雑記など

今使ってるWordPressプラグイン

 WordPressを使ってサイトリニューアルして一週間程度。
 いろいろプラグイン試して、そろそろ使うものが決まってきたように思える。
 以下、いま使っているプラグイン。おすすめというか、割とスタンダードというか。
 今後もいろいろ試していくと思う。

【Akismet】
 詳しくは調べていないけど、コメントやスパムからブログを保護するものらしい。
 とはいえうちのサイトはコメント機能入れてない。
 他のプラグインを入れるためにWordPress本家で登録することになったので、ついでにとりあえず入れた。

【Category Order】
 ドラッグ&ドロップでカテゴリーの並び替えが出来る超便利なプラグイン。
 これはたぶん必須。

【Enhanced Categories】
 カテゴリーをクリックで開いたり閉じたりできるようにするプラグイン。
 なんとなく見た目と挙動が好きだったので入れてみた。
 初期で閉じた状態にもできるし、アイコンの画像も自分で変更できる。

【FeedLogger】
 フィードの購読者数を管理画面で確認できるプラグイン。
 こんなサイトですが5人もフィードに入れてくれている人が……。最近更新しまくっててごめん。
 ちなみにフィードは「購読」とか言うけど、お金とか発生しないかんね。日本語訳が間違ってる気がするんだよなぁ。

【Google XML Sitemaps】
 超簡単にGoogleのサイトマップを作成してくれるプラグイン。
 その上、たしか自動更新してくれる。たぶん必須。

【Jetpack】
 スマホで出てくる広告がうざいので忍者アクセス解析に変わるものを探していたら、教えて頂いた。
 このプラグインはいくつかの機能があるんだけど、その中のアクセス解析がマジでいい。
 いまはこのアクセス解析だけでほとんど賄えている。非常に見やすい。

【PHP Text Widget】
 ウィジェットのテキストエリアにPHPを使えるようにできるプラグイン。
 自分は検索欄を作るために使用した。いろいろ応用が利くプラグインなんじゃないだろうか。

【Search Everything】
 サイト内検索の際、検索ワードがハイライトされるようにするために使用した。
 他にもいろいろサイト内検索の機能を拡張できる。

【StatPress Reloaded】
 アクセス解析その2。こっちはサブ。
 Jetpackのアクセス解析だとOSとブラウザの種類がわからないので、気になった時はこっちで見るようにしている。
 ちなみに、Googleアナリティクスは設置しておくだけでSEOに効果があるという噂があるので、とりあえずそれも入れてある。

【WP-Amazon】
 記事投稿画面で、ワンボタンでアマゾンの商品を記事に貼り付けられるようにするプラグイン。
 ただ、公式と違って値段などは表示されない。
 あと初期設定でいろいろアマゾンからAPIキー?とかいうものを取得しないといけないので、やや面倒だった。
 でも画像リンクだけ使いたい時とかは便利だと思う。

【WP Tweet Button】
 記事にツイートボタンを設置するために使用した。
 トップ画面では見えないようにするとか、記事の最初に設置か後に設置かはたまた両方かとか、ある程度設定できる。
 ツイートボタンは無いよりマシだろうということで、一応設置してある。ただ、デザイン的に邪魔に思えるので、トップ画面では表示されないように設定している。

