリー」はおおよそあのカタチで満足しています。
 仮に『キミはキメラ』でカタルシスを得てくれた読者さんがいたとして、それと同等か同等以上のカタルシスを、果たして「二人(だけ)のストーリー」の後付けで、与えることができるのか。
 具体的なことを言えば、秋山とハマルにはあれ以上の「伏せられた過去(秘密)」がありません。あと二人に残されているのは、「現在」と「未来」の描写だけです。
 伏せられた過去が無ければ、カタルシスを作るのは難しいと思っています。
 だからこそ個人的なことを言えば、世界観だけ引き継いで、新しい人々を描きたいです。希望というより、そうしないとおそらく「面白くないもの」が出来そうな気がして。
 でももちろん、「キメラ」というものをテーマにしている以上、「女王」であるハマルとそのパートナーである秋山は世界観において重要な人物です。
 しかしこれ以上「ストーリー(人間ドラマ)」のメインラインには置きづらい、という印象です。
 おそらくですが、「続編カモン!!」と声高な人たちの多くは、そこまでは考えていない。失礼な言い方で申し訳ないです。
 「キミキメ面白かった!」→「ハマルかわいい!」→「もっと見てたい!」 的な思考なのかなと。
 その「もっと見てたい!」というのが、非常に曲者だと思っています。
 要求通りを目指しても、全く逆を行っても、ほとんどの人は「大満足!!」とはならない。それが「続編」の常だと思っています。
 「もっと見てたい!」と言いながら、みんな奥底では「真新しいもの」を求めていて、「それ以上」を求めているという矛盾があります。
 その矛盾を解消するのは並大抵のことじゃないと、ある種不可能だとも思っています。
 でもなるべくなら、そういう意見を汲み取りたい。でもなるべくなら、自分の考えを曲げたくない。
 ここまで拡散してしまっては、完全に意見を無視するのは何か違うなと。
 それで先日とある方に「このままじゃ勿体ない」と言われたのをキッカケにして、アンケート設置やご意見募集の旨を書きました。
 どうせ迷うなら、意見をハッキリ聞いてからそれを判断材料にしたほうが生産的なんじゃないかと思ったんです。
 正直言うと、一人で決めるのが怖いからという理由が強いです。
 多くの意見に揉まれることは、非常に辛いし悩ましいことですけど、あまり避けても通れないと思っていまして。
 キミキメのご意見に関しては完全にウェルカムですので、どうかお気になさらず。
 何だかありがたい言葉ばかりでほんと恐縮です。
 ただ自分も人間なので、時には偏った倫理観で人を不快にさせたり、ブレまくったりしますので、あまり期待なさらず…………という予防線を張っておく感じで。
 アンケを設置してから既にいくつか回答があったのですが、思った以上に「自由に書いていいよ」の回答が多くて、さらにはこんな風なお便りも頂いて、少し肩の荷が下りたようです。
 肩の荷を下ろすためにアンケを設置したのとは違うと言い訳させて欲しいところはありますが……。
 とにかく、貴重なご意見ありがとうございます。視野を広げて何とか面白いものを作れたらいいなと思います。

6 / 6123456