WEB拍手返信

 Name : (´・ω・) さん
>どうも~サイトリニューアルGJです!
 唐突ですが最近思う事が一次創作の素晴らしさ…
 設定等がある程度決まっている二次物とは違い一から自分で制作する労力
 そして二次物が目立ちやすい今こうしてオリジナルの作品を作れる根気
 コミケの記事を見て改めて思ったのですがやはり自分で世界を創り出せている人は凄いなと…
 テラセさんを含め一次創作に励む方々に頑張ってもらいたいと思います
 …新作「拡張彼女」
 お体に気をつけてお作りください
 楽しみに待たせて頂きます(`・ω・´)
 励みにもならない長文で申し訳ないm(_ _)m
 ありがとうございます。少しは見やすくなったのならいいのですが。
 一次創作は良いですよね。正直なところ、自分は二次より一次のほうが好きです。
 仰るとおり、参考にする作品はあれど世界観の構築はほぼ一から始まるわけで、一次創作は二次創作とはまた違った作り方、楽しみ方になってくると思います。
 二次創作は「作ってる側と見る側が一緒になって楽しむ」という「お祭り」のような毛色が強いコンテンツだと思っています。
 一方で一次創作は、「作ってる側の世界を、見る側の人に楽しんでもらう」という、「より相手方を意識したエンターテイメント」の毛色が強いコンテンツだと思っています。
 同人界は「二次創作があるからこそ」の世界ですが、せっかく「縛り」の薄い世界なので、一次創作も可能性のある世界だと思うんですよね。
 「良い一次創作が出たら、良い二次創作がそれを支える」、そういう関係がいろんな場所で生まれるといいなぁと。
 なかなか「同人の一次創作」で二次創作組に波及していくものは少ないんですけどね(´・ω・
)
 二次創作は「お祭り」なので、人が多くないと寄りつかないので……。
 こちらとしては長文はウェルカムですよ(・∀・)
 はい、拡張彼女の制作、頑張りたいと思います。身体に気をつけつつ。

「レビューご自由にシール」

 こんなものをなんとなく作ってみた。作品紹介ページの下あたりに貼っつける。
 ごくたまにレビュー許諾の連絡を頂くのだけど、面倒おかけして申し訳なく思い。
 あと、あらかじめ「報告不要」と明記しておくことで、作者の影を気にせず自由に感想を書いて頂けるかなと思った。
 レビューなんてそもそも自由に書くべきことだし。そうでなければただの宣伝だ。
 また、ゲーム内スクショの使用を許可することで、紹介がしやすいと思う。
 何かを紹介するってのは、活字だけだと致命的だと思うんだよ。
 この画像一枚でレビュー数がぽんと増えるなんて甘い考えは持っていないけれど、無いよりマシなんじゃないだろうか。

 「あ、このゲームのことちょっとブログで書きたいな」って思ったとき、「でも……許可とかめんどくさいよな……」って思って尻込みしてしまう人はけっこういると思う。
 私です(^q^)
 こういう風に「緩い」感じにしておくと、同人ゲーム界全体にとっても良いことのような気がする。
 「実況OK」とかでもいいし。
 まあみんな難しく考えずに「暗黙の了解」でそこらへん自由になっている感じだけど。

 「あー、レビューでネタバレしてもらいたくねーなー」なんて思っている制作者は、ほとんどいないと思う。
 多くは「誰かレビューしてくれないかなー」って思ってるわけで。
 喉から手が出るほどにレビュアーの数が欲しいはずだ。
 だからこういう小さな部分でも、「緩い」感じを見せておくといいんじゃないだろうか。
 「同人」のいいところってそもそもそういうところだと思うし。

 せっかくサイトをブログ化して記事カテゴリとかも管理できるようになったので、ぼちぼち余所様の作品の感想を書こうかなと思ってる。
 許可はとらない。報告もしない。怒られたら取り下げる。
 「面白い」とか「つまならい」とかいう言葉は使わず、点数もつけない。
 ただの「感想」を書こうと思う。ただ、ネタバレ全開。
 以前うちの作品の感想を書いてくださった方がいて、その方は作品の最初から最後までの場面場面で感じたこと思ったことをただひたすらつらつら書いていらっしゃった。
 作者としては、それがすごくためになった。「ああ、ここでこんなことを思ったんだ」って。そんな感じで書いてみようと思う。
 ネタバレについては「ネタバレ注意」って書いて「この記事の続きを読む」機能を使えば大丈夫だろう。
 第三者がそれを読んで果たしてそのゲームをプレイする気になるのだろうかという部分は、よく考えていかないといけないかもしれない。でもあんまり気にしない予定。

コミティア101行ってきました(18禁注意)

 18禁注意。

 コミティア101行ってきました。
 コミティアっていうのは一次創作限定で年4回行われる同人即売会のこと。
 一次創作はなんか「お互いがんまりませう」的な感覚でついついたくさん買ってしまう。
 同人ノベル系のサイトはけっこう調べているつもりだけど、まだまだ知らないサークルさんがいっぱいいて。

 以下、戦利品とか。
 ふつうにエロいものとか買っているので苦手な人は注意。
 18禁モノにはモザイクかけようかと思ったけど、なんか違うような気がしてかけてません。作った人に失礼だしな。

コミティア101 戦利品

 いいなーと思ったエロ同人紙を手に取ってみたら男の娘モノで、それを二回繰り返して両方買ったとさ。いかん性癖がバレる。

 あとはキミはキメラRのイラストを書いてくださった大友ゆうきさんがキャラクターデザインをされた18禁ノベルゲームがあって、それを購入。

 基本的にジャケ買いとジャンル買い。
 買ったノベルは、SF、ミステリー、サスペンス、異能伝奇といった好きなジャンルばかり。
 あとはなんとなく目に付いた音楽CDを二枚購入。インポートしてまったり聞く。

 あとはK,Kanehiraさんの画集。
 この人の描く背景すごく好きなんだよね。

 こうして前に買ったペーパーを壁に貼り付けてよく眺めてる。

 いやー、けっこう買ってしまった。こんなに買うつもりはなかったんだが。
 コミティアの何が良いって、一次創作限定ってことだよなぁ。
 いつか参加したいと思うんだけど、なかなかね。

ラストのメド立った & 拡張彼女の登場人物(仮?)

 拡張彼女を書き書き中。現在40000字。
 ラストの展開を悩んでいたけど、ようやくメドが立った。
 もう一展開加えようかと初めは思ってたんだけど、展開を変えることでその必要はなくなった。
 これでプロットの迷いがほぼ無くなったので、ゴリゴリ書いていく。もう書き直しなんて絶対しないかんな。
 シーン数は60~70くらいになるだろうか。
 目標字数は100000字だけど、もしかしたら+20000くらは行くかもしれない。
 俺は展開早いと受け取られることが多いようなので、気持ち多めに話を詰めたほうがいいんだろうか。

 今回設定がいろいろあってややこしい。かなりややこしい。
 設定に深入りしていくとストーリーから脱線しそうで、深入りしなかったら設定構築した意味が薄れてしまう。
 あんま説明をだらだら書く話は好きじゃない。
 なるべくメインに絡めて自然な感じにしたい。
 絡められなかったらサラっと流していつかに生かす。

 以下、『拡張彼女』の登場人物暫定。ネタバレだけど、まあ、いいよね。
 たぶんキャラ設定はもう変わらないはず。微々たる変化はあるかもだけど。
________________________

【白谷真人(しろたにまこと)】
 主人公。若き研究者。
 15年前に起きた「帝都大三十人殺し」で大学准教授の母を亡くした。
 帝都大三十人殺しの犯人「鮫島悠人」は「電人」であり、そのことや母へのコンプレックスを理由に白谷は電人研究の道に入った。
 電人とは「電脳化」済みの人間のこと。電脳化とはMEMS(マイクロマシン)を直接脳に注入する技術のことで、脳障害の治療以外にも様々な副次効果が得られるという。
 電人本人の意図しない異常行動が予てより問題視されており、鮫島は犯行を否認している。
 非常に真面目で冷たい印象。真理のためなら労力や危険を厭わない。
 相方のアシストロイド「シャンティ」を帝都大から買い取る際に教授陣と揉め、大学を去らざるを得ない状況に。
 そんな時に「アシハラジオフロント」の国営科学研究所(通称「ジオラボ」)に招かれ、新天地で電人研究を進めることになった。
 電人を憎んでいるが、本人も研究のために13%だけ電脳化している。
 釣りが趣味。

【シャンティ】
 白谷のパートナーである女性型アシストロイド。メイド服。
 非常に落ち着いていて感情表現は乏しい。
 掃除が趣味。

【小野崎カナエ(おのざきかなえ)】
 白谷を招いた理事長「小野崎ダン」の娘。16歳。100%の電人。
 病気を理由に学校へは通わず。しかし褐色の健康体にしか見えない。
 小野崎ダンから半ば押し付けられるカタチで、アシスタントとして部下になる。
 非常に無愛想で、加えて電人を嫌う白谷とは折り合いが悪い。
 格闘ゲームが趣味。

【イノリ】
 白谷の前に現れる「幽霊少女」。
 自分の姿が見える白谷にベタベタと纏わり付く。
 カナエを激しく敵視している。
 動物園を回るのが趣味。

【小野崎ダン】
 カナエの父にしてジオラボのエレクトロニクス分野の理事長。
 電人研究の第一人者。
 植物を育てるのが趣味。

【鮫島悠人(さめじまゆうと)】
 15年前の「帝都大三十人殺し」の犯人。
 本人は犯行を否認している。
 その電脳には特異性が見られる。
 死刑が確定しているが、十五年経った今でも刑は執行されていない。
 「誰かに操られた」と主張している。
 電脳を研ぎ澄ませるのが趣味。

カメ五郎さんの新作キター & 雑記

 カメ五郎さんの新作キテルー。久しぶりやがな。
 相変わらず安定して面白い。なんか落ち着く。
 しばらく見てなかったなぁと思ったら、自分のテレビ番組をお持ちになられていたのか。
 全国8局で放送開始した『今夜野宿になりまして』という番組。
 相方はアンタッチャブルの柴田さんだって。なんかそれでちょっと叩かれてたみたいね。
 知識が半端ないし教養もあるので「野生のNHK」とかいろいろ言われていたけど、まさか自分の番組持つとは。
 TVKでもやってるらしい。しかし最近テレビ見ないからな……。早く最新の録画機が欲しい。
 もう多摩川自給自足生活2年前なのかぁ。

 ↑ 2年前の多摩川自給自足生活。

 ↑ 去年の新島自給自足生活。

 面白いよ。
 カエルとかヘビの調理シーンは怖いので飛ばしてしまうけど……。
 ______________________________

 拡張彼女書いてるよ。
 38000字。今日は3000字ほど。
 プロットを最初から見つつ、細かくシーンを追加している。
 プロットからハコガキの段階へ。
 現在シーン数は50ほど。あと10くらいは増えるかなと思っている。どうだろう。
 ヒロイン同士の絡みがあんま無いなと思い、ちょいちょい足していっている。
 主人公の一視点だから他キャラ同士の絡みってのは書きづらいんだけど、でもあったほうがいい気がする。
 あとは、ラストへの伏線をもう一箇所どこかに貼れないものかと悩んでいる。
 もう一箇所くらいあれば、すんなり受け入れられる気もするんだが。
 ラストが説明ばっかりになるのは避けたい。
 それを避けるには、前もってある程度主人公に事実を知らせておかなくちゃならない。
 しっかし、ちょっと煮え切らないラストかもな。
 「盛り上がる!」ってところで「はいダメー。落ち着いて話を聞いてちょ」っていう展開だから。

 うーん、もう一展開用意するべきなんだろうなぁ。
 もうちょっとだけ、プロット考えるかな……。

「痔のおはなし」

 今日、肛門科行ってきた。
 ずいぶん前から切れ痔だってのは自覚してたんだけど、最近になって結構な鮮血が出てしまって。
 幸い「赤黒い」みたいな、大腸ガンとか臭わせるものではなく、真っ赤だった。
 大腸ガンのリスクは40代くらいかららしい。だからあんまり心配はしていなかったけど、ナントカ性腸炎?みたいな危険性もあるみたいなことを聞いたので、一応肛門科行くかーってな感じですた。
 そりゃ抵抗あったけど、いい加減ハッキリさせておきたかった。
 診察台に横に寝て、膝までズボンとパンツさげて、局部は一応タオルで隠してもらえた。「シムス体位」と呼ばれるものらしい。
 で、指突っ込まれて診察。痛かった。
 診察自体はあっという間に終わった。内視鏡とかやるかと思ってたんだけど、ホッとした。

 やっぱり切れ痔とのこと。
 切れ痔は軽度とか重度とか無いらしい。
 とりあえず患部がかなり固くなっていたので、ずいぶん前から切れ痔だったんだろうと。
 それで2週間分注入するタイプの薬もらって、あと「痔のおはなし」っていうパンフもらって帰った。
 痔になる動物は人間だけなんだって。へーー。おしりが心臓よりも低い位置にあるから鬱血しやすいらしいよ。

 パンフ「痔のおはなし」によれば、痔の予防のコツは以下の七つ。
・毎日風呂に入る
・おしりを清潔にする
・便秘、下痢に注意
・トイレで息まない
・腰を冷やさない
・座りっぱなしにしない
・酒、からし、胡椒などの刺激物は控えめに
 とのこと。
 毎日風呂には入ってるけど、湯船には浸かってないんだよね……。
 おしりは清潔のはず。ウォシュレットしてます。
 便秘と下痢が、けっこうある。そもそも下痢体質で。
 トイレで力むのは、たぶん人並み程度。
 冷え性ではない。
 座りっぱなし……。まあ、これだよな。一日中座って作業してっから。
 刺激物はあんま食べてない。

 まあ要するに、適度に運動しろってこったな。
 とはいえバリバリ運動やってた学生時代から痛みや血が出ることはあったので、たぶん下痢とか便秘の体質もでかいんだろうなぁ……。
 痛みが出たらボラギノールするか。
 痔ってのは物書きの職業病だと思うので、半ば諦めている。
 でも運動不足なのは間違いないので、適度に散歩する。
 最近散歩増やしてたつもりなんだけどなぁ……。便器が真っ赤だったのは焦った。

近況把握 短期計画を立ててみるテスト

 俺は予定や計画を具体的に立てるのが嫌いです。
 それは何故かというと、計画が狂うことが大嫌いだから。
 「計画狂うのイヤ!」→「なら最初から計画立てなきゃいいじゃない」
 というどうしようもない思考の結果。
 予定が狂うと激しくイライラしてしまい、むしろそれでモチベーションが下がってしまうことがある。
 ただ最近思ったのは、「いつまでもそれでいいんけ?」ということで。
 まあ普段から漠然と予定は立てているんだけど、漠然なもんで。

 まず、『かえると剣鬼 第四幕』を休止しているということがある。
 なぜ休止しているかという言い訳をつらつら書くならば、
・ちょっとネタ尽きてきた。勉強したい
・アプリ版がぜんぜん伸びなくて萎えた
・クロノウサギの時も途中で別の作品書いてたし、いいんじゃね?
・とにかく別の毛色の話を書きたかったetc…
 ってな感じ。
 で、なにはともあれ『拡張彼女』というものを書き始めてしまったので、とにかくそれを書き進めている感じである。

  『拡張彼女』は、「短編のほうが労力対効果得られるかどうかの確認」という意味合いで書き始めた。
 キミキメ(2時間)は、クロウサ(8時間)やカエ剣(10時間余裕で超える予定)に比べたら恐ろしく短期間&小労力で制作することができた。
 要するにコスパがとんでもなく高い作品だったつうか。
 「あれ? もしかして短編だけ書いてたほうが数字稼げる……?」
 という思いが、カエ剣第四幕制作中に悶々と頭の中で渦巻くことになってしまった。

 『拡張彼女』を制作したいと思った理由はもう一つあって、「絵の練習をしたかった」というもの。これが一番でかいかな……。
 『キミはキメラR』の影響でなおさら思ったんだけど、カエ剣の絵のクオリティじゃダメだなって。
 抜本的に塗りや絵柄を変えなくちゃダメなんじゃないかって。
 それで『拡張彼女』のヒロインのカナエとかイノリとか描きながら、新しい塗り方とかを必死こいて追求した。
 カエ剣って連載型で、連載型で何が困るって、途中で絵柄を変えたりするのが困難だということ。もし変えるとすれば、立ち絵全てをまた描き直さないといけない。それはとんでもなく大変。
 カエ剣第三幕で塗りを変更して、「まあ前よりは良くなったかな」と思ってたんだけど、まだまだそんなレベルじゃ甘くて。
 拡張彼女(カクカノ)の立ち絵とカエ剣の立ち絵を並べてみてまた思ったけど、「これ全部描き直しだわ」って。
 カエ剣は思い入れがあるからこそ、中途半端な出来にはしたくない。なるべくなら見栄えもよくしてあげたい。
 「モチベが高すぎて作れない」って感じだった。
 だから短編のカクカノで、絵の練習を目一杯したいなと思った。

 で、短気計画だ。
 ぶっちゃけ、ちょっと芳しくない。
 カエ剣第四幕を休止したあたりから泥沼である。
 路線変更してカクカノを書き始めたのが五月の終わり。まあ六月とするか。
 紆余曲折を得て、93000字まで書いたを0から書き直したのが八月の頭。
 二ヶ月間掛けたものが、血肉にはなったとはいえ「パー」である。
 そこからストレスでの偏頭痛や吐き気などを経て、プロットを練り練りして35000字に至ったのが八月終わり。九月とする。
 あんまり活字に起こしたくないんだけど、

 「拡張彼女を書き始めてからすでに3ヶ月経過している」

 当初の予定ではもう既に書き終わってて立ち絵やらなんやらも終わってるって感じだ。
 もう書き直すことはない。おおよそ流れも満足しているし。
 あと一ヶ月ちょっとでシナリオ自体は書き上げられそうな気もする。
 そろそろ追い込んでもいい頃合いかなと思うので、

 シナリオ完成目標は10月頭

 としようかなと。
 具体的に計算していく。
 いま35000字。目標字数が100000字とする。あと65000字だ。
 65000÷31=2096.77…なので、日速2000字で書かなければならない。
 俺の月別平均が日速2000字くらいなので、まあ無難な感じである。
 シナリオさえ書き上げれば、俺はけっこう早い。
 ただ今回は、「絵の練習」が目的の重要項目に入っているので、シナリオ書き上げたあと必死こいてイベント絵を描きまくらなければならない。
 描きまくるっつっても、10枚くらい……? もっと描かないとダメかね……。

 とにかく、プロットはおおよそ決まったんだから、あとはゴリゴリ書くだけや。
 まあ正直もう少しプロット弄りたいんだけど……。
 とりあえず二度目の書き直しだけはなさそうなので、ちょっと楽観視。フラグ乙。

RSSフィード追加

 

 RSSってぶっちゃけまだよくわからないんだけど、追加してみた。
 便利、らしい。サイドメニューの下。
 Googleリーダーとやらが主流らしい。試しにいつも読んでるブログをぶっ込んでみた。
 とりあえず自分のサイトも登録して、ちゃんと記事更新が反映されるかのテスト投稿でつ。

 追記
 Googleリーダーでは問題なく更新を確認。IEのほうは一日くらいかかるんけ? よくわからん。
 あとフェードの自動検出を設定しておいた。
 RSS、初めて使ってみたけど便利っちゃ便利かもしれない。
 ただ、うちのサイトは毎日くらい更新しているからRSSの意味はどの程度あるのか。
 でも、記事毎の更新情報がわかるわけだから、読む側が取捨選択しやすくなるってのはあるかもな。

WEB拍手返信

 Name : まちゃ さん
>最近すこのサイトの仕様が変わってすごく見やすいです!
 毎日こさせてもらってます:>
 いやー、そう言って頂けると嬉しいです。
 ブログ化してからは自分としても管理や投稿が段違いに楽になり、幅も広がりました。
 見る側にとっても、やっぱりブログとしての機能があるサイトのほうが見やすいようですね。
 ただ、いろいろ機能追加しすぎるとサイドメニューがどんどん長くなってしまって、それもまたどうなんだろうと悩んでいる状況です……。

wordpress スマホから投稿できるかテスト

image

 

 スマホから投稿できるかテストです。


 写真はこの前コミケで撮ったものを適当に。

Amazonのプラグインが使えるかテスト

 文章のみがき方 (岩波新書)

 今まではアマゾンの商品紹介したいときHTMLにソースはっつけてたけど、完全無敵のWordPressたむには簡単に商品リンクを作ってくれるプラグインがある。
 そのテスト。とりあえずアマゾンのアクセスIDとか取得すんのが微妙に大変だった。説明全部英語やねん。
 上に貼り付けたのは唯一ためになったと確信した物書きハウツー系の本。
 WordPressなんでもプラグインありすぎ。なんだこれ。
 今回使ったプラグインは「WP Amazon」というやつ。入れると記事投稿画面でワンクリックで挿入できる。